相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

めだかボックス 第159箱 「不知火半袖って」 感想 茶心院さん可愛い←強引すぎ

みんな「不知火半袖って......誰?」
めだか「覚えていないのか!?」
めだか「あ、安心院さんは!?」

mdk_159_3.jpg

安心と安定の安心院さん。相変わらず美しいです。
お茶を入れてる安心院さんなので、この場合茶心院さんと呼ぶのが適切なんでしょうか。
....どう考えても強引なんだけど、字的にはいい感じなのがアレ。
PS.この『茶っ』っていう擬音がじわじわ来ます()


うん、今週の新章への導入の仕方は結構良かったと思う。

いきなりまた新しい敵が襲い掛かってきて新たな話がはいスタートするんじゃなくて、今までずっと一緒だった不知火の存在が文字通り消える&皆の記憶から"なかったことにされている"ということだから読んでいて取っ掛かりやすかったし凄くワクワクできた。

そういえば当事者でない善吉が不知火のことを忘れずにいられたのは、きっと思いの強さが他の人達に比べて段違いだったからでしょう。
元来、大嘘憑きはそういう思いの強いコトをなかったことにはできない傾向があるからね。

img0412.jpg

新章は不知火に関わるお話。
彼女の素性・能力は連載初期からずっと気になってたから今回の章は結構期待できそうだぞ(フラグ)
....それにしても、彼女を見ていると化物語の撫子や羽川を思い出すのは自分だけでしょうか。
いや、性格や見た目は勿論まったく違うんですが自分の好きな人を他の人に奪われたっていう境遇が似てる。要は失恋。
「正義と違って愛は必ずしも勝たなくていい」なんてことを以前半袖は言ってたけど、やっぱり彼女も本当は善吉と付き合いたかったんじゃないかなぁと思う。だから彼女は善吉の想い人であるめだかちゃんのことが最初から嫌いで、めだかちゃんも善吉といつもイチャイチャしてる半袖のことが本能的に嫌いだったんだと思う。(勿論、家柄の関係もあるけど)

「立つ鳥跡を濁さず」と言ってみんなの記憶から自分のことを"なかったこと"にしようとしたのも、恋愛漫画でよくある「.....私のことはどうか忘れて下さい」というのを彷彿とさせた。

そう考えると今回の章は結構な色恋沙汰になりそうな予感がするんですが気のせいでしょうか。
あ、気のせいですね()

何はともあれ、今後の展開が楽しみです。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

犬哭啾啾 - 2012年08月27日 22:45

めだかボックス 第159箱「不知火半袖って」 感想

前章でめだかちゃんに結婚宣言を受け取ってもらった善吉くん学園に戻って 婚前交渉は嫌よ>< と言うのが理由らしいです。 うわーい面倒臭い∩( ・ω・)∩

URL :

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
全記事表示リンク
ブログ内検索