相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

ゆらぎ荘の幽奈さん 第52話 「幽奈さんと制服デート」 感想

21580227.jpg

21590227.jpg

22000227.jpg

ゆるふわ髪型で一気に垢抜けた幽奈イイ…( ´ー`)y-~~

やはり、ヘアスタイルは重要ですね。印象がガラリと変わる。三角巾はあったほうが落ち着くんでしょうか。そもそも、幽霊と三角巾とウラメシヤポーズの由来とは。幽奈の行動に終始ドキドキのコガラシでしたが、「霊能力者になれば可愛い美少女の霊とイチャつける」可能性が我々にも…?

幽奈自身は生前の記憶がない以上、何かをキッカケに突発的に思い出すのか、あるいはといった具合でしたが、占術師の登場で道は拓けましたね。幽奈は、いつ頃に生きていた人なのか、家族は存命なのかなど謎がたくさんだ(`・ω・´)

好調な滑り出し/FGO 亜種特異点l『悪性隔絶魔境 新宿』 感想

昨年末、感動のグランドフィナーレを迎えたFGOの新章が遂に始動。ゲーティアの人理焼却計画は失敗に終わり、「これで世界は安泰だな!」と安心するのも束の間、魔術協会の方たちによるカルデア再編、マシュの魔術回路不調、再び特異点が発生するなど、主人公たちを襲う問題の数々。その最初の舞台は、新宿でしたね。

23200225.jpg

新宿で二人のオルタちゃんと両手に花のデートをすることができるFGOは神ゲー。

新衣装や新バトルモーション(セイバーオルタ)、新体力ゲージに新真名システムなど、とにかく新しい情報が目白押しでワクワクしました(^^)特にセイバーオルタの、片手で聖剣を放り投げてもう片方の手でキャッチして切り上げる動作がカッコよくて嬉しい(;;)宝具もオリジナルの対比として描かれていてよかったです。

エミヤオルタは、正直もうちょっと描写が欲しかった!事前情報はミスリードってレベルじゃないぞ!ただ、結局本質は変わっていないという認識でいいのかな。セイバーオルタも、属性が善から悪に反転したものの根本的な性質は変わらなかったワケですよね。黒人エミヤは今後も出てくるのか。

23210225.jpg

実は(?)悪属性の玉藻。キャットは善だワン!(U>ω<)

悪を倒すために、悪になるというのはどこかで聞いた話ですが、善を討つために、善になるというのは面白い発想でした。自分の大切なものを奪う7発目の魔弾を命中させるため、記憶の消去や属性を切り離して主人公と仲良くなったのに、そこで結局、どうしようもなく、つけいる隙を生み出してしまったという話の運び方は秀逸。読んでいて素直に面白かったです。魔人柱も何気に新規の立ち絵が用意されていたりと、年末でお世話(大量虐殺)になったマスターとしては感慨深いものが(ホロリ

23220225.jpg

お別れは、ダンスの後で。(映像化で見たいシーン筆頭候補)

現空間は人理から切り離されているので、世界が滅びようが星が壊れようが全く問題ではない。したがって、緊張感は従来より大分薄い。と思わせて、流石にライターもうまく、終盤の、気付いたときには「あれ?詰んだ?」とハラハラ状態にするのは見事。締めも心地よい名残惜しさがあり、新章の門出としては満足の出来でした。やっぱりFateは面白い!FGOは神ゲー!

23230225.jpg

0540226.png

P.S. クリア後の10連。
褒めても何も出ないよね!知ってた!!

鬼滅の刃 第50話 「機能回復訓練・後編」 感想

20230220.jpg

しのぶさんは、サイコキャラの匂いを漂わせつつ、ふと普通の人間の一面を出したりと、イマイチ捉えにくい人だったのですが、鬼に殺された姉の意志を継いで笑顔を湛えて必死に頑張ってきたんだなあと。ミステリアスさは薄れたけど、心の距離が一躍縮まり好感を持てるキャラに。カナヲちゃんには技、炭治郎には夢を託し、退場の準備は整った?ばんなそかな!流石にまだまだ活躍しますよね!禰豆子と仲良くなっていく未来とか見てみたい。

19580220.jpg

人が努力する姿は、この上なく尊いと思っているので修行編は好き。
炭治郎の実直で優しい人柄が随所に感じられて、とても面白かったです^^可愛い子も多いし^^
さて、伊之助たちどーすんだ^^

ミウラ先生に、「ありがとう」を。(n回目)

■先週
21420213.jpg

■今週
21340213.jpg

21331003.png

ゆらぎ荘が、疲れ切った心に潤いを与えてくれる・・・。
次回予告に魔法少女の登場と書いてあったから、また新ヒロインが出てくるのかなと思っていたんですが、こゆずちゃんでしたね( ^^) _旦~~

面白い!だけど、心を抉られた。/『穢翼のユースティア』(ネタバレ注意)


穢翼のユースティア Angel's blessing (通常版) - PS Vita

「一人か、世界か」。こういう物語は大好きです。だけど、最終的に犠牲になるのが主人公ならよくても、ヒロインだと、とてもじゃないが苦しい。利己的で、ヒロイズムであることは十分理解しているんですよ。それでもカッコつけるのは、男にさせてくれ、ヒーローにさせてくれと思ってしまう。そうでなければ本当にやり切れない。大切な女性を犠牲に生きるキツさ。ということで、胸に風穴を開けられた作品でした。以下、細かな感想。

【悲報】2017年 12分の1が終了

19190201.jpg

ついこの前、初詣に行った気がするんじゃが・・・。

12、1月はひたすらエロゲに没頭する月でした。時系列に作品を書き起こすと、

・ぼくの一人戦争
・暁の護衛
・暁の護衛〜プリンシパルたちの休日〜
・暁の護衛〜罪深き終末論〜
・SINCLIENT
・レミニセンス
・ハピメア
・ハピメア Fragmentation Dream
・ましろ色シンフォニー
・黄昏のシンセミア


「暁の護衛」シリーズの読みやすさやエンタメ性は見事ですね。初心者をこの道に引きずり込むにはうってつけかもしれない。「レミニセンス」の妹キャラに打ちのめされてからは、妹ゲーを散策。しかしハピメアは有子という、主人公になつくボクッ子病弱ヒロインに全てを持っていかれました。有栖より、有子派です。
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)