相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

好調な滑り出し/FGO 亜種特異点l『悪性隔絶魔境 新宿』 感想

昨年末、感動のグランドフィナーレを迎えたFGOの新章が遂に始動。ゲーティアの人理焼却計画は失敗に終わり、「これで世界は安泰だな!」と安心するのも束の間、魔術協会の方たちによるカルデア再編、マシュの魔術回路不調、再び特異点が発生するなど、主人公たちを襲う問題の数々。その最初の舞台は、新宿でしたね。

23200225.jpg

新宿で二人のオルタちゃんと両手に花のデートをすることができるFGOは神ゲー。

新衣装や新バトルモーション(セイバーオルタ)、新体力ゲージに新真名システムなど、とにかく新しい情報が目白押しでワクワクしました(^^)特にセイバーオルタの、片手で聖剣を放り投げてもう片方の手でキャッチして切り上げる動作がカッコよくて嬉しい(;;)宝具もオリジナルの対比として描かれていてよかったです。

エミヤオルタは、正直もうちょっと描写が欲しかった!事前情報はミスリードってレベルじゃないぞ!ただ、結局本質は変わっていないという認識でいいのかな。セイバーオルタも、属性が善から悪に反転したものの根本的な性質は変わらなかったワケですよね。黒人エミヤは今後も出てくるのか。

23210225.jpg

実は(?)悪属性の玉藻。キャットは善だワン!(U>ω<)

悪を倒すために、悪になるというのはどこかで聞いた話ですが、善を討つために、善になるというのは面白い発想でした。自分の大切なものを奪う7発目の魔弾を命中させるため、記憶の消去や属性を切り離して主人公と仲良くなったのに、そこで結局、どうしようもなく、つけいる隙を生み出してしまったという話の運び方は秀逸。読んでいて素直に面白かったです。魔人柱も何気に新規の立ち絵が用意されていたりと、年末でお世話(大量虐殺)になったマスターとしては感慨深いものが(ホロリ

23220225.jpg

お別れは、ダンスの後で。(映像化で見たいシーン筆頭候補)

現空間は人理から切り離されているので、世界が滅びようが星が壊れようが全く問題ではない。したがって、緊張感は従来より大分薄い。と思わせて、流石にライターもうまく、終盤の、気付いたときには「あれ?詰んだ?」とハラハラ状態にするのは見事。締めも心地よい名残惜しさがあり、新章の門出としては満足の出来でした。やっぱりFateは面白い!FGOは神ゲー!

23230225.jpg

0540226.png

P.S. クリア後の10連。
褒めても何も出ないよね!知ってた!!

この記事へのコメント

妄想屋

ほう、新章ですか。
また皆騒いでそうだなw

2017年02月26日 08:45:43

紅茶

>>妄想屋さんへ
ホントFateは永遠に終わらないコンテンツだなと思い知らされました(´ー`)

2017年02月26日 12:49:04

妄想屋

やってないから詳しくは知らないけど、聖杯戦争とか幾らでも拡張出来そうだなw
実装されてない英雄とかまだ沢山居そうだし。


追伸
>認知特性続き
文章書く時や話す時は頭の中で喋ってます。
口閉じてても文章組み立てる時は舌が動きます。
多分僕の特性は
言語>聴覚≧視覚
ですかね。

2017年02月26日 13:14:18

紅茶

>>妄想屋さんへ
そうなんですよね。そして、シャーロック・ホームズやシェイクスピア、ナーサリー・ライムなどもサーヴァントになるので、歴戦のツワモノである必要はないんですよね。人々の信仰を集めたか、ということがキーになります。

同じですね!自分の場合、極度に集中すると脳の音声が消えます。

なるほどなるほど…参考になりました、ありがとうございます(`・ω・´)

2017年02月28日 01:23:09

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)