相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

KSL Live World 2013 way to the Little Busters! ~Refrain~@ディファ有明. ライブレポ







去る9月16日に、「KSL Live World 2013 way to the Little Busters! ~Refrain~」を観に、ディファ有明に行きました。






物販はパンフだけ買えればいいなと思っていたので、
わりとのんびりと現地に向かい、17時半頃に到着。
パンフと鈴湯さんのファーストシングル(これ急遽販売決定したそうね)を購入し、
その後は開場時間まで友人と空を見上げながら、
有明の周りをぐるぐると歩いていましたね。

いやはや、昨日の夕焼けはほんと溜息を漏らしてしまうほど、綺麗だった
ライブ前にいいもの見られたなあ…と、ちょっぴり気持ち温かく、幸せな気分になり、いざ入場。

以下、簡潔な(大嘘 全部で6605字))ライブレポートです。
セットリストには、アニメ「リトルバスターズ!」ではまだ流れていない曲が多数入っている為
ネタバレを食らいたくないアニメ組は、ブラウザバック推奨です。









幕開けとなる第一曲目が「じゅぴにゃー」とは、これ予想出来た人、誰一人としていないんじゃないか…?(笑)
スクリーンには歌詞と鈴が映り、皆で合唱するものの
この時点ではまだ大体の客がじゅぴにゃーという選曲に相当意表をつかれたのか、
イマイチ盛り上がり切れてない、動揺した様子だったけど
続く「鈴の密かな恋の唄」と民安さんの「KSLライブ~略~ミッションスタートだ!」の宣言で、
気分は日常からライブモードに一気に切り替わり。
皆ハイテンションシンドロームでしたね!

自分の後ろにいる方が、合いの手バッチシで、素晴らしいなオイと感心していた(笑
あの曲、軽くクラップや振り真似やレスポンスがあるから
全部をバッチシ熟すのは、これが案外大変なんだよね。

MCで民安さんが、歌っている最中ずっと隣で踊ってくれていた、二人の猫コスダンサーを紹介。
「(彼女たちは)ダンサーではない、ニャンサーだ」と言うと、間髪入れず名言SEが流れる辺り
細かいところもちゃんとファン配慮してんなーと、妙な感心をしていました(笑

3曲目、そして民安さん最後の曲「Mission:Love sniper」は
言わずと知れた鈴のテーマ曲のボーカル版で、
こういう方向性に特化したKeyサウンドはほんと珍しいよなあと思いながら
その電波的なノリに、夢中でサイリウムを振っていました。

上3つが全てセトリに入っているのは、何気これが初なんじゃないか?と
今回みたいな時じゃないとなかなか聴けないレアなセトリが、素直に有難かったですね。

それにしても民安さん、冗談抜きで可愛くて驚いたなあ……(笑)
今までも何度か生で見たことあったけど、この日の彼女は今までのどれよりも可愛かった気がする。私的に。
特に最後(全員合唱)のメガネを外した時の姿は、普通に鈴並にかわいかった。

「ピクルスをおいしくするつくりかた」をすずきけいこさんがしっとりと歌っている最中は
全員掛け声入れず、真剣に聴き入っていましたね。

ただ、自分の記憶では確か、サイリウムを青かピンクにするかで皆少し迷っていた感があったような(苦笑
曲の雰囲気でいえば、落ち着いた青色が適しているんだけど、
佳奈多だからピンクもありじゃない…?っていう
まあ統一しなきゃいけない決まりなんてないので、どっちでも大丈夫なんですけどね。
ちなみに自分はピンク、友人は青を振っていました。

そうそう、今回すずきけいこさんが歌ったピクルス(略)は
パンフレットに付属された特典CDのアレンジ版でしたね。

アレンジを手掛けたのがキネティックノベル大賞第一回で準大賞をとった「しょうゆ」さんという方らしく、
なんともまあ、あの「クドリャフカ、醤油とって」っていう名言か迷言か分からない、佳奈多のセリフと奇しくも共通点があり、
「しょうゆさんに(私の曲を)アレンジしてもらったのは運命だと思っている!」と、すずきけいこさん感激していましたね(笑

「raison」はやっぱり格好良いなあ。
曲名通り、クールで理性的で。ピクルスとのギャップが気持よかった。
私的にリトバスの中では、小毬ちゃんの次に佳奈多が好きです。(唐突)

すずきけいこさんの出番が終わり、退場すると、
殺伐の権化たるMAEDA-JUNEのビデオレターがスクリーンで再生されてw

AB!製作に忙しいので、今回は参加できなかったけど、折角のビデオレターなので、なんか唄うとかいいだして(笑)
まさかのCrow Song熱唱に冗談抜きで爆笑してましたw
それも、Aメロの一番最初を歌い出した瞬間に映像が早送りされ、ぎゅんぎゅん巻かれ、(曲が長すぎるからとか笑)
二番からようやっと、ノーマル速度で再生されたっていう。
でも、このままアウトロまで巻かれるじゃないか…?と、少し危惧していたのでちょっと安堵したw

Crow Songはほんと、反則的なまでにライブ映えする曲だと、聴く度にいつも実感するなあ。

麻枝 「find a way ここからー」 観客 「「「find a way ここからー!」」」
麻枝 「found out 見つけるー」  観客 「「「found out 見つける」ー」」
といった、Crow Song恒例のコール&レスポンスを麻枝さんと出来て(ビデオ越しとはいえ)くちゃくちゃ楽しかったし、

あと、麻枝さんともう一人、相棒とでも云うべき?(笑)人が同じくギター弾いていて
お互いメチャクチャ楽しそうに
お前らいくつのガキかってくらい、飛んだり跳ねたり荒ぶったりのギターパフォーマンスが観られるわ

最後には、何年も走ってなかったオッサンがある日いきなり全力疾走をし、
死ぬほど疲れ果てたかのような顔で別れの挨拶していたのが最高に笑えたし、元気を貰えた。

軽くキスした時は\(^o^)/となったわ!(笑)
本当に最高のビデオレターをありがとう!

そんな相当濃いビデオレターの後は、
私的にこの日一番楽しみにしていた、新譜「Boy’s be smile」を鈴湯さんが歌い始めて。

緊張と、まだまだ駆け出しということもあって、途中声が続かなかったり
思うように出ていないなと、感じる部分はあったけど、
兎にも角にも、凄く一生懸命に歌っているのが伝わって、それがやはり好感持てましたね。
今後どんどん経験積んで、一人前の歌手になっていけるといいなあ、と
自分も陰ながら応援していきたいです。

「ひとりじゃ寂しい」「だから手を繋いんだんだっけ」
という、最初のフレーズは印象深く残っているんですが、
曲の一部が聴ける例の新PVはもう気が狂うほど(少し盛る)何度も何度も聴いていて
そして今日、やっと、やっとフルを聴けた……!!っていうカタルシスが最高に気持よく
恍惚としていたので、その他の部の歌詞をを全然聴き取れなかった(覚えられなかった)のが残念極まりない;;
でも、とにかく期待を裏切らない良曲でした!!

MCは鈴湯さんとMANYOさんの二人で進行し、
MANYOさんを見るのは自分、この日が初めてだったんですけど、
思いの外気さくそうな方だったので、おおっとなりました。
もう少し、堅い感じの人かと勝手に思っていた(笑

全年齢版のリトバスを、流行しているリアルタイムにプレイしたとか
パンツのCGがどうとかヲタトークをする鈴湯さんは、次にもう一つの新曲
「目覚めた朝にはきみが隣に」を披露。

タイトル的に「目覚めた朝に」を、これまたボーカルアレンジした曲なんだろうなと予想はしていたものの、
普通にミスリードの可能性あるし
真相がずっと気になって仕方なかったんですが
いざ昨日聴いて、ああ、これはまごうことなき「目覚めた朝に」だなと確信。

原曲からして大好きだった自分には、もう有難すぎる求心力抜群の曲で大満足でした!
二曲目で緊張も少し緩和されたからか、声もバッチシ出ていましたね!

以下、穴だらけながら、所々覚えているフレーズを書いてみたり。
スペースが開いているのは、前後に繋がり無い(ハズの)詞。






どうしてあと一つヒットが出ないんだろう


君も同じくらい強くなるだけだよ


そんな弱い僕が


笑ってよキミは


失ったものはたくさんある


覚悟は出来ている
そのはずだった


(2番サビ)
でも僕は進む
ガムシャラでいいから
首が裂けても
夢中で掴むよ


(ラスサビ)
でも僕は信じる
ゴールはもうすぐだと
その時はキミにも頑張ってもらうよ


今覚悟が出来て
広がって輪と去っていくこの運命
絶対忘れたりしない


(ラスト)
~な君は以前より少し大人に見えるよ







首が裂けてもとか、
広がって輪と去っていくとか最早間違っている自信しかないけど
まあ、私はこういう風に聴こえた気がしたっていうだけで
(そもそも曲に熱中していて歌詞なんて覚えられるか( `д´⊂彡☆))Д´))
誰か違う風に聴こえたという方は是非コメントを。

ちなみにこの曲は理樹視点の、理樹と鈴の歌と見当つけている人多く見かけますが、私も同意見です。

そんな鈴湯さんのニューシングル(新OP収録)は、10月23日に発売ですね。
本編放送同様に待ち遠し過ぎます。
A面とB面で好みが別れたりしそうな、どうだろう。

ここからはずっとRitaさんのターン!
私的に、KSLアーティストで煽りが飛び抜けて上手いのがRitaとLiSAだと思っているんですが
相変わらず、客を煽って煽って盛り上げて、会場を沸点まで連れて行きましたね。

「Little Busters!」は皆叫んでジャンプしてサイリウム振りまくって。
間違いなく、ここまでで一番王道的に盛り上がったパートだと思う。
(殺伐レターは反則過ぎる笑)

この日の為に、折戸さんがわざわざアレンジしてくれた「Song for friends」は
ドッシリとしたバンドサウンドになっていて、心身共に響かされました。
この曲、歌詞もまた沁みるんだよなあ…。

「遙か彼方」で一気に会場はクールダウン。
Ritaさんの、痛み入りながら歌い上げる表情が印象的でした。

数十年に一度の大雨だとかで
+風も非常に激しく、その影響でイベント第一部は中止になったり
正直、朝から気分が滅入って仕方がなかったんですが
こうして無事、二部は開催することができて。

台風一過の晴天/夕焼けもそうですけど、やっぱり「雨のち晴れ」だなあ、と。
Ritaさんも歌う時に『今日にピッタリの曲』と、コメントしていましたね。

雨のち晴れはいつかコーラス部分を会場全体で熱唱/合唱してみたいなあと、
ファンながらずっと夢見ていたので
それがついに叶い、感無量でした。我、成仏不可避。

といいたいところだけど、最後の最期に若干グダった感があるのが、ほんと惜しいなあと・・・!
まあ、コーラスでフェードアウトしながら〆るなんていうテクは、前もって練習しない限り難しいんだけどね・・・!
次歌う時は絶対、綺麗に歌い終わりたいと決意を胸にした瞬間でした。
まあ一人で決意したって仕方がないんだけど!(苦笑)

Ritaターンが終わると、折戸のビデオレターがスクリーンで再生。
後ろで淡々と流れるリコーダーの演奏がシュール過ぎたんだが
折戸さんがそれについて一切言及しないのが更に笑いを誘った(笑)

折戸の紹介で、北沢さんが登場し、新ED「君とのなくしもの」を披露。
これもまた既存BGMをボーカルアレンジした曲なのかなと耳を研ぎ澄ますも、そんなことはなかったぜ!(笑

オーソドックスに心惹かれるポップな曲で、これは普通に人気出るだろうなあーと思うも、
折戸曰く、今日披露したのはこれまたバンドサウンド用にアレンジしたもので
原曲はとてもエレクトロかつ、ダンサンブルだそう。

果たしてリトバスの、RefrainのEDに合うのか、楽しみもあり少し怖さもありますが
それはさておいて、二曲目「僕らの旅」が思っていた以上にライブで通用する曲で、純粋に聞き惚れていました。

北沢さんは今日凄く緊張しているとか言っていたけど、
正直、そんな様子全く分からないほど、力強く見事に歌い切っていて。

それとCD音源からじゃ想像できないくらい、実際はもっと声量があって
なんか、ますますこの人のポテンシャルに期待持てた日でした。
人となりも実直な感じがあって、非常に好感抱けるし、今後もずっと応援していきたいアーティストですね。

「オーリート!オーリート!」の折戸コールが場内に木霊し、本当に折戸出てきたのは吹き出しました(笑
ビデオレターなんの為に用意したんだよ!っていう(笑

北沢さんのニューシングル(新ED収録)は11月6日発売ですが
どうやらカップリング曲が、すこぶる格好良いらしくて。(北沢&折戸談)
こっちがEDでもイケるんじゃないか?ってくらいらしいです。(編曲はMint Jam)
残念ながら、今日聴くことは出来ませんでした。

「いかんいかん、これを歌うの忘れていた!(すっとぼけ)」
「皆跳ぶ準備は残っている!?」
「まだまだ体力は残っている!??」
「前の方―!!後ろー!!!」
とRitaさん再度登場、するや否や煽り煽りレスポンスを求め、全員が高ぶったところで「Alice Majic」のイントロが鳴り響き
この日、「Little Busters!」と同じか、それ以上にテンションはち切れたパートに突入。
間奏のギタソロには痺れまくりました。これは男でも惚れる(確信)

アンコール。
しかしなぜか途中から折戸コールに変わっていき。(お前ら隙あらばすぐ折戸を呼ぶのな笑)
しかし、「Saya’s Song」のイントロが聴こえ出すと
一瞬でシンと静まり返るその単純っぷりが、なんか面白かったです。

Liaさんの上手さ/安定さ/素晴らしさ等々はもう言わずもがな。筆舌に尽くし難い。
しんみりと聴き入っていました。

Liaさんは本来シークレットゲストだったそうだけど
本人はその事情を全く知らなく、危うくTwitterとかで普通に漏らすところだったと(笑
しかしシークレットだったら、パンフもそれなりに工夫施さないと意味が無いよなあ(パンフバレした)

彼女が登場するのはサプライズ、としてはやや弱かったけど
本当のサプライズは、二曲目の選曲で。
これはRefrain第6話で挿入歌として流れるとか言うや否や、「Hanabi」を歌い出した時は、
この日一番の驚愕を味わいました。

Hanabiをアニメで流そうと最初に提案した人は誰なんだろう。

最後、ぞろぞろと出演者がステージに集まり
「さあ、一体最後何を歌って〆るんだろう?」
「残っている楽曲で、可能性高いのは、jumperか?」
「いやだけど、既に通常版歌い終わってしまったし…」
みたいな感じに、興奮でまともに働かない頭をぐるぐる回転させていると
Liaさんが、最後はクドの曲を歌いますとか言い出して。

「こpqwpjgぽあjpっがwかーーー!!!?」(声にならない超どよめき)
って、場内がわっとどよめいて。
いや、そりゃLiaさんのone’s futureは聴いてみたいけど、え、マジで???
と考えていたら、皆の考えを察したのか、Ritaと民安さんが
「そっちじゃないよ!」「ここでone’s futureは無いでしょ!」ってツッコんで。

そっちじゃない…? あっ(察し)って感じでしたねw

そんなこんなで「星屑」を全員で合唱。
一番のサビは、楽器に歌声が押され気味であまり聴こえなく、
だ、大丈夫かな…と心配になったけど、そこから何とか巻き返して、
最後は確りとした迫力ある合唱で、堂々のフィナーレを飾りました。



一時は本気で開催中止を覚悟した
KSL Live World 2013 way to the Little Busters! ~Refrain~ですが
こうして無事最高のライブをやり終えることができて、本当によかったです!

鈴湯さんと綾香さんの二人を、新たなリトバスファミリーとして迎え入れ
新旧両方の味を楽しむことができたライブ
久々に思いっきり叫び、ハシャギ、元気を貰えた一夜になりました。
この日関わったすべての人たちに、感謝を!
お疲れ様でした!





セットリスト
01.じゅぴにゃー
02.鈴の密かな恋の唄
03.Mission:Love sniper
04.ピクルスをおいしくするつくりかた
05.raison
06.Crow Song
07.Boys be smile
08.目覚めた朝にはきみが隣に
09.Little Busters!
10.Song for friends
11.遥か彼方
12.雨のち晴れ
13.君とのなくしもの
14.僕らの旅
15.Alice magic
(アンコール)
16.Saya'sSong
17.Hanabi
18.星屑


「ミッション・コンプリート!」

関連記事

この記事へのコメント

お疲れ様です♪
ライブ楽しめたみたいですね!

※フラグ立ててたので心配していましたが無事帰ってきたみたいでよかったw

2013年09月18日 09:59:43

紅茶">

紅茶

>>雨さんへ
>お疲れ様です♪
>ライブ楽しめたみたいですね!

雨さん乙ありですーっ!!ヽ(*´∀`)ノ
メチャクチャ楽しみました!笑

>※フラグ立ててたので心配していましたが無事帰ってきたみたいでよかったw
まだ死ぬわけにはいかない!( -`д-´)キリッ

2013年09月28日 15:56:06

トラックバック

万華鏡世界 - 2013年09月20日 00:15

KSL Live 行ってきました★

「KSL Live World 2013 way to the Little Busters! ~Refrain~」 まったりいってきました★ 詳細なレポは他のサイトさんのレポ見て下さい(笑)。 私のはどっちかというと日記みたいなものです(^^;。 VisualArt's 20th ビジュアルアーツ大感謝祭 LIVE2012 in YOKOHAMA ARENA ~きみとかなでるあ...

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク