君に愛されて痛かった 第8話 「乙女」 感想/一花ちゃん(;;)

かなえちゃんに散々酷い仕打ちをしてきた一花ちゃん。

そんな彼女も

kai8_1_c.jpg

実はこんなにピュアな子だったと(´;ω;`)

君に愛されて痛かった 第7話 「怒り」 感想/越えてはいけない一線を越える。

スマホスケジュール帳をふんだくられた、かなえちゃん。

気がかりだったエンコーの数字は誰も解読することができなくてちょっと安心しました(;´▽`A``

しかし、ほっとするのも束の間、一花ちゃんは彼女のスケジュール帳を全く悪びれる様子なくビリビリに破り捨て、みんなで嘲笑い、スマホのロックも解除しろよと『いけしゃあしゃあ』に注文を付けてきます。

こんなことをされてキレない人間はむしろ異常でしょう(´・ω・`)

温厚で内気だったかなえちゃんも、自分の唯一の心の支えを踏みにじられると――

触るなああぁああああああああああああああああああああああああああああああああ

私が欲しいもの いっぱい 持ってるくせに!!!

離せ 私のッ 私の 離せよ!!! 私のだ

これは これだけは 私のだ

kai7_1_c.jpg

ついに堪忍袋の緒が切れる(´;ω;`)ウッ…

つっかえながら叫ぶところが生々しいです。普段大人しい子が怒り狂うと確かにこんな感じになったりしますよね(;;)

大人になれば人の物を勝手に奪うのは倫理的に不味い…という以外に法的にもアウト(窃盗罪)で、ましてや破損するなんてもってのほか(器物損壊罪)だと理解しますが、この年頃の子にそれを言っても仕方がない感orz

君に愛されて痛かった 第6話 「大丈夫」 感想/――お前じゃない。

kai6_1_c.jpg

球技大会でクラスTシャツが配られるだと(゚Д゚;)

自分の高校では普通に体操服でしたね。女子高あるあるなんでしょうか。

なお、デザインを担当したのは例によってとみ子ちゃんの模様。先生やみんなに表彰されてどこか誇らしげに紅潮している姿は、ちょっと可愛いかもしれない?(*_*)

君に愛されて痛かった 第5話 「友達」 感想/裏切者には、制裁を。

kai5_1_c.jpg

170220170816.jpg

この流れは非常にアカーーーン!!!

というわけで、前号はお休みだったため約一ヶ月ぶりの再開ですね。

首を長くして待ってました!(><)

それは、身を焼く呪詛。/君に愛されて痛かった 第4話 「声」 感想

また
また始まった
いっつも突然現れて
聞きたくなくても
聞こえてくる


kai4_2c.jpg

今すぐこのページの向こうに駆け込んで助けてあげたい。゚(゚´Д`゚)゚。

今週は前回の引きからちょっと時間が遡ってかなえちゃん視点でスタート。

なぜ寛くんに抱きしめられることになったのか。

その経緯が明らかになります。

道を歩き人に見られると「はたして自分は変な風に映っていないか?」「惨めな存在だと思われていないか?」「不細工と嘲笑われていないか?」などドス黒い不安に苛まれたことがある人って少なからずいると思うのですが(自分に自信がない人は特に)かなえちゃんも今までのトラウマから、そういった疑心暗鬼状態にふいにスイッチが入ることがあるようで(__)

脳内に濁流する呪詛は実際に過去に言われたことと妄想でない交ぜになってそうですよね・・・。

よく言われる「自意識過剰」という言葉。これで簡単に治められたらどれほど楽なことか(+_+)

ちなみに、冒頭にぶつかった女の子二人組は『ヤンキーJCボコボコりんっ!』のキャラのようですね。

何もかもが、うまくいかない/君に愛されて痛かった 第3話 「願い」 感想

kai3_1.jpg

「してないよッ!!!」

一花ちゃんの一方的な物言いに、普段は自分の気持ちを引っ込めてしまうかなえちゃんも強く反論。

ただでさえ昨日の出来事が身に応えているのに「寛君とヤッたでしょ!」ですからね。

もう勘弁してくれと・・・思わず荒立たしく叫んでしまうのも仕方ないです><;

それにしても、寛くん随分とかなえちゃんに嫌われてしまったな〜・・・。

別に世間的に見てクズいことをしたわけではないんですよね。

ただ、かなえちゃんの立場からしたらふざけた行動だったという。

幸せは千差万別/君に愛されて痛かった 第2話 「普通」 感想

kai2_1.jpg

13390620.jpg

ホラー漫画かよ!!
いきなりビビるわ!!!!


かなえちゃんのソウルジェムが急激に濁りましたね・・・。

まあ・・・円○現場を見かけて思わず飛び出してしまったヒロくんは世間的に見ればその正義漢ぶりは褒められこそすれ恨まれる筋合いはないと思うのですが、結局あくまで「世間的」に見ればという話で。

オッサンにお金をもらってエッチすることは悪いこと。きっと本人も本意でやってないのだろう、生活が苦しくて仕方なくやってるんだろうなどと決めつけてしまいがち。

実際そういう人も多いでしょうが、今回のかなえちゃんみたいにリアルにどこにも居場所がなくて唯一自分のことを認めてくれる・愛でてくれる・幸せを感じられる場所がここという人もきっといますよね。

人の幸せを他人が荒らしていいものじゃないし、あまつさえ「その幸せは、間違っている」などと抜かすことは愚の骨頂。

・・・とまあ一応理屈では納得しているんですけど、もし自分に娘がいて円○で幸せを感じていようものならヒロくんのようにそれこそ『普通』に叱りつけそうなので、あまり偉ぶって非難できない(;´д`)
NEXT≫
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter(紅茶)
Twitter自作リスト
カテゴリ
アーカイブ
スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
相互リンク(更新頻度順)
他、ジャンプブログ様
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)