相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

パワハラ無惨さま/鬼滅の刃 第67話 「さがしもの」 感想

km67_1.jpg

おやおや、無惨さますっかり可愛いショタになりおってからに( ´ー`)

吉良吉影ばりに顔を変えて逃走していますけど、やっぱこれ、見つける側相当不利な鬼ごっこですよね。容姿じゃ判別できないから、炭治郎の匂いや善逸の音などで見つけ出さなくちゃいけないものの、そのためには至近距離まで近づく必要があって。東京のときみたいに、またばったり出くわせば面白いのだけど。

柱を一人殺したのに、労われるどころかメタメタに叱られるアカザさん(´・ω・`)

無惨「はよ鬼殺隊全員殺せ。何負傷してんだ」
アカザ「ほらなね、自分がやってみろって話でしょ?」


アカザ「私は、そう言いたいですけどね」

周りを蔑ろにしてはいけない/『恋がさくころ桜どき』 美桜ルート 感想2/2

s_20170624032936.jpg

19080624.jpg

前妻に祝福される、プレイヤーのこの複雑な気持ち・・・!

マニアを名乗れるほどじゃないにしろ、一般人よりはそれなりに数をこなしてノベルゲー厶というものを経験してきたので、いい加減この感傷には慣れたほうがいいんですけど、未だにモヤモヤしていまう自分がいます。さっきまでヒロインのことを好きだの愛しているだの言っていた舌の根も渇かないうちに、別ヒロインに愛を囁くという・・・。

ゲームだから、フィクションだから。と、割り切らねば仕方ない問題ですよね。

s_20170624033638.jpg

こんなに優しくて可愛いお姉さんなのに、交際経験無しという。

本人としては、今は恋愛にかまけている余裕はない感じなんでしょうかね。神社の管理や大学やミャオの親代わりや、諸々を忙しなく日々頑張っていますから(`・ω・´)

男性恐怖症の幼馴染/『恋がさくころ桜どき』 美桜ルート 感想1/2

s_20170623141510.jpg

たとえ幼馴染の主人公であっても、男に触れられると、たまらず号泣してしまう男性恐怖症のミャオちゃん(;;)

女性恐怖症より男性恐怖症の方がケースとして多く見かけるのって、そもそも自分と異なる性別の考えることがよくわからない不安に加えて、男の方が、女性よりどんなに言い繕っても力が強くて体格も大きいから「怖い」・・・というのが理由として大きそうですよね。

「女性と接するのが怖い」という男はいても、はたして身の危険を感じるほどそれに恐怖を抱く男は滅多にいないと思います。それに対して、女性の「男性と接するのが怖い」は、「怒らせると何をしてくるかわからない」「非力な自分では太刀打ちできない」という根深い背景がある分、恐怖を抱く人が多くてもおかしくはないのかなと。

・・・小学校の頃、キレた兄貴によくサンドバッグにされていたことがあるので、体格の差による恐怖は、少しは気持ちがわかります(^_^;)ホント、ああいう事態に陥ったときって成す術がないんですよね。

二人とも可愛かったです/『恋がさくころ桜どき』 夕莉ルート 感想2/2

No-0018.jpg 

(グサッ・・・!!)

言われているのは夕莉なのに、画面を越えてこっちまで飛び火するのじゃ・・・。男とか女とか関係なく、基本的に人と仲良くしようと思ったらできる限り笑顔明るく振る舞ったほうが絶対にイイですよね。

別にネガティブな自分をまるっと偽る必要はないんですけど、最低限「あなたと付き合っていて私は楽しいですよ^^」という雰囲気は出してあげないと、相手に「あれ、この人は自分と一緒にいるのが嫌なのかな・・・?」と不安にさせてしまいますからね。

トークの内容に関しても、ひたすら相手の話を否定したり、根暗~な話を披露するのは避けるべきですよね・・・。自分は結構ネガティブな人間なので、あるとき人と仲良くなるために何か積極的に離さなくちゃ→自虐ネタばかり口にする、をしていたら向こうは「あ、うん^^;;;」とメッチャ引いていたのでこれはアカン!とハッと気付きました。

人間って、ひとの成功談より失敗談を好む傾向があるので、ある程度は「自分ってこんなにダメな人間なんですよ〜」「アハハ、そうなんですか!」と通用しますけど、永遠と自分はダメな人間なんですと口にされては、流石に聞いてるほうもげんなりしてしまいますよね。自虐話というのは、日記等に書くべきで、他所様にことさらに吹聴するべきではないと。このことを、大学二年の頃に痛感しました。遅っ!

No-0019.jpg 

悪い。缶の飲み口に、月嶋の唇を奪われたくなくなってな( ー`дー´)キリッ

流石、学内の掲示版に恋の賞金首として張り出される男は言うことが違うのじゃ・・・。

ファーストキスは、ジュースの回し飲みによる間接キスではなく、しっかりくちづけたいと。まあ気持ちは、分からないでもない\(^o^)/

後戻りできない恋心/『恋がさくころ桜どき』 夕莉ルート 感想1/2

No-0002.jpg

それじゃー、まあ、いっちょ紙相撲で恋人を決めましょうかとアホな提案をしてくる自称恋の妖精\(^o^)/

しかも、結局両方とも同時に倒れて「・・・」と、どうしたらいいのか分からなくなるという笑 そもそも紙相撲なんて知識、どこで手に入れたんだでしょうね。実況もそこそこサマになっていたし\(^o^)/

No-0003.jpg

規律に厳しい風紀委員長。
しかしファッション雑誌の専属モデルの顔もありました(゚Д゚;)


これは衝撃的でしたね・・・。自分からモデルに志願するようなタイプの子だとは思っていなかったので。蓋を開けば、杏会長が勝手に応募して受かって仕方なく一年契約したというじゃありませんか。性格的に、先方の話を台無しにして迷惑をかける訳にはいかない気持ちと、やっぱり年頃の女の子だからモデルに少し興味がある気持ちで半々だった感じでしょうか。

まあ、自分の容姿が多くの人に認められるのって嫌な気はしないですからね。グラビアはともかく、モデルは。
≪PREVNEXT≫
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
全記事表示リンク
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)