相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

ToHeartが、20周年を迎えたということで。

23020401.jpg

おめでとうございます!自分は、世代ではないのですが、TLがお祭り騒ぎになっていてトレンドにも入る勢いで面白いです\(^o^)/



22430523.jpg

ちなみに、自分が萌え作品に足を踏み入れるキッカケとなった作品が、後続のToHeart2です><

人生で初めて二次元で恋した女の子は、画像の子です。十波由真という少女です。今だったら、委員長とか優希を選んでそうなんですが、当時は由真が自分のハートを瞬殺しました。

容姿もセリフも態度も、何もかもにゾッコンでした。終盤の仲違いや、窓ガラスのシーンは、切なさでリアルに吐き気を覚えながら読み進めていました。今やってみれば、なんてことないじゃないかと普通にプレイできると思うのですが、やっぱり最初の萌えゲーということで何もかもが目新しかったんですよね。世の中には、こんなに素晴らしい世界(二次元/萌えゲー)があるのか!と感動したものです。

そのあと、D.C.2をプレイし、CLANNADをやり、多くの作品に触れ、いろいろと手遅れになって今に至る感じです\(^o^)/

ぼくたちは勉強ができない 問15 「浴場にうだる天才は[x]をさらける」 感想

bk15_1.jpg

既成事実がデキテシマッタ:(;゙゚''ω゚''):

未遂じゃなくて、本当にリップキスが成功してしまったようです。初めてがダイブからのキスって、一生忘れられないな。歯と歯がガチンとなって痛くなかったのかなとかいう生々しい話は置いておきましょう。ロマンがなくなる!

食戟のソーマ 第215話 「肉厚は正義」 感想

23430521.jpg

ジュリオ先輩GJ(゚∀゚)!!!

どうしてもメタ的に見てしまうと、本気を出す一色先輩に勝てるわけがないとか、負けてもキャラ的に誰も不幸にならないでしょうとか、料理以外の部分で勝敗の行方を考えてしまうのですが、彼の出した料理「カピトーネ・イン・ウーミド」と呼ばれるトマトソースとうなぎの組み合わせはメッチャ美味しそうですし、アンさんを見事露出かつバストアップさせたりと、とても良いキャラをしてるなと\(^o^)/

寧々さんに続いて、一色先輩をライバル視しているというのも面白いですよね。こういう、「誰か」に負けないために死にものぐるいで頑張ってきた人というのは、少なからず応援したくなる気持ちが湧くというもの。

とは言っても!やはり、一色先輩の一品は非常に楽しみです。24巻まで来て、ついに真の実力を披露ですからね。次回注目です。

ゆらぎ荘の幽奈さん 第63話 「かるら様 VS 幽奈さん」 感想

yr63_1.jpg

やっぱりコケシのまま結婚させられるんか・・・(゚Д゚;)

世の中には、抱き枕と結婚する猛者がいますが、見た目的にはこちらも負けてないアブノーマルっぷり\(^o^)/

それにしても、何だかんだ、やはりかるら様お美しいですよね。衣装とか、この日のために相当考えてきたんだろうなぁ。ここまで幸せそうな顔をしていると、式に横槍を入れるのが申し訳なくなってきますね。あれ、こっちは被害者なのにおかしいぞ:(;゙゚''ω゚''):

鬼滅の刃 第62話 「悪夢に終わる」 感想

km62_1.jpg

いろいろと間の悪い鬼だったな・・・(´・ω・`)

結果的には、柱が来る前にたらふく人間を食べておけば今より大分パワーアップできましたよね。乗客200人を人質にしたときは、これは大変なことになったぞと思ったのですが、思っていたより攻撃の手が緩やかだったり、煉獄の兄貴がLv99の動きをしてくれたり、善逸や禰豆子や、各々が自分の力を活かすことで見事に敵に刺さった感じですね。

この鬼の人間だった頃の残滓とかちょっと見てみたかったのですが、昔からこういう性格だったのでしょうか。

【謝罪】メールフォームの存在を完全に忘れていました・・・。

23040520.jpg

今まで送ってくださった方々に、本当に申し訳ないです。
すみませんでした。


基本的に、メールフォームに連絡をくださる方は「こんな広告をつけてみてはいかがですか?」という広告業者が多いのですが、中には、「献本しますので、ブログで感想を書いてくださいませんか?」とかいうのもあって。

せっかくそういったメールをいただいたのに、完全にスルーしてしまった事実は大変申し訳なかったです。反省しております。

即刻、メニューバーに簡易リンクを載せたり、通知が来たら自動的に特定フォルダに振り分けたりと設定し直しましたので、何卒よろしくお願い致します(_ _)

最近見た作品の一言感想。

21530519.jpg

SPLIT(映画) ★★★☆☆
解離性同一性障害をテーマにしたサスペンスホラー。ドキドキして面白かったです。ただ、設定がいくらか粗っぽいのと、オチが残念すぎたので評価は低めです。監督のファンでないと、フルに楽しめない構造は不親切かと。


君の膵臓を食べたい(小説)★★★★☆
余命僅かのヒロインと周りから孤立した主人公のドラマ。とても読みやすく、面白かったです。どうせ若者向けのお涙頂戴な話なんだろうな~と高を括っていたら、そういったガードを崩してなお胸に響くものがありました。「四月は君の嘘」が好きだったひとは絶対に感動すると思うのでオススメです。


世界から猫が消えたなら(小説)★★☆☆☆
世界からモノを一つ消すごとに、寿命が一日延びるという取引を悪魔から持ち掛けられた、余命短い主人公のドラマ。つまらなくはなかったです。ただ、平凡かなあと。もう少し突き抜けたもの、突き刺さる描写が欲しかったです。嫌いではないです。



そして、ただ今、ニコ生で放送中のレクリエイターズを一話から見ています。やっと見る機会ができました。一挙放送って有難いですね。

序盤の感想を言えば、設定は面白いのですが、個人的にはちょっと物足りないという印象です。音楽は澤野さんということで、曲が流れた瞬間あれ?ってなってビックリしました。似ている曲が多いと揶揄されがちですが、自分は好きな作曲家です(^^)

今回は辛めの評価が多くてごめんなさい。

【悲報】第一志望に一次選考で落ちました\(^o^)/

19050517.jpg

夏季インターンに参加したり、説明会や座談会はできるだけ参加して熱意をアピールしていた第一志望の企業から、このたび一次選考でお祈りメールをいただきました\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

素直に今の心境を申し上げますと、やはり、ショックです。気落ちしてしまいます。ちゃんと質問に答えることはできて、面接官の方も終始興味深そうに聞いてくれていたので、そこそこ自信があったんですけどね。少なくとも、一次選考で落ちようとは夢にも思っていなかったので、寝耳に水というか、想定外の攻撃を食らいました。筆記がダメだったのかなあ。

実は、第二志望の二次面接も昨日あったのですが「結果は一週間以内に、合格者の方のみ電話でお知らせします^^」ということを言われ、ただ実際、合格者は即日連絡が基本で、それ以外に受かった人はほとんどいないらしく、まだ連絡をもらっていない自分は、こっちも落ちたかなと・・・(._.)



楽しけりゃ笑えばいいんだろ
悲しいときは泣けばいいんだろ
虚しいときはどうすりゃいいの? 教えて 教えて




amazarashiの曲の、あるフレーズ。まさにこんな心境です。一応、内定はひとつ頂いているので無職の危機や絶望感はないのですが、かといって第一第二志望ということで、ここで自分が働いたらという将来のビジョンを何度も想像していただけに、それが見事に打ち砕かれてしまった事実は大きく。悲しいとか、泣きたいとかは全然なくて、ただ虚しいですね。しょうもない。人生ままならないなぁ。



望んだ様に生きられないなら
死んでんのと同じだ




これも、amazarashiの曲のワンフレーズなんですが、この言葉を父親に言い放ったら「そんな馬鹿な話があるか」と一喝されてしまいました\(^o^)/確かに傲慢に見える言葉かもしれないですけど、正直、ひとつの真理だと思っています。類似に、ヨスガノソラの穹の「難しい現実なんて切ればいい!」も、一理あるよなぁと。

今の気持ちを以前も味わったことがある気がするけれど、一体なんだろうと記憶を照らすと、大切に育てていたハムスターが亡くなってしまったときの虚しい気持ちにそっくりだなと思い出しました。

きっと、時間が解決してくれるんでしょう。帰りに漫画喫茶にでも寄って、しばらく世界からシャットダウンしよう。

ぼくたちは勉強ができない 問14 「林間の天才は[x]に迷走する」 感想

bk14_1.jpg

素朴な疑問なのですが、こういう勉強合宿とか、実際にやっている学校はあるのでしょうか。子供心では、イベントごとって大好きだから嬉しいですけど、わざわざ高いお金払ってやることは結局机で勉強かい!ってツッコむ大人も多いだろうなと。青春でキラキラしていて、こうやって見ている分には憧れるんですけどね\(^o^)/

食戟のソーマ 第214話 「強者たる所以」 感想

0270515.jpg

これは食戟なのよ…?
いつも通りの実力を出すだけでも神経を使うはずなのに
そんな真剣勝負の場で…
そこまで頭が回せるなんて…!?


…はぁ?なに言ってんすか
お客相手は毎日が真剣勝負でしょ
こんなことできて当然っすよ


というわけで、3対0で創真の完勝、蕎麦の風味も創真に軍配が下りました。室内が寒くなってきた云々というのをたびたび描写していたのは、このネタをぶっ込むための仕掛けだったんですね。蕎麦って、温度で風味が変わるのか。普段そんなこと全く考えないで、寒い日、年越しそばとかも普通に冷たいそばを美味しく食べていました\(^o^)/

猿も木から落ちる、弘法にも筆の誤り、いろいろと言葉はありますが、本人としてはこれ以上なくツライ敗北でしょうね。常に自分より一歩先を行く相手U一色先輩)にも、容赦なくメンタルをえぐる言葉を浴びせられるのは見ていてちょっと可哀想でした。こっちも一応、時を飛ばすほどの美味しい料理を出してんねんで(;;)

なんだかんだ、セントラルで一番好感が持てるキャラでした。最後は、自身の弱みと相手の力量をしっかりと認めて脱いでくれましたし。両者お疲れ様でした(_ _)

それにしても、薊さん、今どんなお気持ちでしょうか(´・ω・`)定食屋が買っちゃいましたよ。そして丸メガネの審査員よ、アリスたち学生が気付くことを「わからない」と言ってしまったけど沽券にかかわらないのか\(^o^)/

ゆらぎ荘の幽奈さん 第62話 「マトラ攻略戦」 感想

yr62_1.jpg

21410501.jpg

狭霧・雲雀サイドのお時間だああああああああああああああ!!!

シーンカットはなく、また「自分たちではマトラを倒せない」ということは、なんと狭霧自身も認めておりました。しかし、今回の目的はあくまでコガラシの救出にあり、敵を倒すことではないんですよね。

したがって、単純に戦っては即座にやられること必至なので、空間転移で相手を遠くに飛ばすという実に理に叶う素晴らしい戦法を見せてくれます\(^o^)/

しかし、転移が発動する前に、札の貼られた衣服を脱ぎ捨てることで回避する強敵マトラ。こりゃアカンわと即座に戦線離脱する狭霧たち。なんて素直な戦いなのか笑 ただでさえフィジカルが半端ないのに、この子も他心通の力を備えていて、相手の思考が聞こえるとか鬼に金棒が徹底しています。

鬼滅の刃 第61話 「狭所の攻防」 感想

km61_1.jpg

10190515.jpg

こんなときに言い争っている場合じゃ…争いにならないΣ!!

伊之助と協力して敵と戦うのはこれで二度目でしょうか。「命令すんじゃねえ親分は俺だ!」に対して「わかった!」と即答する炭治郎の性格よ!笑 基本的に、炭治郎って素直に受け入れる性格ですよね。しかし、コミュニケーションの衝突が少なそうなキャラかと言えば、相手の言い分を全く認めない頑固さを発揮することも時たまあって。いずれにせよ、真面目な少年ですよね。

メッセージボトル

何も面白くないのに、愛想笑いを浮かべて。全く興味ないのに、喜々とした表情を浮かべて。不幸なのに、幸せそうなフリをして。幸せなのに、不幸そうなフリをして。嫌いなのに、好きなフリをして。しんどいのに、気丈に振る舞って。頑張っているのに、報われなくて。間違っているのに、正しくて。正しいのに、間違っていて。くだらないのに、褒めちぎられて。本質なのに、見捨てられて。

世の中、あべこべです。悪因は善果に、善因は悪果に繋がるおかしなことが、往々にしてあります。道理の通らない世界です。事実は小説よりも奇なり?それは、そうでしょう。どんな悪夢も現実に勝るものはないし、現実ほど「奇」なものはないです。

こんなことを、相も変わらずに考える今日。そして、ブログに投稿します。その行為に、果たしてなんの意味があるのでしょうか。何事も表現することが大切?そうですか。

20040513.jpg 


祝!訪問者数『???』人突破\(^o^)/!!

いつもコメントや拍手をくださる方々、ありがとうございます。内定記事に、まさか、あそこまで反響があるとは予想していなくてビビりました。最近は、記事を更新するとすぐに拍手が押されることもあって、いったい、このブログは何人の需要があるのだろうと考えさせられます。

アクセス解析とか、そういうのは一切導入していないので一日の訪問者数とか、現在何人いるのかとか、全くわからないのですよね。今回は、フォロワーさんのブログの累計訪問者数が大台に乗ったということで、それに相乗りするカタチで書いています\(^o^)/

誰も読んでいるのかわからないのに、毎日ブログを書いていて楽しいのか?と思われるのかもしれないですが、自分は、この感覚がたまらなく好きです。広くて大きな海に、誰に届くとも知らない言葉を結ぶ、メッセージボトルのようで。届くか、届かないか。電子の海の藻屑となる可能性の方が、正直高いですよね。だからこそ、誰かに届いたときの喜びは、ひとしおで。

まあ、「訪問者数○○人突破しました!」とかが具体的にできなくなるのは、やっぱり不便っちゃ、不便なんですけどね。現にこうして適当な機会を見繕ってやらなくてはいけないので\(^o^)/笑 それでも、今後もこのスタイルを維持するつもりです。よろしくお願いいたします。

懇親会が終わりました。

23160512.jpg
疲れたのじゃ・・・。

気心の知れた友人なら全然問題ないのですが、初対面の、そのうえ全員目上の方たちに囲まれて飲むとか精神の疲労が半端なかったです。これも、慣れていかなきゃいかないんだろうなぁ。

正直、こんな場末のブログに何を書いても、企業の方に見られたり大事に発展することはないと思いますが、万一のことを考えて、人数や場所などの詳細は伏せます。

結果的に言えば、心配していたオワハラはなく、むしろ、「悔いの残らないように就活頑張ってね応援しているよ。だけどうちの会社に入ってくれるのが一番だし、これからも機会があればこういった場(懇親会)を設けたいと思っているよ^^」という感じでした。非常に有り難いの一言です。有り難過ぎて、裏切ってしまうかもしれないそのときが怖いです。

お酒も強制されることはありませんでしたし、料理も取り分けていただいたり、デザートも注文していただいたり、バブル期の就活ってこういうのが説明会等の時点でデフォだったのだろうかと思いを馳せてしまう、至れり尽くせり具合でした。自分程度の人間に、ここまでしてくれるなんて、なんてイイ会社なんだ(;;)よし、ここにしよう!という短絡的な思考には流石に陥りませんでしたが、非常にインセンティブが高まったのは確かです。

あんまり「疲れた」という言葉を吐くのは好きではないのですが、流石に今日だけは許してくださいと、自分自身に。本当に、大人数の酒の席ってもともと苦手なタチなのでorz

本を読んだり映画を観に行ったりして、体力と気力を充填したいです。

人事「内定おめ。懇親会やるよー^^」

21110511.jpg

\(^o^)/ME★N★DO★KU★SA★I/(^o^)\

いえいえ。
一応、自分が入りたいと思って選んだ会社なので当然無下にできませんし、早期に採用していただいた恩もあります。

ただ、正直、まだ暫くは就活に専念させてほしい気持ちも強くあるんですよね。

向こうも、そのことはある程度理解してくださっているはずなので、そんなに濃い懇親会にはならないだろうと思っているのですが、どうなんでしょう。二次会とかあるのでしょうか。オワハラとかあるのでしょうか。不安と緊張で胸がいっぱいです。

ちなみに、日時は明日の夜です。どうなることやら\(^o^)/

内々定をいただきました。

-003950.jpg

本日、内々定のお電話をいただきました。正直、こんなうつ持ち野郎が社会で活躍できるのかとか、どうせすぐ嫌気が差してニートになるんだろうとか、どうしても悲観的に考えてしまう癖が邪魔をするのですが、とりあえず、六月七月になっても内定が得られず、真夏の中スーツを装備してあくせく企業を訪問する羽目には陥らなさそうでよかったです。

いやホント、よくこんな自分を評価してくれる会社があったもんだなと驚くというか、信じられない気持ちです。面接で面白かったことがあって、それは「うん。紅茶さんは非常に物事をポジティブに考えて、努力することができる人ですね。素晴らしいと思います^^」と評価されたこと。いえいえ、ポジティブだったらうつになってないですよ!\(^o^)/精神病院なんかに駆け込まないですよ!\(^o^)/

ホント、人が人を評価するのって難しいよなと思いました。たかだか、長くて一時間程度の面接を何回かしたところで、その人の本当の姿や力を見抜けるわけがない。興信所か何かに依頼して、普段から監視するくらいじゃないと無理ですよね。

普段の姿なんて酷いものです。みんな講義はいつもスマホをいじったり寝たりサボったりして、ロクに勉強せず目先の快楽に溺れる堕落的な存在なのに、いざ就活が始まると、さも大学時代は懸命に努力したとか嘯く姿で溢れ返って。

バイトで売上をいくら上げたとか、部活で優勝したとか、留学がどうのとか、そういった自信満々にアピールしなければならない、就活とは自己を売る商売だから、イイコトを必死でアピールしなければならない、そういった風潮が、冗談抜きで吐き気を催すくらい嫌だったので(自己肯定感が極度に低い人間なので)、もう開き直って、「正直、自己PRなど、手前味噌すぎて恐縮ですが、それでも、あえて言わせていただければ〜です」「ハッキリ言って、今の世の中は~だと思っていて~」とか、とにかく、型通りの言葉で自己アピールせずに、自分の言葉で、自分がこの20数年生きて培ってきた人生観や価値観をぶつけて話すようにしたら、案外面接官の方も興味を持って話を聞いてくれて、ああ、やっぱこういう素の言葉の方が向こうとしても面白いのかなと。

就活自体は、続けるつもりです。内定をキープしたまま続けることは、褒められた行為ではないことは百も承知ですが、自分の人生に関わることですので、悔いの残らないようベストを尽くしたいなと。

それにしても、就活なんてゴールどころか、やっとスタートラインなんですよね・・・。人生、長ッ!(;´Д`)

文字バレの需要。

22160509.jpg

昔からずっと疑問だったのですが、文字バレ(あらすじバレ)ってどうしてここまで需要があるのでしょうか。ジャンプやマガジンなどの週刊誌は、発売の数日前にネットで文字バレが流れて、それを毎回楽しく読んでいる層がいますよね。その手のブログはいくつもあって、いずれも閲覧数は高くコメント数も多く、検索順位も高い。中途半端に内容を知ってしまうことで、本誌で読んだときの楽しみが半減するのではないかと危惧するのは、短絡的すぎるのでしょうか。

古くからお付き合いさせていただいている、べるんさんのブログで好きな記事の一つに「一回性」のお話があります。一回性とは、「一度しか味わうことのできない」「二度目はない」経験のことで、文字バレによって、せっかくの大切な一回性を失ってしまうのは勿体ないと思ってしまいます。

絵バレなら、理解できるんですよね。情報量がオリジナルと同じなので。ただ、文字バレはセリフを全て引用してオリジナルに劣る状況描写を文字で書き起こして、劣化も劣化、超劣化だと思うのですよね。

誤解を招きそうなのですが、文字バレで喜びを得ている人たちを否定する気は全くないです。というのも、ネタバレを食らった上で、なお、本編も十分に楽しめるというのは「強み」と言えなくもないからです。

「文字バレによって、本誌で読むときに感動が薄れる?そんなことは百も承知しているさ!だけど、一刻も早く次回の内容が気になって仕方ないんだよ!」ということなら理解できます。覚悟をしているということですから。ただ、覚悟をしていないで文字バレを享受している人は勿体ないからやめた方がいいのでは…という。

いずれにせよ、楽しみ方は人それぞれですけどね。それは魔法の言葉?卑怯?是非もないネ!!

ぼくたちは勉強ができない 問13 「天才の焦慮は時に[x]と反比例する」 感想

 21310507.jpg

どうしよう。リアクションに困るくらい、可愛いぞ\(^o^)/

今日は、通常授業はお休みで、球技大会であることを当日になって知るとか、抜けてるところがある可愛い!おにぎりを頬張りながら登校ということで、朝はパン派じゃなくておにぎり派だったりするのでしょうか。想い人の運動している姿はカッコよくて素敵に見える少女可愛い!完全に振り遅れているところをみると、成幸は運動神経はそれほどよくなさそうか。

自分は中学時代バスケ部で、男子校だったので女子と一緒にバスケをした経験は全然ないのですが、正直接触以前に、ブラ無しでうるかほど胸があってバスケで動き回るのは相当難儀だろうなと(^^;女子でもワンハンドシュートを綺麗に決めたり鋭敏なドリブルで相手を抜き去ったり、スポーツで生き生きとしてるうるか輝いてるぜ好きだぜ\(^o^)/

オチも綺麗について、たいへん美味しく、楽しいお話でした。受験どこ行ったとツッコまれそうですけど、これはこれで受験生も経験する大切な行事ですし、何より、勉強ばかり力を入れても、かえって逆効果になったりしますからね。気分展開は大事。

なお、転倒でこぼれたボールを文乃が拾って最後にシュートを決めたのと、ぜーぜー死にそうになっている緒方さんの姿もきちんと確認できました。皆Kawaii!\(^o^)/

食戟のソーマ 第213話 「可能性の器」 感想

21120507.jpg

最近、夏祭りを開いてもいいんじゃないかと錯覚するくらい暑いです(;´Д`)

ソーマを読んでいると、普段何も考えずに美味しく食べていたものについて、深く考える機会を与えてくれるので有り難いです。今回は、そばということで、そばを作るには、そば粉からということは知っていたのですが、そば粉は挽いた実の部分によって食感や風味が大分変わってしまうとは。基本的には、一番粉や二番粉を使うのでしょうか。創真は、そばを「焼く」ことによって通常失われる香りなどを3番粉を使用することでカバーしましたね。

「カップ焼きそば」から着眼点を得て今回の焼き蕎麦を創作するに至ったとのこと。カップ焼きそば(笑)と見下して終わりにするのでなく、探究心を大切にし、昔からさまざまなことに「なぜ?」と考え工夫をこらしてきた、定食屋で毎日たくさんのお客様を満足させることに努力してきた創真ならではの料理でした。

寧々さんの蕎麦とアプローチが全く違う、しかし、これもある意味日本の歴史を示していて、かつ革新さでは勝っている。純粋な美味しさでは、正直難しいところはありますが(寧々さんのはパーフェクトに美味しそう)、表現力やアイデア力、そして革新さなどさまざまな項目を加味すれば、やはり創真の勝利になるのでしょうか。最後の、「なぜこちらの品のほうが〜」は寧々さんの方を指しているのかな。風味に関しては、寧々さんの方が3番粉を使った創真のそばより上回っていたということでしょうか。

それにしても、この審査員たち、これからずっと食べてお腹大丈夫なのだろうか。そして露出が全くなくてこれはこれで新鮮。流石に、ミシュ○ンの審査員ともなれば、美食を食べてきたは数知れず、耐性はついているのでしょうか。あるいは、単にマンネリを避けるためなのk

ゆらぎ荘の幽奈さん 第61話 「夜々軍参上」 感想

yr61_1.jpg

昔、猫鍋というのがネットで一大ブームになりましたよね。ただ、身を丸めて土鍋に入って眠っているだけなのに、異様に心を癒やされるという。やはり、猫は可愛くて尊い生き物だワン!(U>ω<)

鬼滅の刃 第60話 「二百人を守る」 感想

km60_1.jpg

猪突猛進!猪突猛進!ここから先は伊之助親分の縄張りである!道を開けるがよい!( ー`дー´)

目覚めた直後にも関わらず、獅子奮迅の活躍をみせる伊之助。時たま謎の言動をしますが、やはり頼れるヤツである。報酬にプレミアのドングリをやろう!(U>ω<)

緒方理珠インパクト

22570505.jpg

言及するタイミングをすっかり見失って、今更タウンになってしまうのですが、
↑最新話のぼく勉の緒方さん可愛すぎでしょ\(^o^)/

見ているこっちが胸を締めつけられますわ!
緒方さんは、身長低くて小動物のようなキュートさがあり、落ち着いた女の子というのが魅力的ですよね。

主人公が恋愛絡みの質問責めにあっているとき、全く動じずに、勉強に集中しているかと思えば、ノートを見ると国語の勉強なのに途中から円周率を書き出す始末で笑 「落ち着け、円周率を書いて落ち着け私…!」ということか、もはや心ここにあらずか。

家のうどん屋で一緒に勉強しているというのが、こう、トキめいてしまいますよね。服がまた地味(いい意味)で可愛らしいんだ。

ぼく勉は、受験勉強を題材としたラブコメということで、いろいろと難儀なことも多いでしょうが、応援したい作品です。
というか、応援しています。

モスの『クリームチーズテリヤキバーガー』が美味過ぎる件

23450504.jpg

23460504.jpg

これヤバくないですか??( ˙-˙ )

あまりに美味過ぎて、最近はダブルを頼んでます。

自分は、もともとテリヤキバーガーの、あの濃い味付けが苦手で全然好きじゃなかったんですけど、モスのこれは半端ないです。ハマりました。世の中に、こんな美味しいテリヤキバーガーが存在したのか。人生捨てたものじゃないな。と救われるほどです。

調べてみると、テリヤキバーガーは日本発祥なんですね。ずっとアメリカ生まれかと思ってました。1973年に日本のモスバーガーが初めて販売して、進化に進化を重ねた最新版がこの『クリームチーズテリヤキバーガー』であると。

いわゆるテリヤキの濃くて甘い味付けが苦手な方も、これはイケると思います。チーズがとてもまろやかな風味を生んでいて、クドくないんですよ。そして美味しい後味も、きちんとあって。

ハンバーガーショップは、個人的にバーガーキングがトップだったのですが、この商品ひとつでモスバーガーもトップ争いに食い込んできました笑

【FGO】パッションリップを意地でも引く男。

21580503.jpg

21590503.jpg

22040503.jpg

あの後、何度か単発を引いてたら来てくれました\(^o^)/
正直心残りではあったので、非常に嬉しいです。


ああ、ワダアルコさんの絵尊い…。

これで心置きなくイベントに集中できます。

優柔不断


To LOVEる―とらぶる― ダークネス 18 (ジャンプコミックス)

23020401.jpg

「To LOVEる ダークネス」がついに連載終了を迎えてしまったということで、改めて自分はどのヒロインが一番好きだったのかと考えてみたのですが、なかなか選ぶことができませんでした。

デビルーク三姉妹、春菜、ヤミ、美柑、メア、ネメシス、ルン、キョーコちゃんなど、みんな同じくらい可愛くて個性があり、魅力的で、正直この中から一人を選ぶとか烏滸がましいと思ってしまいます。

自分は、昔から優柔不断な性格で、一番好きなモノを決められないんですよね。音楽もそうです。自分が一番好きな曲は何かと尋ねられても、正直、あの曲も大好きで毎日聴いてるし、この曲も心の支えになってるかけがえのない曲だし、と思ってしまって、順位付けが難しいです。

他にも、今までで見た/読んだ作品のトップ10を決めるとかが苦手で、「好きか、嫌いか」までは選別できても、そこからランク付けするのが苦労します。

冒頭のキャラの話で別の例を出すと、電波女のエリオとARIAの灯里、どっちが好き?と聞かれても、答えられるわけがないのです。今現在ジャンプで連載している僕勉の三人の中で誰が一番好きかというのも同様。ゆらぎ壮も正直難しい。それぞれ同じくらい、本当に同じくらい気に入っているから。

だけど、順位とか数字とかを人は好むから、「一番は、○○!二番は、○○!」と即座にレスポンスできる人間というのはどこか信頼できるというか好印象を抱きやすいのですよね。芯が通っていると見られるからでしょうか。

反対に、決められないというのは、考えていないということと捉えられがちだから、マイナスの印象を受けてしまうのでしょうか。

世の中は、黒か白ではなく、右か左ではない。多様性を認める寛容さが必要なのだ。そういう度量があって、はじめて豊かな人間になることができる。と、言葉ではいくらでも擁護できますが。正直、優柔不断から脱せることができるなら、脱したい思いはあります。

【FGO】CCCコラボに20,000円課金する男。

21110501.jpg

このイベントは本当に特別で、恐らく今後もサービスが続いていく上で、これほど自分にとって価値のあるイベントは来ないだろうと思えるほど貴重な瞬間なので、財布の封印を解きました。何だかんだ、諭吉を超える課金をするのは初めてです。

手始めに、今月分の呼符5枚でチャレンジするも案の定失敗。
10,000円を投入して4回まわします。
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
全記事表示リンク
ブログ内検索