相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

周りを蔑ろにしてはいけない/『恋がさくころ桜どき』 美桜ルート 感想2/2

s_20170624032936.jpg

19080624.jpg

前妻に祝福される、プレイヤーのこの複雑な気持ち・・・!

マニアを名乗れるほどじゃないにしろ、一般人よりはそれなりに数をこなしてノベルゲー厶というものを経験してきたので、いい加減この感傷には慣れたほうがいいんですけど、未だにモヤモヤしていまう自分がいます。さっきまでヒロインのことを好きだの愛しているだの言っていた舌の根も渇かないうちに、別ヒロインに愛を囁くという・・・。

ゲームだから、フィクションだから。と、割り切らねば仕方ない問題ですよね。

s_20170624033638.jpg

こんなに優しくて可愛いお姉さんなのに、交際経験無しという。

本人としては、今は恋愛にかまけている余裕はない感じなんでしょうかね。神社の管理や大学やミャオの親代わりや、諸々を忙しなく日々頑張っていますから(`・ω・´)




s_20170624040210.jpg

6時間・・・6時間!?( ゚д゚)

マジかよ!・・・夕莉ルートの時も思いましたが、この主人公、甘いマスクのくせにその実、中身は性欲お化けすぎませんか\(^o^)/初体験でゴムの箱全部使い切ったりするし。

若いって、素晴らしいですね(;゚д゚)ゴクリ…

s_20170624041728.jpg

物語なので、当然「起承転結」の仕組みを採っているはず。永遠と甘々なイチャラブライフを送って、アクシデントもなければオチもない、といった平坦な話にはならないはず。で、あるならば、ミャオルートにおける災難は何が来るだろうと考えれば、恐怖症の悪化ではなく、ケンカでした。いや、もはやケンカというか、ミャオが一方的に怒っただけなんですが(^_^;)

ホントビックリするほど、突拍子もなくご立腹されたので、主人公共々「!?!?!?」と動揺してしまいました。笑

ただ、ミャオの憤りが全くもって理解不能かといえば、そうでもないんですよね。強い剣幕にはビックリしましたけど、根本的には、夕莉ルートで「別れ話」が出たときと同じ話ですし。

要は、想い人との恋愛ばかりに現を抜かして、今まで大切に育ててくれた家族や、仲の良かった友人たちを蔑ろにしてはいけないという。もしかしたら、これはライターさんが恋愛に対してしみじみと感じているモットーみたいなものかなあと思いました。なんせ、二つのルートで共に突きつけられるネタなので。

s_20170624043829.jpg

これ、プレゼント渡す直前にまた事故に遭うとかありそうだな・・・。いや、絶対にあるだろうなと構えていたら、ホントに突っ込んできた居眠りトラック\(^o^)/

しかし、今度こそ絶対に主人公を離さない、あの事故を起こさせてはいけないととったミャオの勇気ある行動により主人公は無事、ミャオも直接車にぶつかることはなく、避ける際に勢い余って頭を打ってしまったと。作品が作品なら、はねられたヒロインが集中治療室に運ばれたり~という展開も想像できますが、恋がさくころはそんな悲劇を作らないだろうと信じていました!今は鬱ゲーとか求めてないのでよかった!

s_20170624044122.jpg

降りかかる試練を乗り越えたミャオ。
晴れて男性恐怖症も解消\(^o^)/


冗談じゃない二度目の交通事故も、結果的には、自らを苛んでいた罪の意識を晴らす最大のチャンスとなりましたね。

これで好きなときに好きなだけ手を繋げるミャオが、幸せそうでよかった><

恋がさくころ桜どき
恋がさくころ桜どき
posted with amazlet at 17.06.22
ぱれっと (2014-06-27)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)