相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

それは、身を焼く呪詛。/君に愛されて痛かった 第4話 「声」 感想

また
また始まった
いっつも突然現れて
聞きたくなくても
聞こえてくる


kai4_2c.jpg

今すぐこのページの向こうに駆け込んで、助けてあげたい。゚(゚´Д`゚)゚。

今週は、前回の引きのちょっと前から、かなえちゃん視点でスタート。なぜ、寛くんに抱きしめられることになったのか、その経緯が明らかになります。

道を歩き、人に見られると、はたして自分は変な風に映っていないか?惨めな存在だと思われていないか?不細工と嘲笑われていないか?など、ドス黒い不安に苛まれたことがある人って少なからずいると思うのですが(自分に自信がない人は、特に)かなえちゃんも、今までのトラウマから、そういった疑心暗鬼状態に、ふいにスイッチが入ることがあるようで(__)

脳内に濁流する呪詛は、実際に過去に言われたことと妄想と、ない交ぜになってそうですよね・・・。

よく言う「自意識過剰」という言葉。これで簡単に治められたら、どれほど楽なことか(+_+)

ちなみに、冒頭にぶつかった女の子二人組は、『ヤンキーJCボコボコりんっ!』のキャラのようですね。




kai4_3.jpg

この前、かなえちゃんに一方的に正義感をぶつけたことを反省し、謝りたいと考えた寛くんは、彼女の帰り道を追いかけてきてくれたわけですが、ちょうど疑心暗鬼モードに陥っているため(うどん先生はひぐらしも好きなようなので、あえて例えれば、L5でしょうか)彼の言葉は届かない・・・。現実の吹き出しの上に、妄想の吹き出しが重なって聞こえないという表現は、素直に感心させられました。

「やっぱり普通じゃないから」「死ね」の後の、かなえちゃんの表情がもう・・・。心底ツラくてたまらないのが、十二分に伝わってきて、もはや言葉が出てこないです( ;∀;)

kai4_4.jpg

個人的に、かなえちゃんという少女は、いつも自分の中で孤独に戦っている女の子だと思います。一花ちゃんみたいなタイプは、もっと外向きに戦って生きているイメージなんですが、かなえちゃんは真逆。吐き出す言葉は、全部自分に対する不甲斐なさやみっともなさで、時には周りに「死ね」と当たることもありますが、根源はやっぱり内向きだと思います。

kai4_5.jpg

そんな風に、ずっと自分と戦って、心も身体もボロボロになって、それでも幸せを追い求めているかなえちゃんに、精一杯の優しさと温もりで包み込む寛くん(゚ーÅ) ホロリ

この前は自分が悪かったと、きちんと非を認めて謝るし、かなえちゃんが吐瀉物を撒き散らしても懸命に介抱してあげるし、劣悪な人生で擦り減り切った心もケアするし・・・うどんちゃんが描く男キャラとは思えないほど、誠実かつ真人間でビビります><

kai4_6.jpg

寛くんは、十中八九かなえちゃんのことが気になっていますし、これで二人は両想い。次回から、甘いラブコメが始ま

kai4_7.jpg
194520170718.jpg

るわけが、なかった!!!!

まずは、シカトからなのじゃ?。゚(゚´Д`゚)゚。

p,s,
鳴海くん(;;)
関連記事

この記事へのコメント

西京BOY

>よく言う「自意識過剰」という言葉。これで簡単に治められたら、どれほど楽なことか
まあ実際に湯水のように愚痴や揚げ足取りが井戸端会議で話されてますからね
メンタルが弱い人ほど「そういうこと」が気になってしまうんでしょうね・・・

今回のかなえの気持ちは正直痛いくらいに分かるところもあります笑
個人的には「嫌いにならないで」ってセリフも読んでて「ああ・・・。」ってなってしまったり、
こういうある種普遍的な描写こそバカうどん氏の本領発揮だよなあ。と思いながら楽しみました
楽しんだというか、沁みたというか・・・。


ヤンキーJCは大変良い作品ですよ
この作品を皮切りに官能描写に磨きがかかったターニングポイントとなる一作だと思います
バカうどん氏の同人誌はどれも高クオリティなんで個人的におススメです
一般じゃ描けないことも平気でやってるし・・・笑


しかし隔月誌で休載って事は次回は1か月後、、、
引きが引きなんで、個人的に待ち切れないですね。
鳴海はヒーローと以前感想で書かれてましたが、彼よりも寛を選んだ事が、、結果的に間違いになるような・・・
そんな気もしています。

2017年07月21日 06:51:10

紅茶

>>西京BOYさんへ
「自分は、周りからバカにされている」と感じる人がいて、はたして傍から観察してみると、なるほど確かに・・・と納得できてしまう、自意識過剰ではなく純然たる事実を自覚しているケースも多々ありますからね(´・ω・`)

そういう人にまで、「それはただの思い過ごしだよ〜^^」と宥めようとするのは軽率だよなあと。

ホントそうですよね〜。うどんちゃんの作劇のよさは、ただのエ○グロに非ずということが、この作品を読んでいて感じます。だって、まだぼこぼこ要素全然ないのに、こんなに面白いんですからヽ(^o^)丿

なるほど〜!うどんちゃんのファンを名乗るなら、きちんと同人もカバーしないとアカンですね(*_*)

週刊連載してほしいくらい面白いですけど、身体への負担や一話の内容の濃さなどを考えると隔週でベストだったのかもしれません。次回待ちきれないですね〜!!

鳴海くんを選んだら選んだで、その先に待ち受けるものが光だとは簡単に思わせてくれないのが、うどんちゃんの作品(*_*)

救いは、いずこ。

2017年07月24日 16:07:44

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)