感想記事 作り方の変遷




ブログ初期と今とでは大分感想記事の書き方(作り方)が変わってきています。(あくまで自分のお話)

まず文体。
開設初期、まだ右も左も分からない駆け出しブロガーだった頃は
よく『だ・である調』の文体で記事を書くことが多かったような気がします。
何故か。

なんか格好いいから。

……いやいや、わりとガチでそんな子供染みた理由で『だ・である調』文を書いていた気がする(笑)
なんていうか、他人のブログを読んで、「この人スッゲー…」って感心しちゃうような文章を書く人って
大抵が断定口調なんですよね。
だからそれに憧れて「自分も何か上手いこと言おう!格好いいこと言おう!」って背伸びした結果
だ・である調を多用していた気がします。

文体以外に言及するなら
そうだなあ、感想を書くに当たっての作品へのアプローチ方法(でいいのかな?)は
べるんさんの記事の言葉を使うと
『内側』と『外側』視点をわりと適度に織り交ぜながら、切り込んでいたような。
ただ文章力が泣けるくらい無くて、とても読むに耐えないものに仕上がっていますけど(苦笑)

そんな書き方から暫く経ち。
今度は段々と『です・ます調』の方が自分の性分にあっているんじゃないか?
無理していいカンジのことを言おうとするのは疲れるからやめた方がいいんじゃないか?って思い始めるようになってきて。
またそれと時同じくして、文字の大きさ・色を変えたりする勝手にもようやく小慣れてきた感が出たきたので
バカの一つ覚えのように文字を加工(装飾)しまくるようになってましたね。

つい最近…といっても、4,5ヶ月前くらいか、までその加工がピークに達していて。
色鮮やかと云えば聞こえはいいけど、実際は単に読み難いだけの記事を量産していましたね。

あと、長文を書くことにもハマっていました。

なんか長文の方が格好いいんじゃね?的な、またもやこの感覚で書くようになった気がw
で、その結果「この文を読むとかそれなんて苦行?」ってくらい、ダラダラと長い記事を作っていたなあ…。
いや別に長文は長文で一概に悪いわけではないんですけど、
(実際メチャ長い文書いても徹頭徹尾面白いものに仕上げられてる人もいるし)
私が書いていた長文っていうのは、ほぼ8割が単なる要約だったんですよ。
キャラの一挙一投足を描写したり
事細かに状況説明したり。
「これ感想っつーか、ただの要約じゃん!」って感じの文をたくさん書くようになっていた。
リトバス感想とかまさにそのスタイルでやっていたなあ。
あれは記憶の奥底に閉まっておきたいくらい、アレな記事だった…アハハ(自虐)
しかし、うちのブログにコメントしてくれる方って有難い事に皆心優しい方ばかりで。
そんな装飾しまくった超絶読み難い長文を褒めて下さったりするんですよね。
いやはや…有難いと同時にとてつもなく申し訳ない気持ちでいっぱいですよ(;;)
Refrainはほんと頑張ります\(^o^)/

最近は「ブログ記事に適した文字数は2,000文字まで」っていう記事を読んで
まあ確かにねえって同感できるところあったので、なるたけ文章は2,000文字以内に(あくまで目安だけどね)
地の文は色付けたりせずに黒字のままにしています。
何だかんだで、その方が絶対読みやすい気がするから。

でもこの考えも、きっと数ヶ月後くらいには変わってしまうんだろうなあ。
その時その時は「これが一番!」って思える書き方をしていても、ある日を境に、急に「あれ?」ってなるんですよね。
感想ブログって、ほんとムツカシイ(しみじみ)
でもだからこそやりがいもある。
自分に合った、自分色が出た、できるだけ読みやすい文章を書けるように
これからも日々尽力していきたいです。







【第2回】 夏の約束/堀江由衣








駆け出した 鮮やかに
少し大人になったような 煌めく日々
変わらず繋がっている ココロがあるから
またすぐに会えるはず

ここで待ってる







日々の呟き




自分が密かに尊敬しているとあるブロガーさんを倣って(ただのパクリなんだよなあ…)
この度自分も軽めの内容中心の雑記めいた記事を作ってみることに。
方向性としては自分が日々過ごしていく中で感じた想いや経験した出来事や
Twitterじゃ呟けない事柄等々を短いながらこの場に書き残していくって感じです。
(自分で書いておきながらなんだけど、Twitterじゃ呟けない事って果たしてなんだろう…笑)

あとそれだけじゃボリューム少な過ぎてきっと寂しくなるだろうから
プラス『今日の一曲』という事で、今日自分が聴いたなかで特に言及したいなと思える一曲を
簡易レビューするなり、思い出を語るなりしてみようかなーって思っています。
まあたかが知れている文章力なので、購買意欲を唆らせるような魅力溢れる文章は書けませんけどね(苦笑)
っていうかそもそもそんな目的で書くわけじゃないですしw
あくまで目的は形不明瞭な自己の想いを吐き出す練習。

ちなみに日記じゃないので、一日一回更新する保証は全くもってなし!(笑)
ぶっちゃけ明日も書くか分からない・決めてないくらいテキトーな感じですw
装甲悪鬼村正やダンロン2…更にはガンスリ最終巻の感想とか色々溜まっていて
こんな新たな試みしている場合じゃないだろ感はかなり否めないですけど
いや、これでいいんです。やりたい事をやりたい時にやるのが一番いいんです。
仕事じゃないんですし!個人ブログなんて所詮趣味・娯楽の一つですし!!
このくらい緩くやった方が精神衛生上にも色々な意味でもいいんだ!( -`д-´)キリッ

一応コメントは自由ですけど、ほんと只の戯言なのでするほどのものじゃないかと(^^;
でもまあ反応したくなった時はコメントなり拍手なりで反応して下さると嬉しいです。








【第1回】 鳥の詩/Lia









あの鳥はまだ うまく飛べないけど
いつかは風を切って知る
届かない場所が まだ遠くにある
願いだけ秘めて見つめてる







食戟のソーマ 第33話 「いずれ戦う者たちへ」 感想

sykgk_33_13.jpg

恵ちゃん!恵ちゃん!恵ちゃうわあああああああああああんっ!!!(興奮)

Cカラーはまさかの丼研メンツですよ!(創真と恵ちゃんは部員じゃないけど笑)
私的にはえりなの水着姿も拝みたかったけど、これはこれで…十分アリ!

裏面には暑い夏にピッタリの特製冷やし素麺のレシピが掲載されていましたね。
四宮さんのコメントになんか笑ってしまったw

『食戟のソーマ』第3巻の表紙を飾るのは恵ちゃん!更に特別読切『キミと私の恋愛相談』が収録決定!

36373889.jpg

食戟のソーマ【3】
附田祐斗・佐伯俊・森崎友紀
定価:420円(税込)

友情とふれあいの地獄合宿が開始!課題をクリアしなければ即退学という恐怖に、多くの学生達が怯える中、審査をする講師陣の登場で、一層の緊張感が場を包み込む!創真達の命運を握る、その講師とは!?
【特別読切『キミと私の恋愛相談』を収録】
http://www.shonenjump.com/j/comics/


1355144417204.jpg

ただでさえ恵ちゃんが表紙飾ってるっていうのに
恋愛関連の読切も収録されてるなんて
もうこれ買う以外選択肢ないじゃん!(;゚∀゚)=3


発売日は8月2日(金)
絶対買おう!買いましょう!!(ステマ)

食戟のソーマ 3 (ジャンプコミックス)
附田 祐斗 佐伯 俊
集英社

「ふふ…笑うわ…もう(どんな内容になるか)楽しみすぎて笑うわ…」
ソーマとは関係ない、佐伯先生が昔描いた読切だと…?

クロス・マネジ 第42話(最終話) 「探し物は」 感想

※心の琴線に触れた作品の最終話を他漫画の記事の最後で『P.S.』として言及するのはちょっと違う気がするので、
短文ながら、改めてこの場でもう一度。
向こう(ソーマ第32話)でコメントをくれた雨さん・妄想屋さん申し訳ないです(汗)



235262621.jpg

クロスマネジ最終回読了。

食戟のソーマ 第32話 「踊る料理人」 感想

sykgk_32_1.jpg


235252525.jpg

最 高 だ な !


ところで、この女の子見た瞬間『恋染紅葉』を思い出したのは何故だろう。

食戟のソーマ 第31話 「メタモルフォーゼ」 感想


WJの感想は月~火にしないと、どうも調子が崩れるんだよなあ……


などと今適当に思いついた言い訳をしてみたわけですが、ええ、感想遅れてすみませんでした(汗)
別に仕事じゃないんだし謝ることでもないんだけど、「そろそろ更新したかなー」って見に来てくれた人たちに
結果何度も無駄足を踏ませてしまうのはなんとも申し訳ない話なので一応。

昔から見てる人は知ってると思うけど、うちのブログはたまに更新途絶えることあるので、そういう時は察してやってください。

余談はここまでにして以下本編の感想。


sykgk_31_1.jpg

この子、ミスディレクションのスキルホルダーか何か(・ω・`)?


創真も彼女の気配に気付かずビックリしてたよね。

肉魅とお嬢はE会場にいた。
肉魅は丼研での活動を生かしたロコモコ丼でそれなりに好評を得るものの、
150食近くになると客の流れは完全にストップしてしまい、やべえよ…やべえよ…状態に。

まあ、そりゃいくらミニサイズとはいえ朝っぱらから丼はなかなかに抵抗あるから厳しいよな~。
子供たちや若い男性にはウケても、女性には全く取って貰えない可能性が激高っていう。
でも残り50なんだから、ちょいとヘルシーにアレンジするなりして、なんとか捌ききって欲しいね。

お嬢(名前公表まだですか)は生卵やゆで卵をそのまま皿の上に置いていた。
よほど不合格になりたいのは寧ろコイツの方じゃねえかとツッコミたくなるものの、
卵をよく見てみると、どれにも細かな工夫が凝らしてあり、
見た者食べた者をハッとさせる驚き要素抜群の卵料理になっていた。
群がる客たち。

確かにこれはお嬢いい料理を作ったもんだ。量も驚きも面白さもあって一度くらい手にとって口に含みたくなる魅力がある。
味自体も申し分ない美味さなもんだから、おかわりする人も少なくなさそう。

刀語 第12話(最終話) 「炎刀・銃」 感想

ktn_12_1.jpg

『炎刀・銃』所有者:左右田右衛門左衛門

超絶更新遅れました!(汗)

刀語最終話の感想です。

今回は先に結論を書きますと、「非常に感慨深く視聴後の余韻が半端ない終幕だった」です。

こんな作品に出会えたことに感謝もとい―――ちぇりお!!!

食戟のソーマ 第30話 「想定の陥穽」 感想


4日目の朝。生徒たちはランダムで複数の会場に分けられ、
創真は恵ちゃんタクミくん、そしてえりなと一緒のA会場で課題を受ける事になった


sykgk_30_1.jpg

それもえりなとはお隣のテーブルで。


sykgk_30_2.jpg

もはや様式美になっている、えりなの皮肉な物言い→創真ノーダメージ。
創真のいついかなる時もブレないマイペースっぷりは見ていてスカッとするね。

ところで「私と君の差を」ってフレーズ最近何処かで耳にしたなあと思ったらアレだ、
某ホモ臭い水泳アニメの宣伝文句だ(-ω-`;)

アニメの見方

おはぎさんとべるんさんの記事を読んで思ったこと。


■アニメを厳しく見ること、厳しく評価することについて

以前はアニメを厳しく見ること、厳しく評価する事が良い見方だと信じていました。
厳しく見れば、評価すれば、良い見方が可能になると思っていました。
そして自分が大好きな作品のレベルに達しない作品はダメだという評価をしていました。
この考えの元、色々な作品を見ては、 「作品Aはダメ。○○な理由で良くない」 「作品Bはダメ。○○な理由で良くない」 と評価を下していきました。

そう、学生時代の頃から数年間は以上のような見方を続けたと思います。

でも、自分なりの厳しい見方をし続ける内に、 自分の中にある変化が起こっていることに気がつきました。

「あれっ。新しく見る作品が無くなってきている…」 「最近、アニメを面白く感じられない…」
色々な作品をダメだと評価を下してしまった為に アニメを楽しめなくなってしまったのです。


http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2186.html


■アニメを楽しめなくなるのは「俯瞰高度」が高すぎるせい。高度一万メートルの世界にお別れしよう!!

アニメがつまらなくなってしまう原因は、高すぎる視点で"ずっと”視ているせいです。

アニメに対する感情移入そっちのけで、「演出ガー」「展開ガー」「監督の力量がー」「作画崩壊でアニメーターガー」「歴史ガー」なんてことを"ずっと”言っていたらそりゃ楽しいわけがありません。

アニメの一番楽しい「内側」部分を知らないで、「外側」の情報を取得しないで、製作者側に言及したり、歴史の血脈に言及していったいなにが楽しいんですか?

「アニメ」を純粋に楽しんでいるんじゃなくて、アニメを作っている人たちやそれをダシにして歴史を語って一体なにが楽しいんですか?

批評することに躍起になって、辛い点数をつけることを目的にして一体なにが楽しいんですか?


http://eroge-pc.hatenablog.jp/entry/anime_like_chu_2_byo


1355845070186.jpg

これはマジで耳が痛い…(;´д`)

Twitterとか見てると上には上がいるものの、私も演出がどうの音楽の使い方がなんのってよく言うタチだからなあ…。
プラスの意味合いならともかく、口尖らせて批判的に言及。

最近は子供の頃程アニメを純粋に楽しめなくなってきてるのは確かで、
丁度その事実に悩んだり・寂しく思ってたりしていた。


おはぎさんの
「作品は一つでも面白い点が発見できればOKではないか」
「減点法より、加点法的な楽しみ方に切り替わった」

っていう発言には目から鱗が落ちるような気分にさせられた。
云われて気付いたけど、アニメを沢山観るに従って段々と目が肥え経験が蓄積され、
無意識化で減点視線で作品を観るようになってたんだね。

自分たちは辛口評論家では無く、あくまで娯楽ツールとして使う一般人なんだから
そんな穿った見方してたら必要以上に精神疲労するし、そりゃ楽しめなくなるわなって…。

ただべるんさんが指摘するように、
なかにはどうしても俯瞰的に観てこれがどうのあれがなんのって愚痴りたくなる作品もある。
そういう時は、肌に合わなかった・生理的に受け付けなかったと思って潔くポイするのがベストなのかもしれない。
つまらない作品観て、無理にいいトコ探して褒めるのもまた疲れるし。


一度定着した視聴スタンスは中々変え難いけど、もう少しあったかい目線で観れるよう・語れるよう心がけていきたい
そんな気持ちにさせてくれる二記事でした。

2013年夏アニメ視聴予定作品

6ad027fe3.jpg

気が付けば春アニメも終りを迎え、いよいよ今週から夏アニメがスタート!

というわけで、例によって(と云ってもこれまだ二回目だけど)管理人は今期何の作品を観るつもりなのかリストアップ。
今のところ確実に視聴する予定なのは画像上から順に

●<物語>シリーズ セカンドシーズン
ダンガンロンパ
ファンタジスタドール
プリズマイリヤ

の4つですね。
ロウきゅーぶ!は原作全巻持ってるほどに大好きだけど、アニメは何故か観る気が起きなくて一期はスルーしてしまい
なので二期も観ないかなあどうしようかなあって状態。

ローゼンメイデンは一応一話の録画くらいはしとこうかなーって感じです。

Freeはー……まあ3話くらいまでは観ようかな。腐っても京アニだし。

ちなみに感想記事つくる予定の作品はもう決まっていて、それはダンガンロンパです。

前回革命期ウンタラカンタラってアニメを爆推ししたら、ものの見事に爆散したので
今回は期待と不安を入り交ぜながら、冷静に作品の魅力を語ることに。
…まあヴヴヴは期待していた方向性とは違う意味で面白い作品でしたけどね!笑 10月からの続きが楽しみです。



124151534623.jpg



アニメのPVが余りにも大した宣伝になってないので原作の方を貼り付け。
コメントはオフにした方が身の為です。(ネタバレ的な)

ダンガンロンパってよく話題に挙がるけど、結局どういうお話なワケさって人の為に、
一応作品の簡単な説明をしておくと(面倒くさいからwiki引用☆(ゝω・)v)

「超高校級」と称される優れた能力を持つ高校生ばかりが集められた「希望ヶ峰学園」に入学した生徒達が、「卒業するためには仲間を殺すこと」というルールの元に次々と発生する殺人事件を「学級裁判」で解決していく、推理ゲームの要素を主体とした作品。「ハイスピード推理アクション」というジャンル付けがされている。希望と絶望を主軸としたシナリオ、予測不能などんでん返しもこの作品の特徴の一つである。
シナリオを担当した小高和剛は、星海社のインタビューにおいて西尾維新などのメフィスト系を意識したポップな方向のミステリを目指したと答えている。また大山のぶ代の、『ドラえもん』降板以来およそ5年ぶりとなる声優復帰作である―――


と云った様な感じで、原作はかの奈須きのこさんも絶賛するようなゲームです。


※追記:引用しといてアレだけど、↑の説明じゃイマイチ分かり難いのでもっと噛み砕いて説明すると
要は主人公たち新一年生は学園内に閉じ込められてしまい
そこから脱出(卒業)するには誰にもバレずに誰か殺さなくてはならないっていう。
「学級裁判」とは殺しの犯人やトリックを皆で考え合い立証する場
詳しくはアニメ本編や上のPVを。
作品の醸す雰囲気としては、シークレットゲームやeuphoriaのそれに似てますね。



ドラえもんの声の大山のぶ代さんが、抜群に残虐非道な科白言いまくるのもこの作品の大きな魅力の一つ。
正直、私これ目当てで原作買いましたから(笑)
アニメから入る方も、ドラちゃんの声に興味持ったのでって人は少なくなさそう
でもそれは十分動機としてはアリだし、十分楽しめるハズなので問題ないと思います( ´ー`)y-~~
あと、グロっていうかエグい描写が好きな方にもお勧めできます。
思わず目を背けたくなる、「おしおき」と云う名の処刑が本作にはありますので。

ダンガンロンパは原作は何十万本もヒットする程人気作品なんだけど、
アニメも同様に良い仕上がりになるかは甚だ微妙っていう…(汗)
と云うのも、尺がね…。13話じゃどうにも綺麗に収まりがつかなそうで怖いです。
話の展開が早過ぎて、各キャラの魅力を深く掘り下げてる時間がなさそう。

まあでも、監督は原作準拠で名高い岸誠二さんだから、そこまで原作レ○プな仕上がりにはならないのは確か、かな。
BGMもちゃんと原作の音を使っているらしくてこれは非常に嬉しいです
ダンガンロンパは音楽も魅力溢れるので是非期待しちゃって下さい
EDテーマ(アニメ)はよく分からん歌い手のよく分からん曲になってるけど(゜∀。)

ちなみに、各放送局の放送日時は以下の通り

●MBS:07/04(木) 25:35~
●TBS:07/05(金) 25:55~
●CBC:07/05(金) 27:05~
●BS-TBS:07/06(土) 24:00~
●AT-X:07/11(木) 22:30~
●ニコニコ生放送:07/06(土) 25:00~
●ニコニコチャンネル:07/06(土) 25:30~
●バンダイチャンネル:07/07(日) 12:00~

関西最速羨ましい……(´゚д゚`)!!

そんなこんなで、夏はダンガンロンパを推します。気になった方は是非ご視聴あれ(^^)
あ、それと最後に、この作品はネタバレが死活問題になるので、
まとめサイトやら個人ブログの感想見てうっかり食らわないよう気をつけて下さい。
うちもなるたけバレしないよう心がけます(´ー`A;)

食戟のソーマ 第29話 「夜明け前の卵たち」 感想

sykgk_29_1.jpg

創真と悠姫ちゃんのハマリ具合がヤバイ。衣装似合い過ぎだろJK(`・ω・)

恥ずかしさおっかなさ半々で涙ぐむ恵ちゃんも相変わらず可愛らしいことで。
卵野郎からは今にも若本の叫び声が聞こえてきそうだ。
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter(紅茶)
Twitter自作リスト
カテゴリ
アーカイブ
スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
相互リンク(更新頻度順)
他、ジャンプブログ様
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)