相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

温かくて、優しくて、幸せで、ちょっぴり切ない。最高のグランド・フィナーレだった『ARIA』

2510816.jpg

先ほど、ARIAを全て見終えました。現在、涙でパソコンの画面が霞んでいる状態でこれを書いております。

ARIA……何にも代えがたい、素晴らしい、素敵な作品でした。
なんというか、人生って何だろう。何のために人は生きてるんだろう。おれは何で生きてるんだ?
その回答、人は、その人にとってキラキラと輝く『素敵』を見つけるために生きてるんだと、この作品に触れて一層思いました。

主人公の灯里は『素敵』を見つけるのが本当に得意。当たり前に生きてるこの世界、そこにキラキラと光る素敵を見出す。ああ、おれもこういう生き方をしたいなぁ・・・と、羨望の眼差しでその姿を眺めずにはいられなかったです。

時間も場所も移り変わっていくもの。何にでも始まりがあり、終わりがある。その変化の瞬間は、いつだって、えも言われぬ感動を呼びます。
アリスちゃんの至上初飛び級昇進を契機に動き出した変化。そこからはもう毎話涙腺が緩んでしょうがなかったけど、特に最終話とその一つ手前の話は、もう涙腺崩壊も崩壊、おれってまだここまで泣くことができたんだってくらい、嗚咽漏らしながら頬を涙で濡らしていました。

劇中で流れる音楽も文句のつけようがなく素晴らしかった。日常の幸せを追求した温かい癒しの曲。綺麗で少し切ない心に響く曲。どれもARIAの世界と完璧に調和していました。サントラは珠玉の逸品。

生きていくのが辛くなったとき、きっと支えになってくれるはずの作品です。特に自分は、灯里とアリシアさん、この二人の在り方にとてつもなく感銘を受けました。最終話を見終わった後も、この二人の存在は自分の心の中に居続け、現実社会で落ち込んだり壁にぶち当たった時は、優しく慰め、そっと励ましてくれるような・・・なんて、恥ずかしいセリフ禁止!(作中ツッコミ)

一期から合わせると全部で52話という、思い返せば長いものだったけど、凄く愛おしくて宝物のような時間でした。

タント・グラーチェ。この作品に出会えた全ての素敵に感謝。癒やされたい、大切なことを思い出したい人におすすめです。

ARIA The ORIGINATION Navigation.1 [DVD]
メディアファクトリー (2008-04-25)
売り上げランキング: 53,495
関連記事

この記事へのコメント

アリア

タント・グラーチェ、(たくさんありがとう)
視聴お疲れ様です

2014年08月16日 04:42:18

紅茶

>>アリアくん
!!!! 珍しいお客さんだ!! ようこそヽ(^o^)丿

実はまだOVAが一話残ってるんだけど、あまりに感極まった為に感想書かずにはいられなかった(笑)
ARIAを見ることができたのは言わずもがな、アリアくんの影響がとても大きいから、特別感謝してるよ。タント・グラーチェ! うん、ARIA的にはこっちの方がいいな。本文の最後部分も書き直しておこう。

2014年08月16日 14:31:41

トラックバック

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク