鬼滅の刃 第57話 「刃を持て」 感想

19410411.jpg

面白かった!正直、禰豆子が炭治郎を叩き起こすという展開は、妥当と言えば妥当なのですが、それだけで終わらせるのは勿体ないお話だと思っていたので炎に包まれてもなお目覚めず家族の声を振り切って最終的に自分の頸を切り落とす行為にまで及んだのは、真に迫るものがありました。

無事だった頃の禰豆子の声を聞いた瞬間とか、これ折れちゃっても仕方ないですよね。第三者の目線からは、今すぐ炭治郎が目覚めることを願ってしまいますが、当事者だったら本当に簡単な問題じゃない。失った幸せがここにあるのに、どうして抗わなくてはいけないのだろう。現実に戻ったら更なる悲劇を味わうかもしれない。だったら、このまま夢の中で暮らした方が幸福な選択ではないのか。死ぬほど葛藤して当然だと思います。

19430411.jpg 

最終的に炭治郎は現実を選ぶのですが、家族に対して何度も「ごめん」と重ねる独白が心を抉る。炭治郎の想いと覚悟に身を引き裂かれる。振り切った家族の表情を描かないところが、また絶妙の配慮でした。

深層世界が、どこまでも広い澄み渡った青い空とか自殺志願者には究極の気付けです。自分の本能が何らかの形で現れて警告するというのは確かにあるのかもしれない。以前買ったレミニセンスというゲームでも主人公が危険な状況になると亡き姉の幻覚が見えて、彼女が指を指した方に進むと上手く事が進むという話がありました。無意識というのは、えてして自らの命を守ろうと働くのでしょうか。

しかし最後の頸を切るシーン、読者からすれば死ぬことは絶対にないと思ってしまえるのですが、本人にとっては壮絶過ぎる決断ですよね。何度読み返しても圧倒される。善逸たちとの落差が激しいよ笑 それが、また面白いのだけど。

この記事へのコメント

妄想屋

まさかこう来るとは(^^;
僕なら・・・留まるかも。。。

先生、話数重ねるごとに力付けてますねw

2017年04月11日 23:41:27

紅茶

>>妄想屋さんへ
正直、本人にとって夢の方が現実より生きるに値するなら、夢を選んでも周りにとやかく言われる筋合いはないと思ってしまうのですよね。もちろん、逆も然り。

ジャンプはよい人財を見つけてくれました(゚ーÅ) ホロリ 毎週本当に楽しみです。

2017年04月13日 23:28:39

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter(紅茶)
Twitter自作リスト
カテゴリ
アーカイブ
スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
相互リンク(更新頻度順)
他、ジャンプブログ様
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)