GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガーガール) 2巻 感想(レビュー)


今回も一巻と似たようなテイスト。

一巻ではヘンリエッタ、リコ、トリエラの話が主であったが、二巻ではクラエス、アンジェリカにスポットが当てられている。
この巻でハッキリとわかったけど、この作品に出てくる人物に共通して言えるのってさ、
読者にとって凄く「投影」しやすいっていうことだよね。つまりは感情移入。
主人公たちの葛藤や悲哀、喪失など、まるでこちらもそれを体験してるかのように心が震える。
特にマルコーさんのパスタの国のお話が印象深かったかなぁ。
マルコーさんのやり切れない気持に、私たち(読者)も大きい切なさを覚える。


━━━私がサミシイかどうかは、私が決めるの


クラエスが、ポツリとこの言葉を零していたけど
この一言がまさに、彼女たち(義体)全員に共通して云えるものだと私は思う。


PS. ヘンリエッタが問診の際
「今月はまだ4人ですけど、先月は10人も殺したんです」「たぶんトリエラより多いですよ」
と、嬉々して話すシーンはちょっともの悲しいかった...。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter(紅茶)
Twitter自作リスト
カテゴリ
アーカイブ
スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
相互リンク(更新頻度順)
他、ジャンプブログ様
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)