愛されるより○されたい 第6話 「嫉妬の痕」 感想/I LOVE YOU

あの後、扉の外から物音が聞こえた野月さんはパッと手を放し、皆で何事もなく昼食をとりますが・・・

ai_tai6_1_c.jpg

顔は上気して首に痕も付いていれば、流石に異変に気付く(´・ω・`)

ところが、阿川くんは野月さんの胸とチョーカーに夢中で分かっていない模様。

音琴ちゃんとしては食事中は顎を引いてなるべく痕がバレないようにガードしていたんでしょうか。

[第6話]愛されるより○されたい




音琴ちゃんと野月さんは中学時代からの友達でした。

自分がこの学校に来たのも、音琴ちゃんが進学したからとぶっちゃける野月さん。

いわく、自分たちは『仲良い』などという生温い関係ではなく、自分にとって音琴ちゃんは「女神」だそうです。コードギアスにも、こんなヤバいこと言う子がいましたね(´・ω・`)

あの場で音琴ちゃんの首を絞められる人物は野月さんただ一人ですが、しかし、「女神の首を絞めるか…?」と訝しむ主人公。愛が行き過ぎればあり得なくはないですが、ちょっと確信を持てない話であることは確かですよね。

主人公に話したいことがあると図書館に連れ込む音琴ちゃん。

「このコーナーはあんまり人来ないから…」と郷土資料の一画へ。こういうリアルな描写好きです笑


ai_tai6_2_c.jpg

何やら胸が高鳴る展開になってきました(;゚∀゚)=3ハァハァ

可愛い子に「きみの話ばかりするから」と言われたら、やはり期待してしまいます。

主人公も緊張しながら、どういうことか尋ねると・・・

ai_tai6_3_c.jpg

周りに聞こえないように

耳にそっと手を当て――

ai_tai6_4_c.jpg

155020170704.jpg

告★白
きたあああああああああああああああああああああああああ(゚∀゚)(゚∀゚)!!!!

きっと、耳をくすぐるような甘い声であることが容易に想像できます(>ω<U===U>ω<)!こんなことをされて恋に落ちない男はいないでしょう。

実際「友達なんかいらん!」「学校は勉強するところ!」とボッチ街道を歩まんとしていた主人公も、音琴ちゃんの気持ちと野月さんの並々ならぬ嫉妬心を知っては

ai_tai6_5_c.jpg

俺が守ると彼氏モード全開に(U>ω<)

その逞しい言葉に嬉しさとドキドキのあまり

ai_tai6_6_c.jpg

抱きしめる音琴ちゃん\(^o^)/

アカンです。可愛すぎて読んでいるこっちの心臓まで締めつけられます。

もう全部彼女の打算でも素でも、どうでもいいくらいに心が焦がれる展開(*´Д`)

まだ主人公は彼女の告白に「俺も好き」と明確に答えていませんが、この態度を見れば一目瞭然ですね(・∀・)

ai_tai6_7_c.jpg

ラストは、抱き合う二人を覗き見ていた野月さん。

『事件との関連は!?』という言葉からすると、もしかして不良や折紙さんの殺害は彼女も手伝っていたのでしょうか。

しかし、次は野月さんも殺されそうな予感(;゙゚''ω゚''):
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter(紅茶)
Twitter自作リスト
カテゴリ
アーカイブ
スポンサードリンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
相互リンク(更新頻度順)
他、ジャンプブログ様
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)