相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

文乃さんと恋人疑惑/ぼくたちは勉強ができない 問24 「果敢なる天才は[x]の流説に抗う」 感想

bk24_1_cc.jpg

前々回、先生の家に行ったことを話すと超絶焦りまくる文乃さん(;´▽`A``

あんなに美人な女性の家に、先生とはいえ、一人で上がり込んでしまったことを理珠ちゃんやうるかが知ったら、大変なことになってしまうのが目に見えていますからね笑

進化するトレース技術/食戟のソーマ 第224話 「ストロボ、輝く」 感想

sk224_1_cc.jpg

1727201707244.jpg

中華料理に、茶葉を『燻製』で活かすとは!!
計ったなクーガー先輩(≧◇≦)!!

強さの理由。/ゆらぎ荘の幽奈さん 第72話 「コガラシ、ちっちゃくなる」 感想

yr72_1_cc.jpg

25806052017.png

おねショタキタ――(゚∀゚)――!!

女将さんのコレクションとこゆずちゃんは、トラブルの発明品並みにハプニングを起こしますね笑 ただ、単に身体がショタ化するだけでなく、記憶まで幼少時代に退化するとは予想外でした!

最初は、ちっちゃくなったコガラシを見て「可愛い」とドキドキしていた幽奈も、記憶のない彼に邪険にされてショックを受けて><それを見ているこっちも、普段の仲睦まじさをよく知っているだけに、胸がズキズキ><

女装する炭治郎たち!/鬼滅の刃 第71話 「遊郭潜入大作戦」 感想

km71_1_cc.jpg

そしてもう一度言う
俺は神だ!!


km71_2_cc.jpg

派手を司る神…
祭りの神だ


km71_3_cc.jpg
194520170718.jpg

ツッコミが 追いつかない!

「自分は神だから!」と連呼する上司に、「どんな神様でしょうか」と実直に尋ねる部下A、さらには「俺は山の王だ」と張り合う部下B ああ、これが天然の恐ろしいところ・・・!善逸、いろいろとツライだろうけど、頑張れ!!

ただの、学生の呟き。

193420170723_c.jpg

(ネットに配布された、たくさんの授業資料を確認する学生)

前期は、ほとんど就活に専念していたので、ロクに授業に出席できませんでした。したがって、前期に受けられる試験は、たったの三つ。うち一つは、ほぼほぼ単位確定といっていい出来。もう一つは、単位がもらえる可能性は半々といったところ。

最後の一つは、これから受けるのですが、正直厳しいです。何が厳しいかって、最後の授業を勘違いで欠席してしまったんですよね・・・/(^o^)\休講かと思ったら、普通にあったという。これのせいで、試験内容に関する話を全く訊くことができなかったので、どういったことを出題するのか、記述なのかマークなのか、論述文はどのくらいのボリュームで出るのかなど、一切が分からないという。ネットで配布された資料も量が多くてむつかしいですし、現在の気分は、敗色濃厚の戦いに赴く兵士のそれです。

卒業までに必要な単位の数を確認すると、あと10で、前期は、最低でも、2単位は手に入るはず。そうすると、後期で8単位を獲得する必要があると。卒論が4なので、残り4単位を通常授業で得られなければならない。

「ハイ、キミ単位が足らずに留年ネ!内定取り消シ!」という可能性は、後期きちんと出席すれば低いですけど、1%でもある限り不安は絶えないです。

ところで、そんな大事なときに、ブログなんてやっている暇あるのか?
ごもっともです。しかし、人間は、というか自分はアホなので、試験直前だからこそ何か別のことにかまけて気を紛らわせたいんですよね。ああ、文字に書き起こすと、現実逃避以外の何物でないことが明確で、みっともない・・・!

ちょっとホームセンターでスコップでも買って、穴を掘ってきます。

※完全に、ただのうっぷん晴らしの、低俗な呟きなので、今回に限ってコメントは非設定にしておきます。

2017年7月16日~7月22日 まとめ

ここのところ、病的なまでに、寝ても寝ても眠くて仕方ないです・・・。




ツイッターをやって衝撃を受けたことのひとつ。それは、加々美様のアカウントが存在していたこと:(;゙゚''ω゚''):子供の頃から、アニメの遊戯王が大好きだった自分には、原作者と同じくらい神のような存在です。



イカ2やりたいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!けどスイッチどこにも売ってないよおおおおおおおおおおおお( ;∀;)( ;∀;)!!!!





わしもじゃ(≧▽≦)!!!

ここ数週間に行った、ブログのカスタマイズを列挙。

22490721_c.jpg

ウイ。時間も少ないので、機械的に簡潔に述べていきます。

目と耳を疑うラストシーン/ようこそ実力至上主義の教室へ 第2話 「才能を隠すのにも卓越した才能がいる。」 感想

214320170720_c.jpg

「も…」
「嫌」ガチャッ ツーツー

どれだけ、桔梗ちゃんと仲良くなりたくないのか(;´Д`A ```

※原作組ですが、アニメ組のことを配慮して、先の展開バレは控えるように書いていきます。したがって、あのキャラの描写に関しても、ここでは伏せますことをご了承下さい(_ _)

『PageSpeed Insights』が23点と最悪の結果だったので、61点まで改善しました。

s_20170719190501_c.jpg

222220170719.jpg

点数低すぎワロタ\(^o^)/

それは、身を焼く呪詛。/君に愛されて痛かった 第4話 「声」 感想

また
また始まった
いっつも突然現れて
聞きたくなくても
聞こえてくる


kai4_2c.jpg

今すぐこのページの向こうに駆け込んで、助けてあげたい。゚(゚´Д`゚)゚。

今週は、前回の引きのちょっと前から、かなえちゃん視点でスタート。なぜ、寛くんに抱きしめられることになったのか、その経緯が明らかになります。

道を歩き、人に見られると、はたして自分は変な風に映っていないか?惨めな存在だと思われていないか?不細工と嘲笑われていないか?など、ドス黒い不安に苛まれたことがある人って少なからずいると思うのですが(自分に自信がない人は、特に)かなえちゃんも、今までのトラウマから、そういった疑心暗鬼状態に、ふいにスイッチが入ることがあるようで(__)

脳内に濁流する呪詛は、実際に過去に言われたことと妄想と、ない交ぜになってそうですよね・・・。

よく言う「自意識過剰」という言葉。これで簡単に治められたら、どれほど楽なことか(+_+)

ちなみに、冒頭にぶつかった女の子二人組は、『ヤンキーJCボコボコりんっ!』のキャラのようですね。

『鬼滅の刃』を読んでいる方の男女比を、ツイッターアンケートしてみました。


20120170717.jpg

人生で初めて、ツイッターのサイバーな機能である「アンケート」を活用してみました\(^o^)/

主観的に、鬼滅の刃はツイッターを見る限りでは、非常に女性ファンが多いイメージでしたので、実際はどうなんだろうと、今回調べてみました。昔は、こういうとき忍者アンケートなどを使うしかありませんでしたが、ツイッターでも出来るようになって、便利な時代になったなあと\(^o^)/

最終的な結果は、7月19日に明らかになります。

今のところ票数14のうち、男性29%女性71%となっていて、やっぱり女性読者多いな~と・・・!

ツイッターをやっている鬼滅ファンの方は、ぜひ投票していただけると幸いです(^^)

ツイートピックアップ6(2017年7月1日~2017年7月15日)

ぐだぐだ過ごす連休も乙な物じゃのう・・・。



アンケート調査すると面白そう。ちなみに、自分も不安に感じるタイプです。




茶々「それなっ☆」



はぁ~~~~~~~~~(*´Д`)

ヒロインの寝相問題/ぼくたちは勉強ができない 問23 「天才たちの花園に[x]は不可欠である」 感想

19322017_ccc.jpg

女子のパジャマパーティー(兼勉強会)に男子が単独突入!
⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡ズサー


しかし・・・三人ともビックリ焦りつつも追い返すことはせず、一緒に勉強しようと受け入れるところに、彼女たちからの信頼っぷりが伺えますね〜。

連帯攻撃/食戟のソーマ 第223話 「フィールドを超えて」 感想

sk223_1_ccc.jpg

ようやく、連帯食戟ならではのチームプレイ要素が出てきました(`・ω・´)

美作のパーフェクトトレースは、味方の場合、影分身みたいなものですよね。自分の思考をそっくりそのままコピーして、次に必要なことを把握し、動いてくれる。勿論、美作自身対戦相手がいるので、サポートをしまくれるわけじゃないですが、仲間としては非常に心強い存在だろうなあと。

「チームメンバーの調理をサポートすることができる」・・・このルールによって、通常の対決では勝つのが困難なカードも、番狂わせが起きる可能性もあって。

「今のままじゃいつまでだって俺には勝てないーーって思うよ」とスカしてくる食卓の白騎士には、クーガー先輩が、ぜひとも痛いのを一発お見舞いしてほしいです。やられっぱなしが、一番男のプライドに触りますからね。

別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう? Yes!

働くかるら様/ゆらぎ荘の幽奈さん 第71話 「ラブラブバイト大作戦」 感想

yr71_1_c.jpg

てっきりマトラ回かと思いきや、かるら様がウェイトレスになってやってきたあああああああああ(≧∇≦)!!!
NEXT≫
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)