相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

ゆらぎ荘の幽奈さん 第62話 「マトラ攻略戦」 感想

yr62_1.jpg

21410501.jpg

狭霧・雲雀サイドのお時間だああああああああああああああ!!!

シーンカットはなく、また「自分たちではマトラを倒せない」ということは、なんと狭霧自身も認めておりました。しかし、今回の目的はあくまでコガラシの救出にあり、敵を倒すことではないんですよね。

したがって、単純に戦っては即座にやられること必至なので、空間転移で相手を遠くに飛ばすという実に理に叶う素晴らしい戦法を見せてくれます\(^o^)/

しかし、転移が発動する前に、札の貼られた衣服を脱ぎ捨てることで回避する強敵マトラ。こりゃアカンわと即座に戦線離脱する狭霧たち。なんて素直な戦いなのか笑 ただでさえフィジカルが半端ないのに、この子も他心通の力を備えていて、相手の思考が聞こえるとか鬼に金棒が徹底しています。

鬼滅の刃 第61話 「狭所の攻防」 感想

km61_1.jpg

10190515.jpg

こんなときに言い争っている場合じゃ…争いにならないΣ!!

伊之助と協力して敵と戦うのはこれで二度目でしょうか。「命令すんじゃねえ親分は俺だ!」に対して「わかった!」と即答する炭治郎の性格よ!笑 基本的に、炭治郎って素直に受け入れる性格ですよね。しかし、コミュニケーションの衝突が少なそうなキャラかと言えば、相手の言い分を全く認めない頑固さを発揮することも時たまあって。いずれにせよ、真面目な少年ですよね。

メッセージボトル

何も面白くないのに、愛想笑いを浮かべて。全く興味ないのに、喜々とした表情を浮かべて。不幸なのに、幸せそうなフリをして。幸せなのに、不幸そうなフリをして。嫌いなのに、好きなフリをして。しんどいのに、気丈に振る舞って。頑張っているのに、報われなくて。間違っているのに、正しくて。正しいのに、間違っていて。くだらないのに、褒めちぎられて。本質なのに、見捨てられて。

世の中、あべこべです。悪因は善果に、善因は悪果に繋がるおかしなことが、往々にしてあります。道理の通らない世界です。事実は小説よりも奇なり?それは、そうでしょう。どんな悪夢も現実に勝るものはないし、現実ほど「奇」なものはないです。

こんなことを、相も変わらずに考える今日。そして、ブログに投稿します。その行為に、果たしてなんの意味があるのでしょうか。何事も表現することが大切?そうですか。

20040513.jpg 


祝!訪問者数『???』人突破\(^o^)/!!

いつもコメントや拍手をくださる方々、ありがとうございます。内定記事に、まさか、あそこまで反響があるとは予想していなくてビビりました。最近は、記事を更新するとすぐに拍手が押されることもあって、いったい、このブログは何人の需要があるのだろうと考えさせられます。

アクセス解析とか、そういうのは一切導入していないので一日の訪問者数とか、現在何人いるのかとか、全くわからないのですよね。今回は、フォロワーさんのブログの累計訪問者数が大台に乗ったということで、それに相乗りするカタチで書いています\(^o^)/

誰も読んでいるのかわからないのに、毎日ブログを書いていて楽しいのか?と思われるのかもしれないですが、自分は、この感覚がたまらなく好きです。広くて大きな海に、誰に届くとも知らない言葉を結ぶ、メッセージボトルのようで。届くか、届かないか。電子の海の藻屑となる可能性の方が、正直高いですよね。だからこそ、誰かに届いたときの喜びは、ひとしおで。

まあ、「訪問者数○○人突破しました!」とかが具体的にできなくなるのは、やっぱり不便っちゃ、不便なんですけどね。現にこうして適当な機会を見繕ってやらなくてはいけないので\(^o^)/笑 それでも、今後もこのスタイルを維持するつもりです。よろしくお願いいたします。

懇親会が終わりました。

23160512.jpg
疲れたのじゃ・・・。

気心の知れた友人なら全然問題ないのですが、初対面の、そのうえ全員目上の方たちに囲まれて飲むとか精神の疲労が半端なかったです。これも、慣れていかなきゃいかないんだろうなぁ。

正直、こんな場末のブログに何を書いても、企業の方に見られたり大事に発展することはないと思いますが、万一のことを考えて、人数や場所などの詳細は伏せます。

結果的に言えば、心配していたオワハラはなく、むしろ、「悔いの残らないように就活頑張ってね応援しているよ。だけどうちの会社に入ってくれるのが一番だし、これからも機会があればこういった場(懇親会)を設けたいと思っているよ^^」という感じでした。非常に有り難いの一言です。有り難過ぎて、裏切ってしまうかもしれないそのときが怖いです。

お酒も強制されることはありませんでしたし、料理も取り分けていただいたり、デザートも注文していただいたり、バブル期の就活ってこういうのが説明会等の時点でデフォだったのだろうかと思いを馳せてしまう、至れり尽くせり具合でした。自分程度の人間に、ここまでしてくれるなんて、なんてイイ会社なんだ(;;)よし、ここにしよう!という短絡的な思考には流石に陥りませんでしたが、非常にインセンティブが高まったのは確かです。

あんまり「疲れた」という言葉を吐くのは好きではないのですが、流石に今日だけは許してくださいと、自分自身に。本当に、大人数の酒の席ってもともと苦手なタチなのでorz

本を読んだり映画を観に行ったりして、体力と気力を充填したいです。

人事「内定おめ。懇親会やるよー^^」

21110511.jpg

\(^o^)/ME★N★DO★KU★SA★I/(^o^)\

いえいえ。
一応、自分が入りたいと思って選んだ会社なので当然無下にできませんし、早期に採用していただいた恩もあります。

ただ、正直、まだ暫くは就活に専念させてほしい気持ちも強くあるんですよね。

向こうも、そのことはある程度理解してくださっているはずなので、そんなに濃い懇親会にはならないだろうと思っているのですが、どうなんでしょう。二次会とかあるのでしょうか。オワハラとかあるのでしょうか。不安と緊張で胸がいっぱいです。

ちなみに、日時は明日の夜です。どうなることやら\(^o^)/
≪PREVNEXT≫
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
全記事表示リンク
ブログ内検索