何一つやる気が湧かない

そんな日。

正直ブログを更新するのも億劫ですが、しばらく無駄に毎日更新していたため・・・ここで途切れさせるのもモヤモヤするという(^^;

今日はここ数ヶ月ツイッターで気になったツイートを適当にピックアップして一言二言反応していく感じにします。




2015年に審査落ちして、2年の月日を経て、ついにリリース(゚ーÅ) ホロリ
もちろん即購入しました。取ってつけたような水着の着用に笑う\(^o^)/

不幸も許容する恋/『恋がさくころ桜どき』 杏ルート 感想1/1

s_20170628185645.jpg

s_20170628185548.jpg

「……それが、あたしと恋をする条件」

昔も今も悩んでばかり

最近は休んでいるものの、昔から日記を書くのが自分は好きで、今日ふと2年前の一冊を読み返してみたら性格とか悩みとか今の自分と全然変わらんなぁ・・・とちょっと苦笑してしまいました(^^;

以下、ある一日分を引用。



23110628.jpg

2月2日(月)。比較的晴れ。
(中略)
今日たまたま目にした、日本の国鳥は何か、という問題。正解は「キジ」であるが、どうしてもトキやツルを連想してしまう。トキは学名がニッポニア・ニッポンであるため、日本=トキという印象なのだ。

ブログを昨夜更新した。広告が出ていたのと、妄想屋さんのコメントで丁度一ヶ月、前回から経過したのがわかる。内容は最近ハマっているパワプロのアプリのこと。他愛もない話だ。僕は他愛もない話しか話せない。毒にも薬にもならないことしか書けない。本当はもっと読んでくれる人の心を動かすような立派なことを書きたい。べるんさんの記事はそういった意味では非常に尊敬に値するブロガーで内容だけでなくスピードも兼ね備えている。文章を素早くかつボリュームたっぷり(かさ増しではなく、きちんと実のある)書くことのできる人の脳を一度ジャックしてみたいものだ。

やはり読書というのをそういったすぐれた人たちは人並み以上にこなしている気がする。今日、ツイートでたまたま「一ヶ月に三冊も本を読んでいたときの自分は脳が活発に働いていたし語彙も鍛えられて云々だったのに今は~」というような発言を目にしたが、これは非常にわかる。確かに読書をすると読書離れしているときと比べ体感だが明らかに脳、言語野(?)部分の活性具合が違う。読書はするべきだな。少なくとも知識人を目指すならば。

今、「昭和史がわかる55のポイント」という本を読んでいるが、さっぱり頭に入ってこない。先に日本史を見直しておくべきか。また、春休み中に世界史も簡単に復習せねばなるまい。

近親婚という禁忌/『恋がさくころ桜どき』 こなみルート 感想1/1

s_20170626211040.jpg

s_20170626211056.jpg
204206272017.jpg

ヨスガってまいりました(*_*)

・・・正直、実際に兄妹がいる人は、どんなに可愛くて綺麗な顔立ちをしていても、その人が兄妹である限り劣情を抱いたり恋したりすることはないと思うのですが、「絶対」とは言い切れないのが現実ですよね。兄弟のカップルは世の中にはマイノリティながら存在していますし。

マジョリティと異なっているから気持ち悪いとか、あり得ないとか、条件反射的に非難するのはよくないんだろうなと感じます。迫害主義の片棒を担ぎたくないです。

LGBTもそうですが、誰が誰を好きになろうと周りがとやかく言う必要はなし。本人の意志を尊重せよ。こんなことお題目で「言うは易く行うは難し」なのは理解していますが、自分はそう思います(´・ω・`)

メガネがない方が、より魅力的?/ぼくたちは勉強ができない 問20 「天才は不鮮明な世界の[x]にたゆとう」 感想

bk20_1.jpg

(昔のメガネが今の視力に全然合ってないこと)ありますあります。

自分も子供の頃から目が悪くて今はコンタクトの度数が左-6.50 右-6.00だったりします。ネットで調べると裸眼で0.06くらいみたいですね。ゲームばっかしてるのに何もつけず1.0以上ある友達が本当に羨ましいです(^_^;)

シリコーンハイドロゲルのレンズが酸素透過率が高くて目に優しいと言われていますが、自分はシリコン素材がダメみたいで付けるとゴワゴワ感が常にあるのが悩みだったりします。

ネコ科爬虫類属/食戟のソーマ 第220話 「竜胆、いざ参らん」 感想

sk220_1.jpg

お手洗い等は済ませたでしょうか。
まもなく小林竜胆劇場開演いたします(`・ω・´)

精一杯の気持ち/ゆらぎ荘の幽奈さん 第68話 「バレンタイン狂想曲②」 感想

yr68_1.jpg

目に見えない幽霊なのに全くビビらないどころか嬉しげに接する千紗希ママ><

写真越しにハレンチポーズを晒しちゃってる幽奈を見たからとはいえ、なかなか肝が座っています。母とはかくも豪胆なり。

それにしてと、ノートに一々書いて会話するの大変そうなのに微塵もそう思わせず、むしろ心底嬉しそうに会話する姿を見ていると、こうたくさんノートとペンをプレゼントしたくなりますね><

「遅くなっちゃったけど・・・夜道大丈夫?」

「空飛んで帰るので大丈夫ですよ〜!」

自分もこんな返しがしてみたい人生だった\(^o^)/

パワハラ無惨さま/鬼滅の刃 第67話 「さがしもの」 感想

km67_1.jpg

おやおや、無惨さますっかり可愛いショタになりおってからに( ´ー`)

吉良吉影ばりに顔を変えて逃走していますけど、やっぱこれ見つける側相当不利な鬼ごっこですよね。容姿じゃ判別できないから炭治郎の匂いや善逸の音などで見つけ出さなくちゃいけないものの、そのためには至近距離まで近づく必要があって。東京のときみたいに、またばったり出くわせば面白いのだけど。

柱を一人殺したのに労われるどころかメタメタに叱られるアカザさん(´・ω・`)

無惨「はよ鬼殺隊全員殺せ。何負傷してんだ」
アカザ「ほらなね、自分がやってみろって話でしょ?」


アカザ「私は、そう言いたいですけどね」

周りを蔑ろにしてはいけない/『恋がさくころ桜どき』 美桜ルート 感想2/2

s_20170624032936.jpg

19080624.jpg

前妻に祝福されるプレイヤーの、この複雑な気持ち・・・!

マニアを名乗れるほどじゃないにしろ一般人よりはそれなりに数をこなしてノベルゲー厶というものを経験してきたので、いい加減この感傷には慣れたほうがいいんですけど、未だにモヤモヤしていまう自分がいます。さっきまでヒロインのことを好きだの愛しているだの言っていた舌の根も渇かないうちに別ヒロインに愛を囁くという・・・。

ゲームだから、フィクションだからと、割り切らねば仕方ない。

s_20170624033638.jpg

こんなに優しくて可愛いお姉さんなのに交際経験無しという。

本人としては、今は恋愛にかまけている余裕はない感じなんでしょうかね。神社の管理や大学やミャオの親代わりや諸々を忙しなく日々頑張っていますから(`・ω・´)

男性恐怖症の幼馴染/『恋がさくころ桜どき』 美桜ルート 感想1/2

s_20170623141510.jpg

たとえ幼馴染の主人公であっても男に触れられると、たまらず号泣してしまう男性恐怖症のミャオちゃん(;;)

女性恐怖症より男性恐怖症の方がケースとして多く見かけるのって、そもそも自分と異なる性別の考えることがよくわからない不安に加えて、男の方が女性よりどんなに言い繕っても力が強くて体格も大きいから「怖い」・・・というのが理由として大きそうですよね。

「女性と接するのが怖い」という男はいても身の危険を感じるほどそれに恐怖を抱く男は滅多にいないと思います。それに対して、女性の「男性と接するのが怖い」は「怒らせると何をしてくるかわからない」「非力な自分では太刀打ちできない」という根深い背景がある分、恐怖を抱く人が多くてもおかしくはないのかなと。

・・・小学校の頃、キレた兄貴によくサンドバッグにされていたことがあるので体格の差による恐怖は気持ちがわかります(^_^;)ホントああいう事態に陥ったときって成す術がないんですよね。

二人とも可愛かったです/『恋がさくころ桜どき』 夕莉ルート 感想2/2

No-0018.jpg 

(グサッ・・・!!)

言われているのは夕莉なのに画面を越えてこっちまで飛び火するのじゃ・・・。男とか女とか関係なく基本的に人と仲良くしようと思ったらできる限り笑顔明るく振る舞ったほうが絶対にイイですよね。

別にネガティブな自分をまるっと偽る必要はないんですけど、最低限「あなたと付き合っていて私は楽しいですよ^^」という雰囲気は出してあげないと相手に「あれ、この人は自分と一緒にいるのが嫌なのかな・・・?」と不安にさせてしまいますからね。

トークの内容に関しても、ひたすら相手の話を否定したり根暗~な話を披露するのは避けるべきですよね・・・。自分は結構ネガティブな人間なので、あるとき人と仲良くなるために何か積極的に離さなくちゃ→自虐ネタばかり口にする、をしていたら向こうは「あ、うん^^;;;」とメッチャ引いていたのでこれはアカン!とハッと気付きました。

人間って、ひとの成功談より失敗談を好む傾向があるので、ある程度は「自分ってこんなにダメな人間なんですよ〜」「アハハ、そうなんですか!」と通用しますけど、永遠と自分はダメな人間なんですと口にされては流石に聞いてるほうもげんなりしてしまいますよね。自虐話というのは日記等に書くべきで他所様にことさらに吹聴するべきではないと。このことを大学二年の頃に痛感しました。遅っ!

No-0019.jpg 

悪い。缶の飲み口に、月嶋の唇を奪われたくなくなってな( ー`дー´)キリッ

流石学内の掲示版に恋の賞金首として張り出される男は、言うことが違うのじゃ・・・。

ファーストキスはジュースの回し飲みによる間接キスではなく、しっかりくちづけたいと。まあ気持ちは分からないでもない\(^o^)/

後戻りできない恋心/『恋がさくころ桜どき』 夕莉ルート 感想1/2

No-0002.jpg

それじゃーまあ、いっちょ紙相撲で恋人を決めましょうかとアホな提案をしてくる自称恋の妖精\(^o^)/

しかも結局両方とも同時に倒れて「・・・」と、どうしたらいいのか分からなくなるという笑 そもそも紙相撲なんて知識どこで手に入れたんだでしょうね。実況もそこそこサマになっていたし\(^o^)/

No-0003.jpg

規律に厳しい風紀委員長。
しかしファッション雑誌の専属モデルの顔もありました(゚Д゚;)


これは衝撃的でしたね・・・。自分からモデルに志願するようなタイプの子だとは思っていなかったので。蓋を開けば、杏会長が勝手に応募して受かって仕方なく一年契約したというじゃありませんか。性格的に先方の話を台無しにして迷惑をかける訳にはいかない気持ちと、やっぱり年頃の女の子だからモデルに少し興味がある気持ちで半々だった感じでしょうか。

まあ、自分の容姿が多くの人に認められるのって嫌な気はしないですからね。グラビアはともかくモデルは。

ヒロインが皆申し分ない可愛さ/『恋がさくころ桜どき』

No-0001.jpg

゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

つい二日前から表題に書いてある『恋がさくころ桜どき』をプレイし始めました。全員ホント魅力的なんですけど、一番のお気に入りはこの夕莉というキャラです。元々この作品をプレイするきっかけになったのもツイッターでたまたま夕莉botなるものを目にして、「え、メッチャ可愛い・・・」と一目惚れしてしまったから・・・という滅多な理由なんですよね。今ちょうど彼女のルートに入る選択肢を終わった(正確にはわかりませんが、おそらく)ので、これから主人公とどんどん距離が近づくお話が待っているかと思うと、ロマンティックが止まりません。

ちなみに、ぱれっとの作品をやるのは、ましろ色に続いて二作目なんですけど、16:9のワイド化は画期的だなあと改めて思います。フルスクリーンにしても黒枠なしに綺麗に広がるので、思う存分、作品の世界に没頭できるんですよね。いつかVRとかに対応したら、さらに没入できそうだよな~。

エロゲは斜陽と言われてますけど、この媒体でしか表現できないものがあると思っているので、まだまだ生き残ってほしいです。

幸せは千差万別/君に愛されて痛かった 第2話 「普通」 感想

kai2_1.jpg

13390620.jpg

ホラー漫画かよ!!
いきなりビビるわ!!!!


かなえちゃんのソウルジェムが急激に濁りましたね・・・。

まあ・・・円○現場を見かけて思わず飛び出してしまったヒロくんは世間的に見ればその正義漢ぶりは褒められこそすれ恨まれる筋合いはないと思うのですが、結局あくまで「世間的」に見ればという話で。

オッサンにお金をもらってエッチすることは悪いこと。きっと本人も本意でやってないのだろう、生活が苦しくて仕方なくやってるんだろうなどと決めつけてしまいがち。

実際そういう人も多いでしょうが、今回のかなえちゃんみたいにリアルにどこにも居場所がなくて唯一自分のことを認めてくれる・愛でてくれる・幸せを感じられる場所がここという人もきっといますよね。

人の幸せを他人が荒らしていいものじゃないし、あまつさえ「その幸せは、間違っている」などと抜かすことは愚の骨頂。

・・・とまあ一応理屈では納得しているんですけど、もし自分に娘がいて円○で幸せを感じていようものならヒロくんのようにそれこそ『普通』に叱りつけそうなので、あまり偉ぶって非難できない(;´д`)

再びうるかのターン/ぼくたちは勉強ができない 問19 「天才と[x]は互いの空模様を思い做す」 感想

bk19_1.jpg

( ゚∀゚)・∵.グハッ!!

これは、こんなことが許されていいのでしょうか。これは卑怯でしょう!これで意識しない男は、男じゃないですよ!思わず頭を抱えてしまうほど無防備な姿にやられてしまいました。胸を開けるのもそうなんですが、やはり、スカートをちょこっと折って詰めるだけで大分印象って変わりますよね~。成幸以外に見られたら本当に危険だ(^^;
NEXT≫
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter(紅茶)
Twitter自作リスト
カテゴリ
アーカイブ
スポンサードリンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサードリンク
最新コメント
雑談コメント用
雑談コメントはこちらへどうぞ(^^)
全記事表示リンク
相互リンク(更新頻度順)
他、ジャンプブログ様
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)