相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

食戟のソーマ 番外編 「夏休みのエリナ」 感想

sykgk_53_1_20131221234608a8c.jpg

えりな!えりな!えりな!えりなぁぁあああわぁああああああああああああああああああああああん!!!(以下略)

コメントと次回予告で気付いたけど、今週はWJ本誌で番外編!
しかもえりなメイン回ですよ!
長らく出番がなかったえりなに対する救済処置と
折角の夏休みなのに水着回を描けなかったフォローを、同時にやってのけるとは・・・。
素直に賞賛したい手際の良さ・・・。さすが食戟のソーマ・・・。

「初めて」に挑戦、っていう意味深な煽りもわかっていていいですが
爽やかでキリッとした絵のせいで、あんまり邪な妄想する気が起きないのがちょっと残念!

季節的には、今週のCカラーはサンタ服を着て恥らう
或いは下民を見下すカンジのえりなが見てみたかったんですが、
それだと、夏と冬で季節感狂い過ぎになるからダメだよなぁ。

うーむ、秋の選抜終わった後のCカラーでいいから、
佐伯先生の描くサンタコス美少女はぜひ一度拝みたい。

無題




「人生観に1番影響を与えた美少女(エロゲ)ゲームおしえろ」っていう記事を読んで、
>>1の時点で早速自分の大好きな装甲悪鬼村正の名前が挙がっていて嬉しかったんですが、
続く>>5の発言で、一転して悲しい気持ちになったり・・・。

作品を批判するのは決して悪い事だとは思わないんですが、
それを好きな受け手の感性や価値観まで否定したり蔑んでしまうのは、どうなんだろう・・・。

他人からはガラクタにしか見えない物が、誰かの宝物だって場合はあるし
他人からは平凡にしか思えない曲が、誰かの心の支えになっている大切な曲だって場合もある。
価値観なんて人の数だけあって、
自分と違うからの理由だけで否定するのは、私的には絶対真似したくないですね。

↑の記事だけなら別に記事書くことまではしなかったんですが、
Twitterで以前、「Key作品で泣く奴は頭がゆるい」って嘲笑的な発言を見かけて悲しくなったのを思い出して。

人の感性や価値観を平気な顔で踏み躙るような人間だけにはならないよう、自分も気をつけたいです。
感情的になると、思慮浅いことを口走ってしまう癖も直さないとなぁ・・・。










【第37回】 暁に咲く詩/CooRie










変わりゆく事は 失う事じゃない










CooRieというアーティストを初めて意識するようになった、忘れられない一曲。
キャッチーかつ非常に暖かみのある声とメロディにすぐさま聴き惚れました。
ちなみに初聴はD.C.S.Sのエンディングで。

この曲を出発点に、未来へのmelodyや存在を改めてじっくり聴き直してみたり、
CooRie(rino)を追いかけるようになりました。

「変わりゆく事は失う事」だと日々痛切に感じているけど、(昨日もコミケの単一ジャンルからついに葉鍵が外されたり…)
それでも、変わることで新たに得られるモノがあるのも確かだし、
失うといっても、心のなかにはずっと残っている

下じゃなくて上を、後ろじゃなくて前を。
そんな気持ちにさせてくれるCooRieの楽曲が、今も大好きです。

食戟のソーマ 第51話 「魔女の食卓」 + 第52話 「花に仕える者」 感想

■第51話 「魔女の食卓」

sykgk_52_1_1.jpg

で、出たーーーーーーー!
キャピキャピして男たちに媚び売るも正直読者からはあんまり話題に上がらないぶりっ子司会者麗ちゃん!
好きな映画はアメリとか書きつつ本当は酔拳2で、星の王子さまなんか読んだことなく、
だけど将来の夢はお嫁さん麗ちゃん!!

話題に出ない子だけど、そういう不憫さと、裏表が極端なところが結構気に入ってます。 麗ちゃんマジ裏表アイドル!


sykgk_52_2.jpg
sykgk_52_3.jpg

ラクサ… 東南アジアのつるつるとした食感が特徴の麺だ
そしてルーの黒さはイカスミで出しているようだが


この鼻が曲がる強烈な悪臭…まさか―――

『くさや』です…!

全員「ヴォェッ…(嘔吐)」

読者と作品内の人達のシンクロ率938%
いくら何にでも合う、「全ての具は俺に任せろー!」の魔法のカレーとはいえ、
流石にくさやはヤバいんじゃないか…:(;゙゚'ω゚'):、
想像しただけで、ドブに溜まっている泥を貪るような気分に…。


sykgk_52_4_1.jpg

(薄い本のネタを)閃いた。

このシチュエーションっていうか一種のプレイに、リビドーを感じる人は多分私と同類。
それにしても、おりえさんちゃんと食べて偉いな・・・。

自分からグイグイ迫るけど、いざ迫られると弱いタイプっぽいよなぁ、この人。
こういう性格の方が一層嗜虐心がそそられるからイイです。


sykgk_52_7.jpg

人気投票、おりえさんにも入れるべきだったか・・・。


sykgk_52_8.jpg

凛とした雰囲気で登場する秘書子かっけえええ・・・!

小奇麗に気取っただけの料理には真の美学は宿らないわ
おぞましさの先にこそ美食の神髄はあるのよ…!!


っていう、貞塚さんのセリフは何気に格好よかったです。

というわけで、ここまでが先週の、第51話の感想、
以下は第52話! ついに今週、秘書子の本名が明らかに―――!

どんな彼方にも 終わりが待っている

litbus11.jpg

涙 腺 崩 壊;;;;

今週どれほど感動させられたか、長文はシカろーさんが熱く書いてくれると思うので、みんなそっちへ突撃だ!

取り敢えず私も一言残しておくと 緑川さん、アンタ最高ですわ・・・。 JCありがとう。

判子

nenga_hanko2.png

この前ふたばを覗いていたら、郵便年賀.jpで判子無料作成ツールが公開されていることが判明。
興味湧いたので自分もやってみたんですけど、その際何故かふと最初に思いついた絵が上の球磨川くんっていう。
ヴォー…すっごい迫力感…。

以下、他にも何枚か。


nenga_hanko_8.png

3兆4021億9382万2311歳超の美少女「なじえもん」



nenga_hanko_2.png

\アッカリ~ン/



nenga_hanko_19.png

へんじがない、ただのくうきのようだ



nenga_hanko_12.png

やべぇ、創真さんガチで格好良すぎてアカン・・・!:(;゙゚'ω゚'):


nenga_hanko_13.png

このシーンの恵ちゃん、作画の質が凄く異次元だったよねww


nenga_hanko_15.png

赤が血っぽくて、ちょっぴり危険な感じが漂っているユイにゃん。










nenga_hanko9.png

http://matome.naver.jp/odai/2138665758783204901











【第36回】 Morning Dreamer/Girls Dead Monster










真冬の布団は魔性のアイテム
もう抜け出せなくなってしまったよ 眠り呪い付き
我らが暮らす 現代社会
こんなところに悪魔がいた











朝起きるのが辛くなってきた、冬の今にピッタリのナンバー。

目覚まし時計が鳴り響き、もう仕度しなきゃいけない時間なのに、
寒くて布団/毛布から出たくない
そんな時、つい心の中で神様だか世界、或いは自分自身に
「お願いもう少しだけ寝させて」「このあたしめにどうか眠りを」と乞いたり
起きる時間を少しでも延ばす為に、あれやこれや喋って意識逸らす感覚とか、
微睡みの日常的なリアルさが気に入っています。

LiSAの声も、この曲に関しては格好良さより可愛さが優っていて
何気に差別化にも成功しているよね。

そういえば昔、まだブログ作り立ての頃に私的ガルデモトップ5みたいな記事を作ったことがあるんですけど、
今改訂版を作ってみるとすれば(作らないけど)、大分ランキング変わると思います。
っていうのも、このMorning Dreamerもそうですけど、
改めて今Kepp the Beats!を聞き返してみると、
当初ピンと来なかった曲の魅力にハッと気付いてきたんですよね。 そういうことか!って

AB!ゲーム一巻が来年春に発売される予定ですが、ガルデモにまた会えることが楽しみ過ぎます・・・!
ガルデモは、彼女たち等身大のロックサウンドが堪らないんですよね。

音から魂や生命感がヒシヒシと伝わってくる。
Deadなのに生きている誰よりも生命感を感じられるとか最高の皮肉だよなぁ。

ミス




コメント承認云々の記事は、どう考えても単独で投下した方がいいので、訂正。










【第35回】 ミス・パラレルワールド/相対性理論










東京都心はパラレルワールド










かれこれ、一週間以上右上の音楽をこの曲にしているんですが
誰か洗脳された人がいたら、してやったりですねww

サビのぱられるぱられるぱられるぱられるぱられるぱられるわぁ~るどヽ(^o^)丿
が最強に中毒性高し!

そして、これが収録されているシンクロニシティーンがまたホント名盤なんですよ!
どの楽曲もくちゃくちゃ中毒性があって、やくしまるえつこのボイスに酔うこと必至のアルバムです。

コメント承認制のお知らせ


ブログ開設して、はや一年半超。
ついにうちのブログも、コメントを承認制にしてみたり!

…いや、別に何かが起こったワケじゃなく
寧ろ、その何かが起こる前の対策として承認制にするんですけども

コメントする側にとっては、投稿してすぐ反映!ってことがなくなるので
ちょっと取っ付き難くなるんだろうなぁっていうのは承知していますが、
どうかご理解下さい。

もしかしたら、そのうちしれっと設定元に戻すかもしれません。
取り敢えず暫くは、この状態続けてみて、どうなるのか様子見って感じで。
よろしくお願いします。

食戟のソーマ 第49話 「群狼」 + 第50話「日常を超えるもの」 感想

sykgk_50_5.jpg

sykgk_50_4.jpg

たまんねえ・・・;;

彼女みたいな劣等生/落ちこぼれだった子が、主人公と出会うことで変わっていき、成長していくっていうお話は大好きで、
その姿には非常に共感抱けるし、応援したくなるんですよね。

やっぱそういう意味でも、今週は彼女の「成長」を
具体的に言えば、心の在り方が前よりも幾分よいモノになってきたと実感できる
旨味の滲み出た回でした。料理漫画だけにね。別に上手くないけどね。

手のひら合わせて、心の中で創真に叩いてもらうシーンは、こりゃもうグッと来ざるを得ないよなー・・・;;
四宮戦の時と違って、今日は貴方の「勇気」だけを貸してくださいっていうね。

恵ちゃんは極度の上がり症のせいで、今まで成績最下位だっただけで、本来の腕前は中々のものなんですよね。
足りなかったのは、自分を信じる自信で。

私の好きなフレーズに「自分の背中を押せるのは "最後"は自分だとわかっているよ」っていうのがあるんですけど、
それを沁みるようにここで痛感。

心の中で創真から勇気貰っているけど、結局はその後歩くかどうかは恵ちゃんの意志だし、
今までだったら絶対震えが止まらなかったと思うんですよね。
手に確かな痛みを感じて、真剣に捌き始める恵ちゃんすっごく格好良かった。

いつか創真が立ち止まってしまった時に、彼の背中を押してあげる人がいるとすれば
それは他ならぬ恵ちゃんなんだろうなとか、
今度は恵ちゃんが創真の手を叩いてあげる様な展開が、この先ひょっとするとあるのかな
それはまた感動するエピソードになりそうだなとか、色々想像が止まらなく。

えてして、キャラクターの着実な「成長」を感じられる良いお話でした。
成長云っても、まだ完全に成長し切ったわけじゃないけどね。あくまで、一歩一歩。着実に。

これを一年最後、秋の大舞台で描くっていうのもまた説得力増して良いよなぁ。
ソーマは作画もスゴいけど、話の運び方も輝いている。附田センセイGJ。

と、恵ちゃんについて触れるのはこれくらいにして(それにしてもアンコウカレーとはたまげたなぁ・・・)
以下は先週分含めて、創真+恵ちゃん以外のBブロック面々について、短めながらコメントを。
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
全記事表示リンク
ブログ内検索