相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

原作未読。でも、十分に楽しめた!/映画『夜は短し歩けよ乙女』 感想


20100427.jpg

先日、横浜ブルクで鑑賞してきました。ナイトショーだったんですが、やはり夜の映画は格別。人が少ないので、周囲に気を遣う必要がなく凄く自然体でいられますし、この閉じた大きな空間を自分が支配している錯覚を味わえますし、何より映画を見終わって亢奮冷めやらぬまま建物の外に出たときの夜風の気持ちよさといったら!

原作のタイトルは何度も聞き及んでいたものの、手を出していなかったので、ちょうどいい機会だという理由で鑑賞。面白かったですよ!人と人の縁のお話でしたね。大学生が主人公というのがリアリティーあって面白いです。演出はファンタジー全開なのに、やっていることは至極普通のことなんですよね。飲み比べ、演劇、古本市場、お見舞いなど。そのギャップが愉快でした。

カクテルって宝石みたいにキラキラしているという話は、思わず膝をたたきました。そうなんですよね。自分は、あんまりお酒が好きじゃないですけど、カクテルは手を伸ばしたくなる魅力があります。綺麗なんですよね。

先輩があまりにも空回りしているのは、ちょっと気の毒に思ったりすることはあったんですが、最終的にデートできる関係になって、乙女もまんざらではなくドキドキしているのが「ああ、先輩よかったね!やったな!」と笑 頬がリンゴ色に染まる乙女カワユス!天真爛漫で恋に疎かった少女が、ドキッとし始めた瞬間って素敵ですよね。そのとき歴史が動いた、みたいな衝撃があります。

入場特典も凝っていて、乙女から先輩への手紙とは、ロマンチックなことをしてくれるじゃありませんか。逆パターン(先輩から乙女)もあるみたいで、ランダムに渡されるのでしょうか。期間ごとに分かれている?

タイトルも、この物語をよく表していて秀逸ですね。

星野源の声が素人の域を越えていて、そういえばこの声どこかで聞いたことが、そうだ星野源が抜擢された作品はこれか!と物語中盤になって気付くという。多才だなあ。ちなみに、花澤さんの声は100%違和感なくピタリと合っていたと思います。原作未読が言っても説得力ないかもしれないけど^^;笑

最後に。孤独というのは二種類あって、ロンリネスとソリチュード。李白さんは、まさにロンリネスの病に冒されてしまったのでしょう。乙女の言葉で自分が多くの人間と繋がっていること、笑顔にしてることを理解して嵐が去ったシーンは、人が救われる瞬間というのはかくもと感じました。

鬼滅の刃 番外編 感想

E01.jpg

生きることの、あまりの辛さに感情の糸が切れたカナヲちゃん。

人はそれを廃人と呼ぶのですが、まさにそのような状態に。もともと貧乏な家庭だったのでしょうか。家族の描写は一切ありませんでしたが、ただひとつ、親に売られたという事実が淡々と語られて。

語り、ということはこれはカナヲちゃんの回想なのでしょうか。ラストシーンを読むと、このシーンからは想像できないほどほわほわしてしまうのですが。

しかし、清潔感の欠片もない状態で縄に繋がれてオッサンと歩かされる光景は、この世の無情さを突きつけられますね。

ゆらぎ荘の幽奈さん 第60話 「コガラシ救出大作戦」 感想

60_1.jpg

ゆうべは おたのしみでしたね\(^o^)/

コガラシのことを八咫鋼と呼んで止まない部分に他ヒロインとの違いがあって新鮮です。コケシを丸ごと挟み込める豊満さ。これがコケシではなかったらと、ハレンチな想像をしてしまうのは悪いことではなく、むしろ健全なはずです。

コガラシが関ケ原の妖怪大戦争を止めた理由が明らかにされましたが、修学旅行に行く途中の新幹線が止まってしまったからこぶし一つで止めに入ったとか、理由に比べてやっていることのスケールが大きすぎる笑 現状、コガラシがこの世界で圧倒的な強さを誇っていて匹敵するキャラが全然出てこないですよね。これから登場するんでしょうか。そういえば、師匠はいずこ。

鬼滅の刃 第59話 「侮辱」 感想

59_1.jpg

5210424.jpg

生きていることが辛い人間に幸せな夢を見せてあげる心優しい鬼かと思いきや、ド腐れ精神の持ち主でした(-。-)y-゜゜゜

まあ、誰かが苦しんでいる表情を見るとゾクゾクするというのは非道徳的ではありますが、人間ってそういう面を持つことは否定できませんよね。他人の不幸は蜜の味とかいう言葉があるくらいだし。簡単に優越感に浸れちゃうからね。苦しんでる側もそれによって幸福/快楽を感じているなら何の問題はないのですが、当然そんなことはまれで。

自分の悦楽のために平然と相手を傷つける奴は叩かれて当然。というわけで、夢鬼死すべし。慈悲はない。

ジョジョの奇妙な冒険SBR

「『生きる』とか『死ぬ』とか 誰が『正義』で誰が『悪』だなんて どうでもいいッ!!

『遺体』が聖人だなんて事も ぼくにはどうだっていいんだッ!!

ぼくはまだ『マイナス』なんだッ!『ゼロ』に向かって行きたいッ!

『遺体』を手に入れて自分の『マイナス』を『ゼロ』に戻したいだけだッ!!


主人公のセリフ。本当に悲痛な叫びでした。

ということで、ずっと途中で読むのを止めていたジョジョのSBRを、昨日と今日で一気に読み下しまして、先ほどついに最終巻を読み終えたのですが、あまりに切ない気持ちが胸の中を支配しています。

いろいろなひとの人生が描かれていて、満たされて幸せになったひともいれば、道半ばで折れてしまったひともいて、プラスがあればマイナスもある、その両方に正義が宿り、さまざまな世界が広がっている。人生はさまざまな模様になっている。

酸いも甘いも知って、その上で己の信念を貫くこと。そういったものを成長とか強さとか言えるのでしょうか。
最後、ジョニーの「家に帰ろう」というセリフの表情には、涙腺がやられました。

「私の影は、世界を覆う。」



23260421.jpg

FGOはクソ運営とか
散々叩いてすみませんでした!!!


これは大変なことになったのじゃ…。この子のために初めて課金を決意したユーザーも多かったでしょう。まさか無料配布されることになるとは。これで難民にならなくて済む。桜と一緒に冒険する夢が叶う(;;)

でも、怖いのがガチャの星5は誰になるかですよね。本体よりアルターエゴが強いとちょっと困るだろうし。
式パターン来るのか…?

あれから一ヶ月。

23390420.jpg

レクサプロとデパスを処方開始して約一ヶ月が経ちました。確かに症状は若干柔らいだ感じはするものの、心に巣食っている病魔の感覚は依然としてありますし、○にたい気持ちも消えることはなく。ただ、以前のように本を読んだりゲームができるまでには、回復したのはありがたいです。薬を飲む前は、本当に何もかも手がつかなくて、趣味に対して喜びを感じられなくなったときは、自分自身「あ、これアカンやつや」と悟りました。

今はレクサプロは10mgを二錠、デパス0.5mgを一錠飲んでいます。ブログの訪問者リストをふと眺めると、同じように精神的に苦しい思いをしている人が結構いたりして、お互いなんとかうまくやっていけたらいいですねと、他人事ではなく心から思います。

【朗報】イベントポイント満たす デッドライン直前

23530419.jpg

23560419.jpg

織田ノッブ、新選組、両陣営100万ポイント間に合ったのじゃ!
金は全然ないけど、銅と銀の林檎が大量に余っていてそれを食べました\(^o^)/

なんにせよこれでスッキリした!経験値先生の絵を普段これだけ使わせてもらっているのに全クリアしていないとか申し訳が立たないですから!

【悲報】イベントポイント足らず デッドライン近く

23500418.jpg

23520418.jpg

どうせポイントなんて適当に周回してれば余裕じゃろと高を括っていたらこのザマ!
あと15時間で24万ポイントとか林檎も僅かなので\(^o^)/オワタ

ゆらぎ荘の幽奈さん 第59話 「かるら様と秘密の部屋」 感想

23000416.jpg
22310411.jpg
さすがに、今回のヒロインを攻略するのは不可能なのじゃ…?
ただでさえ、親の仇だと恨まれとるし…。
登場する子、みんな惚れてくれるとは限らないのじゃ。
心苦しいが、それも現実。
甘んじて、受け止めようぞ。




22310416.jpg

23540326.jpg

はい既に墜ちてたああああああああああああああああああああああああああああ!!!

こっちのパターンで来てしまったか!これはこれで!むしろよし!皆の前でずっと厳しい態度をとっていて、さも堅物で隙のないキャラかと思いきや、主人公と自室に戻るやいなや、ラブラブの本性を顕すこのギャップ\(^o^)/

想い人の写真やグッズで部屋が埋まっていたり、しょっちゅう監視していたり、二次元であってもなかなかに迫り来るものがありますが、一途な想いというのが伝わっていいですね!(懸命なフォロー)コップとか抱き枕ってどうやって作るんだろう。生成術で何とかなるのか。

それにしても、この子学生だったんですね。言われてみれば、確かに制服でした。扉絵には、スカートの下にはパンチラ防止のブルマを履いていると自己申告がありましたね。ありがとうございます。

22320416.jpg

この世に偶然はなく、コガラシがコケシになったことも必然だったわけです。
体全体を胸で挟まれる感覚は、いったいどうなのでしょうか。そも、コケシになっても感覚はあるんでしょうか。羨ましすぎてどうにかなりそうです。


22330416.jpg

シーンは変わって、ゆらぎ荘。そうそう。黒龍神のときと、立場が逆なんですよね。今度は自分が助けに行くと。狭霧たちも一緒に行くと申し出て、よしじゃあ皆で京都に行きますよ!というところで


223404116.jpg

結婚式の招待状が届く\(^o^)/

「16なのに」とか言ってる場合じゃない!一刻も早く救出しに行かなければ!ああ、でもこんな可愛い子となら結婚しても問題ないのではと思ってしまう自分がいる!いやいや幽奈たちはどうする!そもそも、どうして一人の相手としか結ばれることができないのか!疑うべきはまずそこから!etc

それにしても、コケシのまま結婚させられるのでしょうか?人間の姿に戻したら、コガラシなら簡単に逃げられる気が。さすがに警備は厳重か。あと女の子に対しては荒っぽいこともできないだろうしなあ。次週も非常に楽しみです。

鬼滅の刃 第58話 「おはよう」 感想

2330415.jpg

今週も乗り切っていきましょう\(^o^)/

20390416.jpg

自分も気分が塞ぎ込んだり、途方に暮れてしまったときは、海が近いので、水平線をぼうっと眺めることで、毒気が抜かれていく経験が何度もあります。炭治郎は正直眩しすぎて、多分、言葉だけのやり取りでは、この青年と分かり合うことは難しかったと思うんですが、こんな心象世界を見せられては、それはもう、何もできずただただ泣くことも頷けてしまいますよね。小人を一人持ち帰ったとありますが、人に感化されたときって、確かに何かその人の一部を受け取った気持ちになります。

この現実逃避者たちは、可哀そうな境遇だなと感じる一方、人を傷付けてまで得る幸せになんの価値があるのだろうと思ってしまいます。あまりにも切羽詰まると、隣人を殺してでも自分を愛さなければやっていけない、価値なんてどうでもいいから中身が欲しいと思ってしまうのでしょうか。

皆に繋がれていたロープは、刀で切ってしまうと夢の本人以外は目覚めなくなる。そんな事実は知る由もない炭治郎ですが、類い稀な直感スキルのおかげで、見事に回避!腕が火傷したり車内が火事で大変なことになりそうですけど、その辺は禰豆子のコントロール力\(^o^)/

20400416.jpg

結局、他の隊員は目を覚まさず、単身で列車の屋根に登って今回の事件の原因である鬼と対峙するわけですが、優しい人ほど怒ると怖いという言葉に頷いてしまうほど、青筋立てて総毛立つ炭治郎にゴクリ(゚A゚;) この鬼、戦闘能力はいかほどか。

全部脳の仕業。

「そうあるもんじゃないが、あり得ることではある。関口君なら解るだろうが、我我が今見て、聞いて、体験しているこの現実は現実そのものではない。脳がその裁量によって選択した情報で再構成されたものだ。従って部分的に選択されなかった要素がある場合、当人には全然知覚できない。記憶は持っていても、意識の舞台に上がって来ないのだから」
「ああ――僕等が見聞きしているのは凡て仮想現実なのだね。それが真に現実かどうかは本人には区別がつかないのだったね――」
「脳の損傷は例えば人の顔だけが識別できなくなるとか、数字の5という概念だけが欠落するとか、実に興味深い症例を示してくれる。我我は現実を生きているかの如き錯覚を以て、実際は脳の中だけで暮らしているようなものだ」(姑獲鳥の鳥)

結局、自分たちが普段見ている/聞いている世界は、目と耳を通じて、さらには、その根源の「脳」が情報を取捨選択して上映しているということ。探し物がすぐ手元にあったのに全く気付かなかったというのは、まさに脳の悪戯の顕著な例である。

身になる読書スタイル

『本や映画は主観的にみると理解しやすく、印象に残ります。』

本や映画の内容は無理して覚えようとしても覚えられるものではありません。
本や映画というのは、客観的に観るのでのではなく、主観的に観るのが良いかと思います。

例えば、ストーリーであれば・・・ウソでしょ!そのなこと! まず設定が不自然であり得ない!  矛盾してしる箇所が多すぎる。ストーリーの展開に無理があり、私ならこのようにする・・・等かならず自分なりの論評をしてみる。受身で読むのではなく能動的に読む。このとき自分が正しいかどうかは関係ありません。

23320414.jpg

OKWAVEか発言小町か忘れてしまったのですが、上の文章は、「本を読んでも、映画を見ても、感想が思いつかない。内容もすぐ忘れてしまう。どうすれば改善できるのでしょうか」という旨の質問に対する風月さんという方のアンサーです。

感想を書くことに苦しんでいた自分にとっては、この回答を読んだ瞬間、思わずスマホのメモ帳にコピペするほど共感しました。以来、作品に触れるときは、脳死に陥らないよう、できるだけ主観的/能動的の姿勢であることを習慣にしています。これって当たり前にできている人はできているんですよね。

実際、このスタイルを実践するようになって、感想を書くのが大分楽になりました。

世界は、Cygamesに支配されている。

ジャンプ、ジャンプスクエア、サンデー、マガジン、チャンピオン、月刊少年サンデー。今週(今月)のこれらに共通する点はなんでしょうか。漫画通の方なら、きっとお気付きでしょう。そうなのです。裏表紙がみーんな「シャドウバース」の広告なんです!!

23020413.jpg

どがーーーーーん!!

漫画喫茶で並べてある雑誌を次々と読んでいて、たまたま発見しました。ジャンプを購入するたび、今週もCygamesの広告だな~どれだけ金持ってるんだ~?と思ってたんですが、まさか他雑誌まで支配されていたとは…。改めてCygamesの資金力の高さを実感。

テレビ番組のスポンサーになっていることも多いですよね。一番驚いたのが、「THE MANZAI」が「Cygames THE MANZAI」にいつの間にか名称変更していたこと。衝撃的でした。

グラブルだけでも絶大な人気を博しているのに、それに加えて、デレマスにシャドバ、神撃のバハムートなどを持っていますからね。スマホゲーって当たれば本当に儲かるんだなあと。正直、スマホゲーに国民がここまで夢中になっている状況は、未だに慣れないんですけどね。面白い時代に生きているな、という実感はあります。数十年後も、この文化は生き残っているのかな。着うたとかみたいに消えていたり。

そうそう、月刊少年マガジンだけは、ダイエットフードの広告でした。確認したときの謎のホッとした感。さすがに全ての主要雑誌がシャドバ一色だったら怖いわ\(^o^)/がんばれ月刊少年マガジン!お前が最後の砦だ!

ゆらぎ荘の幽奈さん 第58話 「"かるら"と"マトラ"」 感想

21320412.jpg

21440412.jpg

バトル漫画に移行したぞ!!

やっぱり、戦う女の子っていいですよね。特に、戦いなんて全く向いてなさそうな華奢な子が、どう考えても動きづらいヒールを履いて、あるいは、防具の意味を成さないヒラヒラを纏って戦うとかロマンを感じます。逆に、装備は完璧なのにメチャクチャ弱いというパターンも好き。某同人ゲームの、騎士なのに剣術のセンスが全くなくて、最終的には、石を投げつけることが自分にとって鬼強の特技であることが分かり、投石騎士として世に名を馳せるウサギ剣士っ子すきでした\(^o^)/

何の話をしているんだろう。閑話休題。

翼を広げる天狗の子が、緋扇(ひおうぎ)かるら。アクティブな戦闘大好きっ子が巳虎神(みこがみ)マトラ。裸で動き回っているのがなんともシュール!1月の空気を考えると、寒いだろうけど大丈夫かなと場違いな心配をしてしまう笑 幽奈のリアクションがまさに読者を代弁していて面白かったです。

新顔であるマトラに狭霧、朧、呑子さんはあっさりと蹴散らされてしまい、仲井さんの運勢操作ってある意味無敵やん!と思っていたけれど、結界で守られているから通用しないということで\(^o^)/オワタ ああ、こんなときにコガラシがいれば、さくっと倒してコガラシを助けることができるのに!

21330412.jpg

こけし、美少女、エッチなラブコメ。何も起きないはずがなく…。

次回はコガラシ奪回の話になるのかな。正直、呑子さんも朧も狭霧も、「本気」は出していないと思うので、コガラシが自力で打破するより、リベンジマッチの展開になると面白そう。それにしても、コガラシの出自も謎だけど師匠も謎ですよね。あと、扉絵の、コガラシに脚を絡める寝相悪い幽奈が結構見入りました。笑

鬼滅の刃 第57話 「刃を持て」 感想

19410411.jpg

面白かった!正直、禰豆子が炭治郎を叩き起こすという展開は、妥当と言えば妥当なのですが、それだけで終わらせるのは勿体ないお話だと思っていたので、炎に包まれてもなお目覚めず、家族の声を振り切って、最終的に自分の頸を切り落とす行為にまで及んだのは真に迫るものがありました。

無事だった頃の禰豆子の声を聞いた瞬間とか、これ折れちゃっても仕方ないですよね。第三者の目線からは、今すぐ炭治郎が目覚めることを願ってしまいますが、当事者だったら本当に簡単な問題じゃない。失った幸せがここにあるのに、どうして抗わなくてはいけないのだろう。現実に戻ったら、更なる悲劇を味わうかもしれない。だったら、このまま夢の中で暮らした方が幸福な選択ではないのか。死ぬほど葛藤して当然だと思います。

19430411.jpg 

最終的に、炭治郎は現実を選ぶのですが、家族に対して何度も「ごめん」と重ねる独白が心を抉る。炭治郎の想いと覚悟に身を引き裂かれる。振り切った家族の表情を描かないところが、また絶妙の配慮でした。

深層世界が、どこまでも広い澄み渡った青い空とか自殺志願者には究極の気付けです。自分の本能が何らかの形で現れて警告するというのは、確かにあるのかもしれない。以前買ったレミニセンスというゲームでも、主人公が危険な状況になると、亡き姉の幻覚が見えて、指を指した方に進むと上手く事が進むという話がありました。無意識というのは、えてして自らの命を守ろうと働くのでしょうか。

しかし、最後の頸を切るシーン、読者からすれば、死ぬことは絶対にないと思ってしまえるのですが、本人にとっては壮絶過ぎる決断ですよね。何度読み返しても圧倒される。善逸たちとの落差が激しいよ笑 それが、また面白いのだけど。

翼をください

大空を自由気ままに飛んでいる鳥を見ると、人間の方が優った存在であるとは微塵も感じられない。地上のノイズの多さや騒々しさ、狭苦しさと比べると、広大にどこまでも続く天のどれほど自由かつ魅力的なことか!翼をください、と希う人々が昔から後を絶えないのも頷ける。

前の住人への手紙

今マンションの方に一時戻っていて、用事が済めば実家の方にまた帰るつもりなのですが、さっきポストの中を確認すると、どうやら前の住人に対する手紙(ポストカード)が届いていました。これは、明日郵便局に持って行った方がいいのだろうな。内容が、なんだか遺書を思わせるような儚い文章で、他人事ではないです。「また来世」とか、最後に書いてあるし。冗談ならいいのだけど。

考えない葦

23430408.jpg

もともと自分は、他の人より考えることが苦手、というより、考えない癖が染みついている人間で、本を読んでも感想など大して浮かばないし、深い意見なんていっさい出てこない人間なのですが、うつを患うことで、「なぜ、生きる必要があるのだろう」「人生は、墜落することが確定している飛行機ではないか」「なぜ、みんな平気な顔をしているのだろう」という風に、日常において考えることが格段に増えたという、前記事の皮肉繋がりのお話し。

(4/11追記)
読み返してみて、誤解を招きかねないと思ったので追記します。うつになると、思考力が低下し、何も考えたくないという状態になるのも確かです。自分の場合、なんでだろうという考えと何も考えたくない、という気持ちのせめぎ合いで過ごしています。

攻略のための不幸

二次元でも三次元でも、攻略対象のトラブルは、絶好の好感度アップチャンスになります。と言うか、二次元におけるギャルゲシナリオは、ほとんどがこれですよね。好きな相手を助けられるというのは、プレーヤーに奮起を促し共感を呼ぶ展開です。

けれど、それは結局、相手の不幸を願う事にならないか?

それが、本エントリーの主眼になります。

要するに、シナリオ上におけるヒロインのトラブルは、相手に「自分」をアピールする機会です。ですが、そんなトラブルは発生せず、ヒロインが主人公の助けなど必要としない状態が、もっともヒロインにとって幸せです。

ヒロインを「攻略する」と言う事 不幸につけむばかりでいいのか/『北へ。の国から』)

鋭い指摘だと思います。安直にトラブルや不幸をダシにしてヒロインの好感度を上げることは、ギャルゲーに限らず、アニメや漫画、ドラマなどフィクション全般に見受けられます。

確かに不健全と言われれば不健全なのですが、ただ、記事で本人も書いている通り、何も変哲ない健全な恋愛劇を見せられても、面白さを生み出すことはなかなか難しい。接点を作りづらければ、好感度も上げづらい。

そもそも物語というのは、起承転結の転がマンネリに陥らないために重要であり、ヒロインがトラブルに巻き込まれたり、不幸に陥ったところを主人公が救うという展開は、もはや仕方がない宿命だと思ってしまいます。

とは言うものの、攻略のための不幸は、英雄のための悪と似た皮肉さがあるのは否めない。

日記

23020401.jpg

――――――
こんなに急に手に入ったものは
やっぱり また 急に消えていっちゃうのかなぁ

でも 今はただ うれしくて うれしくて

そうだ もしいつか 消えちゃうんだとしても
忘れないでおこう

うれしかった日は 確かにあったんだって
また いつでも 何度でも 取り出して 想い出せるように (3月のライオン)

――――――

日記の喜びは、ここにある。

砂金を効率よく集めるため、星4イベ礼装を引きに20連した結果。

23160405.jpg

23170405.jpg

23320405.jpg

ピックアップ仕事しすぎィ!!!
凸に必要な数が揃いましたし、プリズマも凸のため前々からあと一つがほしかったので、土方さんは来ませんでしたが、個人的に満足のいく結果になりました。これで、ゴーストランタンを回収するのが大分楽になる。よかった。

ところで、今回の勢力戦は、どっちのチームに加わろうが特に問題にならないみたいですね。勝ったチームに与するものに、豪華なボーナスがあるのかと思っていました。優しい世界。否、ぐだ世界。

カラオケ@新横浜

23050404.jpg

友人と新横浜で食事をして、そのままカラオケで3時間ほど熱唱しました。今回、自分が歌った曲はこんな感じです。

――――
季節は次々死んでいく
命にふさわしい
名前
穴を掘っている
ムカデ
ラブソング
生きてることが辛いなら
Lost my music
The Everlasting Guilty Crown
葛飾ラプソディ
らしさ
君が代
アンパンマンのマーチ
もりのくまさん
Highest Life

――――

愛してやまないamazarashiの曲を、最初から堂々と歌える幸せといったら!自分の性格をよく知っている相手でないと歌いづらいんですよね。歌詞が、よくも悪くも重苦しいので。今日一緒の相手は、自分のことを理解している数少ない友人なので、変に取り繕う必要がなくて非常に助かりました。amazarashiをある程度歌ったあと、最近聞き始めた「生きてることが辛いなら」を感情込めて声に出し、改めて歌詞に胸が一杯に。

途中からアニソンを入れて、君が代あたりでネタに走り、とはいっても、アンパンマンのマーチは実は凄く琴線に触れる曲なのですが、ラストにガルデモの曲を歌って、歌が終わると同時にトイレに駆け込んで嘔吐感を静めさせていました。カラオケでずっと歌ってると、口の中に苦酸っぱい液が分泌して、具合悪くなるんですよね。多分、マイクが関係しているんだろうと思っているんですが、もっと離して歌えば平気になるのかな。

何にせよ、今日のカラオケは、溜まっていた鬱憤が歌とともに吐き出せてスッキリしました。また、生きていこう。

ゆらぎ荘の幽奈さん 第57話 「コガラシさんと誕生日」 感想

22190403.jpg

面白い作品って、当たり前のように、一周年や二周年を迎えるのでうっかりしがちなんですが、週刊誌で、その上ジャンプで一年連載するのって凄いことなんですよね。バクマンを読んだ後だと、より一層、ここまでたどり着くのにどれだけ辛酸を舐める日々を送ったんだろうと思いを馳せてしまいます。前作が無念のリタイアだっただけに、今作の盛り上がりぶりは本当に嬉しいです。一周年、万歳。(既視感)

そんなこんなで、気分も新たに、新ヒロインが登場ですよ!一気に二人出てきましたね。画像の子のキツイ目つきに、ゾクゾクとワクワクが止まらないです。主人公に陥落される未来が目に浮かぶようで。期待してしまっていいのでしょうか、ミウラ先生。それにしても、八咫烏とか八咫鏡とか、そもそも八咫って何だろうと思って調べたら、非常に大きいという程度を示すのですね。

NHKにようこそ!

23480402.jpg

タイトルの作品が読みたくて、漫画喫茶を探しているのですが、どこの店にも在庫がない!近くのブックオフも一巻すら置いてなくて、これは新品で購入して読めということなのでしょうか。町田のブックオフなら、規模大きいのであるかなあ。正直、漫画喫茶でゆっくり座りながら読みたい。立ち読みは、単純に疲れて集中できないタイプです。

今日は、カフカの『変身』を再読していました。はっきり言うと、初めて読んだときは、なぜこの作品がここまで持て囃されているのか理解できなかったのですが、今になって見返すと、ああ、世の中の虚しさが滲み出てるなと実感してきました。希望と滑稽のラストも印象深いです。

拍手機能

23020401.jpg

gooやライブドア、はてなブログにも拍手機能があればと思うことが多いです。類似の存在として挙がるはてなブックマークは、はてなに登録が必要ですし、ポジティブな意味合いだけでなくネガティブな面もあるので、単純に数が多ければ嬉しいというものでもなさそうですよね。その点、FC2の拍手は、何か登録する必要もなくワンクリックでGoodの意思表示をできるのが便利だなと。自分もたまに付いたりするとやっぱり嬉しいですし。

SNS全盛の現代において、わざわざ管理が面倒なブログで自分の思い/考えを書き続ける人に出会うと、どうしようもなく仲間意識というか、お互い頑張りましょう!というポジティブな気持ちが湧くので、そういった気持ちを手軽に伝えられる拍手機能の実装、他ブログサービスにも来ると有り難いです。
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク