相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

働くかるら様/ゆらぎ荘の幽奈さん 第71話 「ラブラブバイト大作戦」 感想

yr71_1_c.jpg

てっきりマトラ回かと思いきや、かるら様がウェイトレスになってやってきたあああああああああ(≧∇≦)!!!

今週のゆらぎ壮に、どこか見覚えのあるシーンが・・・。/ゆらぎ壮 第70話

215820170712.jpg


220320170712.jpg

221220170712.jpg

やっと思い出したあああああああ恋染のこのシーンだあああああああああああああああああああああ!!!\(^o^)/

ほぼ間違いなく、意識して書いてないでしょうけど、偶然にも前作を思い出させてくれて、嬉しい気持ちになりました(^^)恋染紅葉は、今もなお好きな作品なので。

当時は、この「立っているので精一杯」というセリフが、打ち切りが近いことのネタとして、ネットで扱われることもありましたが・・・新たに生まれたゆらぎ壮は、こんなに人気の作品になって。素直に幸せです(゚ーÅ) ホロリ

スケート回/ゆらぎ荘の幽奈さん 第70話 「幽奈 オン アイス」 感想

yr70_1.jpg

おお・・・ちょっとキャンプファイヤーのときを思い出してほっこりするε-(´∀`*)

次回予告で「あのスポーツを楽しむ・・・!?」と書かれててなんだろうな〜冬の季節にやりたくなるスポーツって何があるんだろうと思っていたら、スケートでした!

狭霧ちゃんって運動神経よさそうなのでスイスイ滑れそうなイメージをしていたんですが、流石に未経験でいきなり滑りこなすのは厳しかったみたいですね。それでも、雲雀にレクチャーを受けるとすぐに滑れるようになった当たり、流石のセンス。嫉妬する雲雀に、「雲雀ちゃんの教え方がよかったんだね!雲雀ちゃんスケートうまいから!」と言ってくれるこゆずちゃん、なんていいフレンズなのでしょうか(゚ーÅ) ホロリ

コガラシがスケートできる・・・という次元を超えて、プロレベルなのは、なんとなく予想できました笑 もはや、彼が苦手なことを探す方が難しいという(゜o゜;

最後は、安心と信頼のドタバタハレンチ。ブレードが危ないからと、咄嗟に対応できたこゆずちゃんは偉い(`・ω・´)!

それにしても、ぼく勉とスケートネタで被るって運命的ですね(゚Д゚;)

人気投票結果発表&表紙巻頭カラー!/ゆらぎ荘の幽奈さん 第69話 「バレンタイン狂騒曲③」 感想

yr69_3.jpg

1位 幽奈 3,122票
2位 千紗希 1,859票
3位 狭霧 1,677票
4位 呑子 685票
5位 朧 563票
6位 コガラシ 543票
7位 雲雀 537票
8位 夜々 442票
9位 ちとせ 413票
10位 こゆず 162票


応募総数10,659票――!!

1,2,3位は予想通りでしたが、4位に呑子さんが来るとは!幽奈や千紗希と共に、ドロドロ関係に足を突っ込んでいる雲雀が4位に来ると思っていました\(^o^)/

コガラシが、中々高いのも嬉しいです。これも、ゆらぎ荘が「お色気」だけの作品じゃないことの証拠ですね(`・ω・´)

精一杯の気持ち/ゆらぎ荘の幽奈さん 第68話 「バレンタイン狂想曲②」 感想

yr68_1.jpg

目に見えない幽霊なのに、全くビビらないどころか嬉しげに接する千紗希ママ><

写真越しにハレンチポーズを晒しちゃってる幽奈を見たからとはいえ、なかなか肝が座っています。母とはかくも豪胆なり。

それにしてと、ノートに一々書いて会話するの大変そうなのに、微塵もそう思わせず、むしろ心底嬉しそうに会話する姿を見ていると、こうたくさんノートとペンをプレゼントしたくなりますね><

「遅くなっちゃったけど・・・夜道大丈夫?」

「空飛んで帰るので大丈夫ですよ〜!」

自分もこんな返しがしてみたい人生だった\(^o^)/

仁義なき乙女たちの戦い/ゆらぎ荘の幽奈さん 第67話 「バレンタイン狂想曲①」 感想

yr67_1.jpg

流石軍師(゚∀゚)!!戦いというものをよく分かっている!!!

少し、しんみりと。/ゆらぎ荘の幽奈さん 第66話 「呑子さんと担当さん」 感想

さくら/amazarashi



"過ぎ去った人と新しく出会う人
終わりと始まりで物語は進む

だとしたらそれに伴った悲しみさえ
生きていく上でのルールだから"




自分の大好きなamazarashiというバンドの一曲。別れのない出会いなどありはしない。必ず、いつかは離れて行ってしまう。だったら、最初から誰とも付き合わないほうが賢いのか?それとも、悲しみをルールとして飲み込むべきか?



yr66_1.jpg

呑子さん回ということで、どんちゃん騒ぎの楽しいお話になるのかな~と思っていたのですが、まさかのペーソス漂うお話に不意を突かれました。結構しんみりとした気持ちで読んでいましたよ。最後までは\(^o^)/

個人的には、鬼滅で精神がノックアウトさせられた状態に、ちょうどページをめくって次の作品がこのゆらぎ荘だったので、二連チャンで泣かされることになるのかよ~~~!!!と戦々恐々としたのですが、ラストのオチがコメディで救われました。お前ら結婚するのかよ\(^o^)/しかも、おめでた婚って\(^o^)/まあ、彼らが結ばれたおかげで累さんも呑子さんも別れることにならなくて済んだので、感謝しなければならないですね。
≪PREVNEXT≫
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)