相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

甲鉄城のカバネリ#3

21480430.jpg

疑念渦巻く狼藉の世界。繰り返す内輪揉。違う、そういうのはもういいんだ( ;∀;)後味のよろしくない第三話でしたが、無名ちゃんの読書姿はいとうつくし。しかし、直球に血が欲しいとか言い出したり他人と分かり合おうとすることを完全に放棄しまくりのところはいかが\(^o^)/家族は亡くなったけど、あにさまはいる?生駒は昔から勇敢だったワケじゃなく、妹の死が彼を強くしたんですね。そんな生駒に現在影響されてるのは姫様、勇気を振り絞って演技したり。ああ、四話がこわい。

パンケーキ

23230428.jpg

理想のもちもちパンケーキにだんだんと近づいてきた!
今のところ最新のレシピを記載すると、
・ホットケーキミックス200g
・卵1個
・牛乳100ml
・ヨーグルト大さじ3杯
・バニラエッセンス10滴(
バニラエッセンスを加えるとパンケーキの中身も味がつき美味しい)
油(もしくはバター)でフラインパンを熱して全体に馴染ませたあと、キッチンペーパーできちんと拭き取る。拭き取らないと、綺麗な焼き色が着かない。弱火で表2分→裏2分焼く。これだけ。簡単!
しかし、もっともちっとして美味しいパンケーキは世の中には確とあり。理想を目指して今後も励みたいです!

「鬼に好かれる」をやってみました

1340427.jpg

鬼に好かれるとは、午後のお部屋様が提供するヤンデレ風フリーノベルです。
ボリュームは30分~1時間ということで、自分の場合は、ちょうど1時間かかりました。
ヤンデレ「風」というところが引っ掛かってプレイしたのですが、なるほどと、納得。いわゆる、包丁を握って瞳孔開きの狂気のLOVEコールをするようなものではなく。血生臭いことにはならず。あくまで、風味として。

うん、面白かったです。なんだろう、スッと胸に入ってくるお話でした。
一番印象的なのは、あんな仕打ちを受けても、結局、最後まで人を傷つけることをしなかった鬼子。力は強くても、健気だよ。
そして、おまけのオチはその手があったかと膝を打ちました(笑)
どうか三人ともお幸せに!

スプラトゥーンのフェスに初参加!

フェスとは、月に一度開催するお祭りのこと。
お題を与えられて、○○派/□□派に別れ、雌雄を決す一大イベントです。
過去に開催したなかで面白いお題は、たとえば、『レモンティーvsミルクティー(ミルクティーの勝利)』『カンペキなカラダvsカンペキな頭脳(カンペキなカラダの勝利』とか『ガンガンいこうぜvsいのちだいじに(いのちだいじに勝利)』といったカンジ。

さて、今回のお題は―――

17080424.jpg

どーーーーーーん!!!
おにぎりの具といえば「ツナマヨネーズ」or「紅しゃけ」!!!


ツナマヨは邪道?紅しゃけこそ日本古来のおにぎり?
ええい、知ったことか!!自分はツナマヨを選びました\(^o^)/

そして、血で血を洗う熾烈な戦場を駆け抜け、日没、日出と時は過ぎ、ついに結果発表――!


17090424.jpg

見える、見えるぞ、ツナマヨ軍の圧勝が!

17100424.jpg

なん、じゃと…( ゚-゚)
しかし、フェスの結果は、「得票率」と「勝率」の二つによって決定します。
まだ勝負はわかりません!

17110424.jpg

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
二つを合わせた結果は……じゃん!

17120424.jpg

!!!!!!!!!!!!!!

17130424.jpg

どがーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!
勝ったああああああああああああああああああああ!!!!
YAHOOOOOOOOOOOOOOOOO\(^o^)/!!!!!!!!!!!!!!!!!


あぶなかった!辛勝だった!紅シャケ、相手にとって不足はなかったのじゃ(`・ω・´)
さあ、今宵は互いの健闘を讃えて、ツナマヨ紅シャケパーティーといこうじゃないか!!

P.S.昆布が一番すきです。

体重(4月15日~21日)

■体重記録
4月15日 56.0kg
4月16日 55.7kg
4月17日 56.2kg
4月18日 55.8kg
4月19日 55.2kg
4月20日 55.6kg
4月21日 55.8kg

平均:55.7kg(↑0.1kg)
最大:56.2kg(↓0.3kg)
最小:
55.2kg(↑0.4kg)


<総評>
平均が56に達してしまう可能性が出てきたな^^;
野菜を食べる量をもう少し増やそう。

甲鉄城のカバネリ#2

20150422.jpg

瞬きすら惜しむほど釘付けになるアニメだ(^^;

第二話も満足です。周囲の迫害は予想よりはやく訪れただけに軽傷で済んだし、何より、作品をみる上で覚悟していた気持ち悪い友達の裏切り展開がなさそうで安心した。いや、まだ二話なんだけど、彼らならきっと大丈夫なはず\(^o^)/カバネになってしまった(実際はカバネリ)生駒に逞生が最初畏怖を覚えてしまったのはどうしようもなく仕方ないですし、そのあとの侍をとっさに止めようと動く勇気、ごめんと泣き謝る姿、最後、打ち崩れた生駒を我が身を省みず助けようとした行動、ああ、えがった( ;∀;)メガネをスッとかけてあげるところも生駒と逞生の仲が垣間見えてよかったなあ。だから、頼むから、彼らの友情が壊れるような未来にだけはなってほしくないと切に願うよ…orz

あと、自分はアニメを見るとき音楽を結構意識してしまうのですが、このアニメはそれが全然なくて、音と映像がまさに渾然一体となっていて驚きました。流石にボーカル曲は目立つけど、他は空気といっても構わないくらい作品に溶け込んでた。

他には、生駒の「ざまあみろってなァ!」は最低で最高だった(笑)その後の列車を見送る生駒の表情がみえないところはなんとも憎い。OPは毎回セリフ入るのかな。コードギアスのCCの語りを思い出すね。EDはAimerでした。ああ、なんという布陣だ。

20430422.jpg

( ´ー`)イイネ…

承認欲求とブログ

ブログって、自分だけでは続けるのってとても難しい。

いっちばーん最初に開設しはじめた時なんか誰も来てくれませんし、もちろんコメントなんて付かないのが殆どです。そんな空っぽな場所で自分が考えたことや日常生活をもくもくと書き続けられるのは一握りの人間だけです。

もくもくと好きなことを書き続けることが出来たとしても、ふとしたことで「何故実益に繋がらないブログに何時間もかけてるんだろ…」という気持ちを覚えちゃうものです。

それくらい「ブログ」っていうものは続ける為の動機を確保するのに手間取りやすいんですよ。

だから、誰かのブログを「応援」することでそのブログがよりよく続いてくれるのならばそのアクションを取るのはアリだと思います。

しかし私はちょっと懸念があるんですよね。応援することでそのブログが外発的動機に囚われてしまうんじゃないのか?と。

「誰かのブログを応援することについて(猫箱ただひとつ)」

承認欲求のことを考えていると、ふと、べるんさんの記事を思い出しました。
「外発的動機」を、この記事では「承認欲求」と解釈します。

確かに、誰かにコメントをいただいたり、拍手が届いたり、アクセス数が増えたりするととても嬉しい気持ちになるのですが、そういった承認だけを糧にブログを続けることは、いわば、他者にネジを巻いてもらわなければ動けないゼンマイ式人形と同じであり、読者がいなければ動けず、また、読者がいた場合、その読者に嫌われることは死と直結するため、絶対に避けねばならず、したがって、絶えず読者の視線を気にして、読者の評価に怯え、自分の書きたいことではなく、読者の期待に沿うことを書かなければならない窮屈さを味わい、やがて耐えられなくなる。これは十分にあり得ると思います。
だから、べるんさんの指摘するように、内発的動機をもって続けること。
他者に依存するのではなく、自らの力でやっていくことが大切だと。
自分も最近それを強く感じるようになりました。

体重(4月8日~14日)

■体重記録
4月8日 55.2kg
4月9日 56.2kg
4月10日 56.5kg
4月11日 55.8kg
4月12日 55.0kg
4月13日 54.8kg
4月14日 55.8kg

平均:55.6kg
最大:56.5kg
最小:54.8kg



<総評>

まずい、新居に越してから全然運動できていない…。
ビリーズブートキャンプやってみたい。でも絶対続かない自信ある(^^;笑

真に試されるのは

19220419.jpg

「いつでも、どこでも、なんどでも。チャレンジしたいって思ったときが真っ白なスタートです。自分で自分をおしまいにしない限り、きっと本当に遅いことなんて無いんです」

自分を変えるタイミングとは、いつ訪れるのだろう。受験、就職、結婚、病など象徴的なライフイベントのとき。他には?
曰く、なんでもない日々いま、この瞬間に、大きな決断を迫られている。ターニング・ポイントとは、得てして毎日やってくる。
たとえば、「○○を読んで/□□を見て/△△を聴いて感動した。自分も今日から頑張ろうと思った」
これは、立派な転換点。新たな一歩。賞賛すべき門出。
しかし、真に人が試されるのは、踏み出したあとにこそある。
すなわち、歩み続けること。最初の一歩で終わらさず、幾日、幾月、幾年に渡って歩みを止めないことである。
これは非常に忍耐力がいる。途方も無い道程だ。
――であるからこそ、それを理解し、準備を怠らず、十分に覚悟することの重要性が問われる。

「準備はいいんかね!?」

22550418.jpg

「覚悟するんよー!!」☆彡

当ブログはフレイア・ヴィオンの歌と恋を全力で応援しています\(^o^)/

こういう生き生きと明るくて小動物な子イイ…。
三話もよかったです。
ぱりるぱーりら♪ぱりらるんぴか♪EDで元気もらえる。CD発売が待ち遠しい!

【FGO】ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊 二日目の記録

<前回のあらすじ>
ジャンヌオルタの解禁と共に迎えた、250日ログインボーナスによる20個の石。
なんという星の巡り。今引かずいつ引くんだ。大丈夫、天のおぼしめしに只従うだけでよい。きっと当たる。
さあ、胸を張ってこの手を伸ばそう!

→清姫、ディルムッド、愛の霊薬、魔力計、柳洞寺
\(^o^)/オワタ



23240412.jpg 

復讐(リベンジ)するしかないでしょうに!!!!
自分の場合課金しても当たらないことは身に沁みてるので、イベントクエストをほったらかしに、ひたすら第五章を周りかき集めました。この12個があればまた三回戦える。
さあ皆の衆!!出陣じゃああああああああああーーーーー!!!!!!!!


■一回目

23250412.jpg 

(真顔)


■二回目

23260412.jpg 

22310411.jpg 


■三回目


(´・ω・`)ん・・・?

(つд⊂)ゴシゴシ

(´・ω・`)

( ゚ д゚ )

( ゚д゚)



23270412.jpg

これは

23280412.jpg

夢か幻か

23310412.jpg

―――現実。

というわけで、
やたあああああああああああああああああああああああああああ!!勝鬨じゃああああああああああ!!!!!\(^o^)/

【FGO】ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊 初日の記録

22270411.jpg


22250411.jpg


今わたしの願いごとが
かなうならば
ジャンヌ(オルタ)がほしい

この召喚陣に星のように
光の輪を
点けて下さい


石20個結果
→清姫、ディルムッド、愛の霊薬、魔力計、柳洞寺


22310411.jpg
さすがにこれっぽっちじゃダメだったのじゃ・・・。


22070411.jpg

いつもの\(^o^)/

【FGO】監獄塔と第五章の感想

まずは監獄塔。主に三点。最期の戦闘二つがちょうどよい歯応えの難易度で楽しかったこと、自分はモンテ・クリスト伯の小説を読んだことはないのですがちょっと興味が出たこと、ダンテスの戦闘モーションリソース割かれすぎカッケーーー!!こと。

そして第五章。結論から言いますと、今までのなかで上位に来る面白さでした。先のシナリオが気になって仕方ないーー!という状態を味わいました。でもマーリン唐突すぎ\(^o^)/

しかし、今更ではありますが、このゲームは地の文が無くほぼセリフのみということ、また、たとえば本編では敵だったり、既に倒れてしまったはずのキャラがバトルでは普通に使えるということはちょっと残念かな。後者は、そこに制限を加えてしまうとせっかく自分の好きなサーヴァントを自由に選んで戦わせることができる魅力が薄れてしまうことを危惧するんだろうけど、個人的にはそれでもといった気持ちです。

体重(4月1日~7日)

■体重記録
4月1日 54.0kg
4月2日 54.9kg
4月3日 56.0kg
4月4日 54.7kg
4月5日 54.5kg
4月6日 56.0kg
4月7日 55.8kg

料理記事は更新できていませんが、バリバリ毎日つくってますよ!
今日から味噌汁もいただくようにしました(^^)

甲鉄城のカバネリ#1

今しがたリアタイで視聴しました。結論から述べますと、面白かったです。
正直、前情報をちらっと見た限り、主人公が自分に合うかどうか不安だったのですが(緑頭の眼鏡主人公とは個性的…)蓋を開けてみれば、とても義侠心のある青年で。想うだけでビクビクするでなく、行動に起こせる男はカッケーですな(`・ω・´)
カバネリとはそもそもとか、大型列車でどこを目指してるのかとか、ヒロインの境遇とか気になる部分いっぱいありますね。今後も見続けますよ!
ただ、しかし、大河内さんの脚本って生理的に嫌いな描写や展開を繰り広げることが多々あるからそれが怖い…。今回はそういう要素薄めてくれていいのよ( ;∀;)

あ、EGOISTの主題歌流れましたね!サビの盛り上がりがらしくて瞬間顔がほころびました(^^)
これから毎週聴ける。小さな幸せだ。転じて、エンディングはどなたが歌うんだろう。あと、構成は一クールなのかな。

春、桜、新年度


「当たり前のように生きて、当たり前のように死ぬのね――――ああ、それは、なんて、孤独」

受身の暮らし。半端な生活。今日が過ぎ、また今日が来る。その繰り返し。あっという間に歳月は流る。
失ったものは数知れず、手に入れたものは数少ない。変わりたいと願う。変わらなきゃと想う。抱くだけなら世話なし。
新年度は始まった。能動的に生きよ。 「天は自ら助くる者を助く」 元旦に掲げた言葉を決して忘れるな。

(四月一日の自筆日記より)

体重(3月25日~31日)

■体重記録
25日 55.4kg
26日 54.0kg
27日 54.7kg
28日 55.7kg
29日 56.8kg
30日 57.1kg
31日 55.8kg

体重が増えたときは漏れなく前日外食でガッツリ貪っていた\(^o^)/
それにしても、変動が激しいな・・・(^^;
53~54kgを維持できたら理想です。

プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
全記事表示リンク
ブログ内検索