相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

鬼滅の刃 第58話 「おはよう」 感想

2330415.jpg

今週も乗り切っていきましょう\(^o^)/

20390416.jpg

自分も気分が塞ぎ込んだり、途方に暮れてしまったときは、海が近いので、水平線をぼうっと眺めることで、毒気が抜かれていく経験が何度もあります。炭治郎は正直眩しすぎて、多分、言葉だけのやり取りでは、この青年と分かり合うことは難しかったと思うんですが、こんな心象世界を見せられては、それはもう、何もできずただただ泣くことも頷けてしまいますよね。小人を一人持ち帰ったとありますが、人に感化されたときって、確かに何かその人の一部を受け取った気持ちになります。

この現実逃避者たちは、可哀そうな境遇だなと感じる一方、人を傷付けてまで得る幸せになんの価値があるのだろうと思ってしまいます。あまりにも切羽詰まると、隣人を殺してでも自分を愛さなければやっていけない、価値なんてどうでもいいから中身が欲しいと思ってしまうのでしょうか。

皆に繋がれていたロープは、刀で切ってしまうと夢の本人以外は目覚めなくなる。そんな事実は知る由もない炭治郎ですが、類い稀な直感スキルのおかげで、見事に回避!腕が火傷したり車内が火事で大変なことになりそうですけど、その辺は禰豆子のコントロール力\(^o^)/

20400416.jpg

結局、他の隊員は目を覚まさず、単身で列車の屋根に登って今回の事件の原因である鬼と対峙するわけですが、優しい人ほど怒ると怖いという言葉に頷いてしまうほど、青筋立てて総毛立つ炭治郎にゴクリ(゚A゚;) この鬼、戦闘能力はいかほどか。
関連記事

この記事へのコメント

妄想屋

これは堕ちる(確信

>普段温厚な人
確かに・・・この炭治郎ちょっと怖い・・・(^ω^;)



おのれええええええええええ!!!
決戦じゃあああああああああああああああああああああああ!!!!!!

2017年04月17日 21:11:07

紅茶

>>妄想屋さんへ
最新話で列車が大変なことになってしまいましたが、この改心した青年はさっそく見せ場があったりするのでしょうか(`・ω・´)

2017年04月27日 01:12:20

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク