相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

女装する炭治郎たち!/鬼滅の刃 第71話 「遊郭潜入大作戦」 感想

km71_1_cc.jpg

そしてもう一度言う
俺は神だ!!


km71_2_cc.jpg

派手を司る神…
祭りの神だ


km71_3_cc.jpg
194520170718.jpg

ツッコミが 追いつかない!

「自分は神だから!」と連呼する上司に、「どんな神様でしょうか」と実直に尋ねる部下A、さらには「俺は山の王だ」と張り合う部下B ああ、これが天然の恐ろしいところ・・・!善逸、いろいろとツライだろうけど、頑張れ!!




花街(遊郭の意味あり)までの道のりに、藤の家があるということ。元忍だけあって一瞬で駆け抜けていく宇随さん。忍だったのに、鬼殺隊に入ることになったのは、深い訳がありそうですよね。

家につくと、さっそく指示を出す祭りの神に

km71_4_c.jpg 

非モテ神の善逸が噛みつく\(^o^)/

どうやら、善逸は、遊郭で俺の嫁(に相応しい女性)を探せと命令されていると勘違いしてキレたっぽいですね(^^;文脈を考えれば、普通に宇随さんの奥さんを探す話と分かりそうなのに、こんな変なヤツが結婚しているハズないという妬ましい気持ちから逸れた解釈をしてしまったんでしょうか・・・哀れなり、善逸( ;∀;)宇随さんは、普通にモテると思うぞ><実際、三人も嫁がいるみたいですし!

そして、ちゃっかり被りを外す伊之助。

宇随さんに詳しい事情を訊くと
ときと屋の「須磨」、荻本屋の「まきを」、京極屋の「雛鶴」、これらは店名と・・・嫁さんのお名前でしょうか。忍が遊郭に任務で潜入するって、嫌な予感しかしないんですが(;゚д゚)ゴクリ…

伊之助の「死んでんじゃねぇの?」が逆神となってくれることを祈ります(><)そして、宇随さんが、当たり前に怒ってぶん殴ってくるのを見て、やっぱ、心配ですよね、と・・・。

藤の屋で、女装完了した炭治郎たち、いざ遊郭に足を踏み入れそのお顔を拝見すると

km71_5_c.jpg 
なんという味のある三兄弟\(^o^)/

もう少し、やりようあったと思うんですけど!!!笑 特に、伊之助はせっかく素顔が少女のように整っているのに、勿体ないですよね(*´Д`)雇われ先で、きちんとおめかしするんでしょうか。(炭治郎は、この時点で無事内定獲得)

しばらくすると、辺りは騒がしくなり

km71_6_c.jpg 

ときと屋の花魁が、客の迎えに行く『花魁道中』に出くわす(`・ω・´)

うーん、こんなに綺麗で衣装も絢爛豪華、教養なども高いのに、『客』と身体を重ねるという背徳感(゜-゜)いったい、心中はどんな想いを秘めているのでしょう。男の自分には、知る由もなし(__)

そういえば、今回の鬼って、男という情報はなかったですよね?花魁が鬼のパターンもあるのでしょうか。

そんなこんなで、伊之助も、荻元屋のスカウトに目玉が飛び出るくらい凝視され、見込みがあると採用!「アタシの目に狂いはない」とか自信満々ですけど、声で男だって気付かないんでしょうか(゚Д゚;)

何が何やら事の展開を理解していない伊之助、はたしてちゃんと言うことを聞くか・・・

km71_7_c.jpg 

で、結局、友達が受かっているのに、自分だけ内定がもらえない善逸\(^o^)/!!!

ぶっちゃけ、女装した自分を認められようが認められまいが複雑な気持ちですけど、仲間はずれになってしまうのは寂しいですよね\(^o^)/まあ世の中には、物好きな趣向の男もいるので、大丈夫、需要はきっとあるぞ!

p.s.宇随さんも女装するかと思いきや、女衒役でしたね。美形だ((+_+))水も滴るなんとやら。
関連記事

この記事へのコメント

妄想屋

3人、だと!?
おのれリア充め!!!

それにしても化粧もう少し何とかならなかったのかwww

・・・・・・・・善逸ドンマイ(ノ∀`)



花魁は高級ホステスとか芸鼓さんとかと同じで、必ずしも体を売るだけじゃ無いはずだと記憶してます。
会話術とか知識云々。。。
因みにこのレベルになると、客の方が先に部屋に入って無いと、キャンセルされる筈です。
花魁が外で待つんだったか、帰るんだったか。
その客も、大商人や大名クラス、身請けの金額もそれくらいじゃないと出せなかった筈。

2017年07月24日 23:15:25

ツッコミの飽和状態でしたね今回は(笑)。

でも、それでありながら伏線を予感させる部分も見受けられましたね。
「聴覚」に優れている善逸が、「音柱」と頻繁に関わりを持っていたり。
「祭りの神」ということは、祭事の舞である神楽、つまり「ヒノカミ神楽」に関する何かを知っている可能性もあったりと。

キレッキレのギャグで笑わせられるのと同時に深い読み込みにも充分応えてくれるこの作品は、とっても秀逸だと思います。

2017年07月25日 01:42:20

紅茶

>>妄想屋さんへ
一夫多妻バンザイ\(^o^)/

イケメンに嫉妬して苛立ちまくる善逸が面白いです笑

>花魁は高級ホステスとか芸鼓さんとかと同じで、必ずしも
おお~そうなんですか・・・!!流石歴史物にお詳しい(*´Д`)
話を聞くと、「遊女」と一簡単に括りにできないほど、一般的なそれとは、格も待遇もホント違うんですね。

2017年07月26日 05:28:50

紅茶

>>栗うさぎさんへ
「これぞ鬼滅クオリティ!!!」と声を上げて喜びたくなるほど、『らしい』ギャグが満載で面白かったです笑

>それでありながら伏線を予感させる部分も
音柱に善逸は、このうえない組み合わせだな~と注目していましたが、ギャグの一つだと軽く受け止めていた「祭りの神」発言も、確かにヒノカミ神楽が神を祭る舞であることを考えたら、途端に重要性を帯びますね( ゚-゚ )

ホントそうです!!ワニ先生凄い(`・ω・´)

2017年07月26日 06:19:21

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)