相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

食戟のソーマ 第57話 「彼女の思い出」 感想

久しぶりのエントリー。
そして、久しぶりのジャンプ!

実は、ゴリゴリくんの本名(黒木場リョウ)が明らかになり、
伊勢海老カレーで、審査員のおねーさんをふにゃらす以降の話は、読めていないんですよ。(単行本待機)

なので、あれから予選はどうなったんだろう。
ひょっとして、もう本戦がスタートしている?等々いろいろ考えを巡らせつつ、ソーマのページを開いてみると……

どーーーーーん! なんと、アリス!そして、恵ちゃんの審査が始まるところじゃないか! うしゃーー!
よかった、今週号は購入して。

しかも、「バレンタインカード」とやらも付いているし。


sykgk_57_8.jpg

チョコを一所懸命つくっている、極星寮三娘のイラスト。相変わらずみんな可愛い。
だけども、中でも際立つ魅力を感じたのはやはり我らが田所恵ちゃんで。

頬染めながらチョコの包装をする、どう見ても「本命」がいる表情に、思わず息をするのも忘れて見つめてしまった。
おぼこかと思っていたら、いつの間にこんなイイ表情をするようになったんだ、この子…。
閑話休題。
一色先輩を処してもよかだべか?


前半はアリスが登場して、95点というBブロック最高得点を叩き出す!

アリスのカレーはなんとも形容しがたい、前衛的かつスタイリッシュなものだったなー。
「これが未来のカレー形!?」という煽り文に、共感を覚えた。ホント最先端の料理というカンジ。
他の誰にも真似できない、非常にアリス「らしい」カレーでした。

続く、恵ちゃんの料理。


sykgk_57_12.jpg

回想を交えて審査が進んでいくシーケンスで、つい涙を滲ませずにはいられなかったのは、言わずもがな…。

恵ちゃんは、成績最下位で、E判定をあと一つ貰うと「退学」ということは最初の方で説明がありましたよね。
でもあそこでは、その彼女の崖っぷち状態が些かコミカルに描かれていたから、言うほどの「深刻さ」は感じられなかった
けれども、今回の回想の、お母さんに電話するところで、…………orz となった。
そりゃ実際は、毎日がこんな心境だったよなぁ……orz

お母さんの声を聴いて、泣き言を漏らしたくなる衝動を、すんでのところで堪えて
いつも通り、明るく振る舞う姿に、もう、ページを捲る手が止まって、リアルにこんな風に頭抱えてしまった…。

創真と出会えて、本当によかった……
別に創真がおんぶに抱っこ的に彼女を助けたワケじゃないけど、成長の「キッカケ」を与えてくれる存在であった
恵ちゃんに足りなかった、技術どうこうより「自信」「度胸」等の精神的なものが創真と出会うことで培われたのは、確かで。
ついに今回、創真の力を一切借りること無く、大勢の前で「自分」の料理が認められて。

まあ、何が言いたいかっていうと、
創真!お前は恵ちゃんの人生を変えてくれたと云っても過言じゃないぞ! よくやった!本当に!
恵!よく頑張った!おめでとう! 結婚しよう!

Bブロック通過:
薙切 アリス
新戸 緋沙子
タクミ・アルディーニ
田所 恵


四人とも本戦出場おめでとう!

sykgk_57_11.jpg

食戟のソーマ 6 (ジャンプコミックス)
附田 祐斗 佐伯 俊
集英社 (2014-02-04)

人気投票は、えりな様が二位だったのが意外だった! Congratulations!!
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
全記事表示リンク
ブログ内検索