ペルセウス座流星群

dnp_13_1.jpg


ペルセウス座流星群 未明にかけピーク


2352526774.png

真夏の天体ショー、「ペルセウス座流星群」の出現が、12日深夜から13日未明にかけてピークを迎え、国立天文台は、条件がよければ、1時間に50個以上の流れ星を観測できる可能性があると予測しています。

「ペルセウス座流星群」は、すい星から放出されたちりが、地球の大気圏に入り、高温になって光るもので、毎年8月中旬に見ごろを迎えます。
ことしは、12日の深夜から13日の未明にかけてが流れ星の出現するピークで、国立天文台は、条件のよい場所では、1時間に50個以上を観測できる可能性があると予測しています。
流れ星は北東のペルセウス座付近から、放射状に広く広がる形で現れるということで、観察する場合は、双眼鏡などを使うより、肉眼のほうが見つけやすい、ということです。
12日夜は、夜10時前に、月が沈んでしまうため、例年になく、観測に適しているということで、国立天文台は、「条件が整っているので、多くの人に見てほしい」と話しています。
広い範囲で観測可能か

気象庁によりますと、流星群がピークを迎える12日夜遅くから13日の未明にかけて、北日本や関東甲信は雲が広がりやすく、ところによって雨が降る見込みですが、東海・北陸や西日本、それに沖縄・奄美は広い範囲で晴れて、星空を見ることができる地域が多いと予想されています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130812/k10013722741000.html









非常に多くの星が流れる事で知られている三大流星群のひとつ『ペルセウス座流星群』が
いよいよ今日の深夜から明日の未明にかけてピークに達しますね。

私的に毎年楽しみにしている夏のイベントの一つで今年もワクワクしていたんですが、
どうも関東地方は空の様子が芳しくなく…雲の影響で観られない可能性が高いんですよね…。

一応僅かな希望を胸にこの後観測スポットに向かいますが、果たしてどうなることやら。
少しだけでもいいから観られるといいなあ。










【第10回】 でんぱおんなとせいしゅんおとこ/Franz Maxwell I












電波女と青春男のBGM。
私的に『宇宙』『月』『星』といえば、最近のアニメの中では真っ先にこの作品が浮かび
と同時にこのBGMが脳内再生されますね。

非常に心落ち着く神秘性を帯びたメロディが特徴で何度聴いても色褪せない曲。
作中のそれのように星空を観ながら聴くのが至高です。
関連記事

この記事へのコメント

通りすがりの妄想屋

僕は寝てましたorz

流星群か・・・大学時代が懐かしい(元天文同好会)

2013年08月13日 10:51:44

ラルキ

3時程まで家の前で見てましたが、「そのまま」眠ってしまいましたw
マンガのような日差しによる目覚めは、日焼けレベルでかなりきつかったです(笑)

初めて聞きましたが、なかなかいいですね~、毎回紹介してくれる曲を聞きながら楽しく記事を読んでます^^

次回ものんびりとお待ちしております!

2013年08月15日 06:48:03

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter(紅茶)
Twitter自作リスト
カテゴリ
アーカイブ
スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
相互リンク(更新頻度順)
他、ジャンプブログ様
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)