相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

猪に育てられた伊之助が、言葉を学習する経緯/鬼滅の刃 番外編 「伊之助御伽草子」 感想

kmEX_gg4_1_c.jpg

赤子の状態で、親に崖に棄てられたあとの伊之助でしょうか><

狼や猿に育てられた人間は聞いたことありますが、とは(;゚д゚)ゴクリ




ある日、たかはるという、祖父と二人暮らしの青年が目にする光景は

kmEX_gg4_2_c.jpg

奇妙と言う他ない生き物に、百人一首を教えているお祖父ちゃん(U>ω<)

伊之助は、この時から猪のマスクを愛用していたんですね~。成長して顔の大きさが変わるたびに、新しいものを手作りしているんでしょうか。

祖父は、この他にも、伊之助に食べ物を与えたり、普通の人間と同じように話しかけたりしますが、たかはるくんは、山から親が下りてくる危険性を考え、ひたすらに追い払います。

が、年も年だけあって、物忘れの激しい祖父は、伊之助が来るたび手厚いおもてなし\(^o^)/

『嘴平伊之助』と書いてある、さらしのオムツを見ては「これがお前の名前じゃろう おっ父とおっ母がつけてくれたんじゃ 大切にせいな」と親身に話しかけ、化け物に言葉なんて通じるわけがないと、言葉荒くキレるたかはるくんに

kmED_gg4_3_c.jpg

ついに伊之助が喋り出す\(^o^)/

彼の口の悪さは、この青年の影響だったようですね( ´ー`)y-~~「グワハハハ」とか、より荒々しくなっていますが笑

この様子だと、今の伊之助は、意外と百人一首をそらんじることができそう?

母猪は、あれからどうなったのか。棄てた親はどうしているのか。たかはる一家は。いろいろと気になることが多いですが、本編で追々語られていくことを楽しみにしています(>ω<U===U>ω<)
関連記事

この記事へのコメント

妄想屋

>ぺぐっ
この歳でローリングソバットであるw

2017年08月01日 22:51:34

紅茶

>>妄想屋さんへ
流石、師匠もいないのに鬼殺隊に入れるだけあって、子供の頃から身体能力が目覚ましい子供です・・・!

2017年08月03日 06:59:51

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)