【FGO】監獄塔と第五章の感想

まずは監獄塔。主に三点。最期の戦闘二つが、ちょうどよい歯応えの難易度で楽しかったこと。自分は、モンテ・クリスト伯の小説を読んだことはないのですが、ちょっと興味が出たこと。ダンテスの戦闘モーション、リソース割かれすぎカッケーーー!!ということ。

そして、第五章。

結論から言いますと、今までのなかで上位に来る面白さでした。先のシナリオが気になって仕方ないーー!という状態を味わいました。でもマーリン唐突すぎ\(^o^)/

しかし今更ではありますが、このゲームは地の文が無くほぼセリフのみということ、また、たとえば本編では敵だったり既に倒れてしまったはずのキャラがバトルでは普通に使えるということは、ちょっと残念かな。後者は、そこに制限を加えてしまうと、せっかく自分の好きなサーヴァントを自由に選んで戦わせることができる魅力が、薄れてしまうことを問題が出てくるのだろうけど、個人的にはそれでもといった気持ちです。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter(紅茶)
Twitter自作リスト
カテゴリ
アーカイブ
スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
相互リンク(更新頻度順)
他、ジャンプブログ様
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)