相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

君に愛されて痛かった 第1話 「居場所」 感想

kai1.jpg

周りの話には、合わせないといけない。

漫画アクションを求めて、まずコンビニを二軒、次に本屋を三軒まわって、結局五軒目の本屋で見つけることができました。啓文堂はよい本屋ですね!ヽ(^o^)丿これからもお世話になります。

知るかバカうどん先生の作品は、昔からずっと好きで、単純にエログロがハードだからという理由だけでなく、女性をただの都合のよい人形として描いてない、きちんと感情のある人間として描いているのが魅力的だったんですよね。

朝凪先生とかも、自分は大好きなんですが、やっぱり同じボコボコ系といえども、女の子の描き方は全然違っていて。男は、結構女性に対する願望が随所に出てしまうのですが、うどん先生の場合、とことんリアルさを現している。可愛さやいじらしさ、醜さ、浅ましさ、虚しさなどを表現しているんですよね。

そんなうどん先生が、ついに一般誌デビューということで、応援しないわけにはいきません!毎月買って、感想書いていきたいと思います。

6/7追伸.アンケートシステムはないのかなと思いきや、427Pにありましたので、それも忘れずに出していきたいです(__)




kai1_2.jpg

自分の場違い感を感じる辛さ。

この人たちとは、住んでいる世界が違うんだ・・・って感じることありますよね。同じ人間なのに、同じ空間にいるのに、全く通じ合える気がしない。すこぶる居心地の悪さ。周りにそういう人たちしかいないと、心がどんどん黒ずんでいって、やがては、生きていることに対する罪悪感などを感じてしまう。

自分の場合、「あ、この人たちと自分は世界が違う」と感じた瞬間、すぐに見切りをつけてしまう性格なんですが、社会人になると(現在大学四年次)こういう上流階級貴族の晩餐会を同席させられても、逃げることができなくなるため、ホントこのかなえちゃんみたいな気持ちを感じるんだろうなと戦々恐々としてしまいます。


kai1_3.jpg

過去のトラウマが、自分を殺す。

中学のときに転校して、その先でイジメの被害を受けたかなえちゃん。イジメと一口に言っても、皆から無視されるとか、上履きを隠されるとか、そういった程度を超えていて、なんと給食に大量にゴキブリを入れられたり牛乳瓶を頭からぶっかけられたりと、とてもエグい仕打ちになっています。

ぶっちゃけ、これを読んだ人のなかで「こんなことあり得へんやろ笑」と思う人は結構いると思うんですけど、実際あってもおかしくないほど今の若者たちのイジメって凄惨なものだと思っています。ハッキリ言って、何度も頭からジュースを大量にぶっかけられる、というのは自分の高校でもイジメでありました。男子高なんですけど。そういう奴らも平気で楽しく生きている社会。


kai1_4.jpg

円○を始めるのも時間の問d、いやもう始めてました\(^o^)/

円○の実情とか、憶測でしかないのですが、やっぱり「お金が欲しいから」という理由だけではなく、「誰かから必要とされるから」というのも相当大きそうですよね。セックスのときは、本気で自分だけを見て、自分だけを求めてくれるので心が飢えているひとはハマって仕方ないのだと思います。まあ、「仕方ない」で済ましちゃいけない問題だから、国も積極的に取り締まったりしているんでしょうが。

それにしても、うどん先生、女の子の描き方がさらに可愛くエロくなっているような・・・。むにっと柔らかな太ももの絵とか、結構官能的。

家が大変なの?
お金必要なの?
何でこんな事してるの?


えー・・・
じゃあおじさんは


kai1_5.jpg

有無を言わさぬ最強の返し\(^o^)/

今話題の忖度ですね。遮二無二つまらないこと質問をせず、相手の気持ちを推し量って愛してあげればよいのです。

kai1_6k.jpg

愛こそ全て。消費せよ!消費せよ!
急いで買いに行かなくちゃ。誰よりも多く買わなくちゃ。奪ってでも手に入れなきゃ\(^o^)/


というわけで、エッチシーンに突入するわけですが、うどん先生の本領発揮。「こう言ったらいいんでしょ?」「こう言ったら喜んでくれるんでしょ?」と男を見透かしてエッチな言葉を囁いてくれる。「コレに優しくしたら わたしにも優してくれるもん」「なにソレ?ヤル気あるの?入れてあげないよ?」ここらへんのセリフ選びも素晴らしくて、人形じゃない、息をする女の子がいると感じさせますね。生の悦びを感じる上記の絵も抜群でした。

kai1_7.jpg

この後の、オッサンの「辛抱たまらん!もう一戦!」と尻を鷲掴みされたかなえちゃんの冷めた表情が大好きです笑

kai1_8.jpg
オッサンとホテル前でイチャついてるところを寛くんに見られて、公園に連れ出されてオワタ\(^o^)/

一応、知り合いにバレたら大変なので、場所は家から遠いところにセッティングしたり注意はしていたと思うんですけど、意外とバレるときは本当に間が悪くバレるものでよね。

カラー冒頭の「誰も幸せにしない恋の物語ーー。」といい、ラストの「悲劇の結末に向けてーー。」といい、もう完全にバッドエンドが決定事項になっているお話をどんな気持ちで読めばいいのか\(^o^)/なかなか複雑なところではありますが、うどん先生の描くお話は、悲劇でも中途半端な出来ではなく、しっかり中身のある悲劇なので、怖いですけど楽しみです。

最後に、かなえちゃんメッチャ可愛いですヽ(^o^)丿
関連記事

この記事へのコメント

紅茶さん、こんにちは。


紅茶さんは5軒も回られたという事で、お疲れ様です
そこまでしてしまうのも個人的には分かります
自分も「買って読む」以外の選択肢がなかったですからね(笑)。
事前に「あんまり置いてない」的な情報が伝わってたので、自分も覚悟してたんですが
仕事帰りに駅のキオスクの漫画コーナーをチラ見したら普通にあって拍子抜けしてしまいました・・・笑

自分がバカうどんさんの作品で好きなところは、
ある種人間の「普遍的な心情」をちゃんと描いている、と思えるところです
それ以外にもいっぱいあるんですが・・・誰もが常に殊勝でストイックな考えを持ち続けたまま生きられる訳ではないし、
例えば「あいつムカつくな」とか「チッ」みたいな、普段無視されがちな、というか(キャラを良く見せたいが為に)拾われない部分まで拾ってくれる感覚があります
そういった意味では素直、、、とも形容出来るんじゃないかなあ、なんて個人的には思いますね。或いは包み隠さず、的な。


>「あ、この人たちと自分は世界が違う」と感じた瞬間、すぐに見切りをつけてしまう性格なんですが
ああ、正直同じですね(笑
あるいは最初から既に絆のようなものが作られてる場合でも
自分では太刀打ち出来ない気がして何も言わずせず去ってしまう人間ですね
結局それじゃ「何人かいる中の一人」にしかなれない気がして・・・難しいですね。

>それにしても、うどん先生、女の子の描き方がさらに可愛くエロくなっているような・・・。
これは自分も思いました。
去年あたりから段々そっち方面も磨かれて来た感覚があって、
初期はぶっちゃけそこまでのエロさは(行為的な意味ではなく)なかったと思うので、
ますます真っ当に進化されてる気がしてファン的に嬉しかったですね
官能的な部分がさらに磨かれていけば無敵な気もします笑

かなえは物凄く可愛いですよね!
自分も仮にあのおじさんの立場だったら心酔しちゃうだろうな~って思いました
男を喜ばせるツボを知ってる、というか・・・。バカうどんさんは、ダークな作風やネガティブな心情等がよく話題になりますけど、
純粋に「女の子が可愛い」作家でもある、、、という事を改めて実感した作品でもありました。
どこまで気持ちの良い暴走を見せてくれるのか、ドキドキハラハラしながら見守って行きたいですね。


あと感想を楽しみにしてくれてありがとうございました(笑
自分も紅茶さんの感想を楽しみにしてたんですが、予想以上に気合の入った感想に仕上がっていて、
尚且つ頷ける箇所も多くてうどんさんのいちファンとしてニヤニヤしながら読ませてもらいました。
やっぱり感想は情熱のこもっているものが一番好きだな~って思いましたね。

2017年06月07日 07:24:42

紅茶

>>西京BOYさんへ
コンビニも本屋も結構密集している地域なので、そこまで歩きまくったわけではないのですが、五軒目の本屋になかったら流石に隣町に行かなきゃいけないなと覚悟していました(^_^;)笑 西京さんは、無事一軒目で見つかったようでよかったです!!(^^)

>ある種人間の「普遍的な心情」をちゃんと描いている
そうですねー・・・。西京さんも度々仰られる通り、綺麗に正しく生きていたいと考えても、そう上手く行かない世の中ですからね。反吐を吐きたくなるほど酷くてしょうもない現実を、いっさい誤魔化さずにちゃんと描いている作家さんだと思います。ハリボテでも、健全さを求められる社会において、こういう作風で挑戦するというのは普通、叩かれたり、引かれたり、いろいろ面倒なことがあって二の足を踏んでしまうと思うのですが、自分の信念を貫いてここまで来てるのは素直に凄いなあと思ってしまいます。だからこそ、少しでも力になれるならと応援したいです。

>結局それじゃ「何人かいる中の一人」にしかなれない気がして
かけがえのない一人になりたいものですよね(´・ω・`)

かなえちゃんは、ホント可愛くてエロかったです!セリフとか、細かな動作とか、うどんちゃん自身女性だから技が光る部分がありますよね〜。

正直、最近バッドエンドとか鬱シナリオとかそんなに耐性なくなってきたので、これからのかなえちゃんの崩壊っぷりに耐えられるか不安なんですが、頑張って読んでいきたいと思います\(^o^)/

同じ物を見ても、百人いれば百通りの感想があるのが面白いですよね。西京さんの感想は、「これは自分には書けないなあ、、表現力と説得力が高くて凄い( ゚д゚)」と素直に思わされました。やっぱ情熱は大事ですね!(`・ω・´)
コメントありがとうございました!

2017年06月07日 18:08:57

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)