ついに、放送。/ようこそ実力至上主義の教室へ 第1話 「悪とは何か――弱さから生ずるすべてのものだ。」 感想

yksan1_7x650.jpg

224920170713.jpg

リアルで衣笠さん×トモセさんの原作がテレビで放送されている・・・( ;∀;)!!!

記念すべき氏の初アニメ化。ファンとしても感慨深い気持ちでいっぱいです。

最初に主人公の声が原作から想像していた以上に平坦でビックリしました(゜o゜でもこの平坦さは、コミュ障で昔から友達いなくて何を考えているかわからない・・・さらに後々あらわになっていく○の人格も違和感なく視聴者に受け入れられる感じになっていてアリだなあと思いました。

yksan1_1x650.jpg

社会貢献には興味がないのでね(´ー`)フッ

この金髪は一貫してブレないのが面白いです。

優先席は必ず譲らなくちゃいけないなんて法的義務はない。「義務はなくても、きちんと社会に貢献しろ。それがマナーだろ」と言われても、そんなことに自分は関心を持ってないし、そもそも社会への貢献を問うならば優先席か一般席かは些事であって周りの見て見ぬふりをしている奴らにも言ったらどうなんだ?ンン(´ー`)??と言葉を弄する。輪をかけた面倒な人種\(^o^)/女性専用車両に男が居座る話を思い出します(´・ω・`)

普通こんなことを言われて、お婆さんにも「もういいよ、大丈夫^^;」と言われたら、唇を噛みつつも引き下がると思うのですが、「みなさん!どなたか、席を譲ってあげてもらえないでしょうか?」と周囲に声をかける桔梗ちゃん(゜o゜;そして、あんなことがあった後で挙手して席を譲るお姉さん(゜o゜;

みんな肝が座っていらっしゃる・・・。もしも自分がこの場にいたらと考えさせられる展開です。基本的には主人公や堀北さんと同じくスルーしてしまいそうです。




yksan1_2x650.jpg

学校の全ての人と友達になりたいと願い、行動する桔梗ちゃん\(^o^)/

友達100人できるかな?というレベルを遥かに超えています:(;゙゚''ω゚''): 正直、友達なんて多ければ多いほどよいなんてものじゃないと思ってしまうので、何が彼女をここまで駆り立てるのか原作を読んだとき不思議に感じました。その答えは追々わかっていくのですが。

yksan1_3x650.jpg 

毎月10万ポイント(10万円)のお小遣いをもらえ学内にあらゆる施設が備わっている高校。

なお、入学料や授業料なども一切払わなくてよいという国の予算をつぎ込みまくった徹底した規格外ぶり。ただ、よくよく考えてみれば高校教育無償化に関しては、諸外国を見ると珍しくもなんともないですよね(_ _;)

自己紹介なんてくだらねーと吐き捨てたり、コンビニ前のごみ箱を蹴り倒す、赤髪の須藤というキャラ。これからどれだけ視聴者に叩かれるんだろうと戦々恐々としてしまいます・・・(;´Д`A ```

yksan1_9x650.jpg

私は一人を寂しいと感じたことはない。
時間の無駄ね。
あなたの発言全てが不愉快よ。


「孤独」と「孤高」を混合する少女。

せっかく友達になろうと近づいてくれる人を冷たく突き返す。幼稚園から高校に至るまでずっとぼっちだったプロぼっちは、流石に心に隙間がなくガチガチで解きほどくのが難しい(;´Д`)

yksan1_8x650.jpg

遅刻、欠席、授業中に私語、いびきを立てて居眠り、スマホいじり、漫画鑑賞などなど・・・

わーい!高校時代を思い出すぞー(^^)/(^^)/(^^)/自分の高校は結構頭のよろしくない学校で教卓前の最前列の席で堂々とジャンプを広げて読んだり授業中カードゲームで盛り上がったりDSとかゲームをやったりする生徒がワンサカいて動物園状態でした\(^o^)/大学も酷いところは目も当てられないらしいですよね。

なので、10万ポイントという高額を毎月支給されることに大して疑念を抱かず享受し散財する無思慮な学生が多いことには全く疑問はなかったです。(ネットで一話の感想を見たら、普通もっと怪しがるだろ!一ヶ月は様子見するだろ!みたいな意見がチラホラあったので)正直、高校生なんてまだまだヒヨコもいいところ。「学校」や「国」というものを無闇に信じている年なので、まさか入学してすぐに泣きを見るハメになるとは微塵も思わなかったでしょうね(´・ω・`)

実力史上主義を謳っておきながら、いきなり連帯責任を突きつけられるところが「そもそも、実力ってなんだ・・・?」と考えさせるように効いているなあと。

クラスの人数が原作と違ったり何かと気になる材料はありますが、二話以降も楽しみです(^^)

yksan1_5x650.jpg

ちなみに、主題歌「カーストルーム」は一発で気に入りました(゚∀゚)!!

一之瀬のポイントがsecretなのは・・・察してしまいますね(_ _)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

ぬる~くまったりと - 2017年07月14日 05:28

ようこそ実力至上主義の教室へ TokyoMX(7/12)#01新

第1話 悪とは何か--弱さから生ずるすべてのものだ。 バスの優先座席を専有する生徒に老人へ変われと 説得する少女、櫛田。しかし他の座っている者にも言えと屁理屈で返される。 東京都高度育成高等学校、就職進学100%。1年D組の綾小路清隆は堀北鈴音にバスの中で私を見てたでしょうと 言われる、主義で譲らなかっただけ。入学式の後で自己紹介を始める。 途中で担任の茶柱先生が話す。3年間、クラス替えはな...

ゴマーズ GOMARZ - 2017年07月14日 08:26

二次元美少女の笑顔を守りたい duple - 2017年07月14日 19:45

ようこそ実力至上主義の教室へ 第1話「悪とは何かーー弱さから生じるすべてのものだ」 感想 主人公・清隆の暗さと語りが腹筋にジワジワくる。

そうか、これが今期のツンデレ&おっぱい美少女枠か…ソワソワ。 ヒロインの鈴音ちゃんからもっとキツい言葉を頂きたいと思った。 初回は登校する学生たちが利用するバスの中でお年寄りに席を譲ってあげてと懇願する桔梗ちゃんのシーンから始まりましたが、学生たちの通う高度育成高等学校は勉強やスポーツはできるけれど自己チューや他と関わりたくないと云う生徒たちを集めているんでしょうか、桔梗ちゃ...

悠遊自適 - 2017年07月14日 22:59

ようこそ実力至上主義の教室へ 第1話「悪とは何か――弱さから生ずるすべてのものだ。」

ラノベ枠。原作未読だけどタイトル知ってて気になってた。略称は”よう実”で良いのかな。頭良さげな無気力系主人公、孤高のツンツンヒロイン、人受け良い巨乳ビッチヒロイン。ほのかに”俺ガイル”みたいな印象を受ける。というか他もだいたい見た感じはテンプレみたいなキャラ。 キャラ顔見世と世界観紹介、表向き気前良く、実は…、な初回。まあ、流れ的にオチはそんなこっだろーと思ったけど、査定は個人...

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter(紅茶)
Twitter自作リスト
カテゴリ
アーカイブ
スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
相互リンク(更新頻度順)
他、ジャンプブログ様
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)