相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

感想記事 作り方の変遷




ブログ初期と今とでは大分感想記事の書き方(作り方)が変わってきています。(あくまで自分のお話)

まず文体。
開設初期、まだ右も左も分からない駆け出しブロガーだった頃は
よく「で・ある調」の文体で記事を書くことが多かったような気がします。
何故か。

なんか格好いいから。

……いやいや、わりとガチでそんな子供染みた理由で「で・ある調」文を書いていた気がする(笑)
なんていうか、他人のブログを読んで、「この人スッゲー…」って感心しちゃうような文章を書く人って
大抵が断定口調なんですよね。
だからそれに憧れて、自分も何か上手いこと言おう!格好いいこと言おう!って背伸びした結果
で・ある調を多用していた気がします。

文体以外に言及するなら
そうだなあ、感想を書くに当たっての作品へのアプローチ方法?(でいいのかな)は
べるんさんの記事の言葉を使うと
「内側」と「外側」視点をわりと適度に織り交ぜながら、切り込んでいたような。
ただ文章力が泣けるくらい無くて、とても読むに耐えないものに仕上がっていますけど(苦笑)

そんな書き方から暫く経ち。
今度は段々と「です・ます調」の方が自分の性分にあっているんじゃないか?
無理していいカンジのことを言おうとするのは疲れるからやめた方がいいんじゃないか?って思い始めるようになってきて。
またそれと時同じくして、文字の大きさ・色を変えたりする勝手にもようやく小慣れてきた感が出たきたので
バカの一つ覚えのように文字を加工(装飾)しまくるようになってましたね。

つい最近…といっても、4,5ヶ月前くらいか、までその加工がピークに達していて。
色鮮やかと云えば聞こえはいいけど、実際は単に読み難いだけの記事を量産していましたね。

あと、長文を書くことにもハマっていました。

なんか長文の方が格好いいんじゃね?的な、またもやこの感覚で書くようになった気がw
で、その結果「この文を読むとかそれなんて苦行?」ってくらい、ダラダラと長い記事を作っていたなあ…。
いや別に長文は長文で一概に悪いわけではないんですけど
(実際メチャ長い文書いても徹頭徹尾面白いものに仕上げられてる人もいるし)
私が書いていた長文っていうのは、ほぼ8割が単なる要約だったんですよ。
キャラの一挙一投足を描写したり
事細かに状況説明したり。
「これ感想っつーか、ただの要約じゃん!」ってカンジの文をたくさん書くようになっていた。
リトバス感想とかまさにそのスタイルでやっていたなあ。
あれは記憶の奥底に閉まっておきたいくらい、アレな記事だった…アハハ(自虐)
しかしまあうちのブログにコメントしてくれる方って、有難い事に基本的に皆心優しい方ばかりで。
そんな装飾しまくった超絶読み難い長文を、なかには褒めて下さったりするんですよね。
いやはや…有難いと同時にとてつもなく申し訳ない気持ちでいっぱいですよ(;;)
Refrainはほんと頑張ります\(^o^)/

最近は、「ブログ記事に適した文字数は2,000文字まで」っていう記事を読んで
まあ確かにねえって同感できるところあったので、なるたけ文章は2,000文字以内に(あくまで目安だけどね)
地の文は色付けたりせずに黒字のままにしています。
何だかんだで、その方が絶対読みやすい気がするから。

でもこの考えも、きっと数ヶ月後くらいには変わってしまうんだろうなあ。
その時その時は「これが一番!」って思える書き方をしていても、ある日を境に、急に「あれ?」ってなるんですよね。
感想ブログって、ほんとムツカシイ(しみじみ)
でもだからこそやりがいもある。
自分に合った、自分色が出た、できるだけ読みやすい文章を書けるように、
これからも日々尽力していきたいです。







【第2回】 夏の約束/堀江由衣








駆け出した 鮮やかに
少し大人になったような 煌めく日々
変わらず繋がっている ココロがあるから
またすぐに会えるはず

ここで待ってる









堀江由衣さん、通算15枚目のシングル。
DOG DAYS二期のEDにもなっている曲ですね。

この曲は本当に爽やか。そして郷愁感に満ち溢れています。
イントロの琴線揺さぶるメロディや
全体的に痛快さ爽快さ切なさが滲み出ているストリングスの音に惚れ惚れ。
ピアノの音も美しくていい味が出ています。

サビに入る一瞬、かけだしたの「かけ」の部分で一瞬BGMが抜かれるのは、この曲の大きな魅力の一つ。
テンポがよくて気軽に乗れるのも素晴らしいですね。
歌詞はひと夏の不思議な出会い・体験を綴った哀愁ある詩になっていて
キャッチーかつ中毒性が非常に高い、大好きな曲の一つです。


P.S.最高でも1,000字以内で終わらすつもりで作った雑記なのに
今回普通に感想記事一本分のボリュームがあるな…(苦笑)

日々の呟き




自分が密かに尊敬しているとあるブロガーさんを倣って(ただのパクリなんだよなあ…)
この度自分も軽めの内容中心の、雑記めいた記事を作ってみることに。
方向性としては、自分が日々過ごしていく中で感じた想いや経験した出来事や
Twitterじゃ呟けない事柄等々を、短いながらこの場に書き残していくって感じです。
(自分で書いておきながらなんだけど、Twitterじゃ呟けない事って果たしてなんだろう…笑)

あとそれだけじゃボリューム少な過ぎてきっと寂しくなるだろうから
プラス「今日の一曲」という事で、今日自分が聴いたなかで特に言及したいなと思える一曲を
簡易レビューするなり、思い出を語るなりしてみようかなーって思っています。
まあたかが知れている文章力なので、購買意欲を唆らせるような魅力溢れる文章は書けませんけどね(苦笑)
っていうかそもそもそんな目的で書くわけじゃないですしw
あくまで目的は形不明瞭な自己の想いを吐き出す練習ですね。

ちなみに日記じゃないので一日一回更新する保証は全くもってなし!(笑)
ぶっちゃけ明日も書くか分からない・決めてないくらいテキトーな感じですw
装甲悪鬼村正やダンロン2…更にはガンスリ最終巻の感想とか色々溜まっていて
こんな新たな試みしている場合じゃないだろ感はかなり否めないですけど
いや、これでいいんです。やりたい事をやりたい時にやるのが一番いいんです。
仕事じゃないんですし!個人ブログなんて所詮趣味・娯楽の一つですし!!
このくらい緩くやった方が精神衛生上にも色々な意味でもいいんだ!( -`д-´)キリッ

一応コメントは自由ですけど、ほんと只の戯言なのでするほどのものじゃないかと(^^;
でもまあ反応したくなった時はコメントなり拍手なりで反応して下さると嬉しいです。








【第1回】 鳥の詩/Lia









あの鳥はまだ うまく飛べないけど
いつかは風を切って知る
届かない場所が まだ遠くにある
願いだけ秘めて見つめてる









丁度夏真っ盛りだし
ブログ右上の曲も今は鳥の詩だしで、記念すべき第一回目はこの曲について。

私的にこの曲の一番ツボるところは、A→Bにメロディが移る時の清々しいくらい気持ちいい転調具合ですね。
かれこれ数百回くらい聴いている気がするけど、未だにそこで快感得られます。
あとはイントロ。凄くAirを感じる。夏を感じる。がお…。

某動画サイトのネタを使うなら、千本桜が現国歌で鳥の詩は元祖国歌って感じです?(全く調べてないから分からないけど)
…正直この国歌っていう名称には「お、おう」と思う所あるも、まあそれは置いといて。
その某動画サイトでこの前Air関係の動画を散策していたんですよ。
そしたらふと「鳥の詩派か夏影派か」みたいなコメントを見つけたんですね。
おいおい、鳥の詩or夏影って、それなんて第10章オカリン?
「両方大好きに決まっているだろ!選べるわけ無いだろいい加減にしろ!」って怒りたくなった。

ただ、あくまでその質問から逃げずに、真正面にバカ正直に答えるとするなら
私だったら、鳥の詩か夏影かって訊かれたら……

うーん……


うーーん………



かなり首を捻りながらも夏影、を選ぶかなあ…………。


いやでも、鳥の詩も鳥の詩でどう考えても素晴らしい曲だし
だけどどっちか一つを選ばないといけないなら、ここは血涙鬼形相になりつつも夏影を…
だがしかし鳥の詩…
っていうかそもそも夏影って言ったって色々種類あるぞ…
鳥の詩…
夏影…

ブツブツブツ…(以下永遠と思案に暮れる紅茶であった)

食戟のソーマ 第33話 「いずれ戦う者たちへ」 感想

sykgk_33_13.jpg

恵ちゃん!恵ちゃん!恵ちゃうわあああああああああああんっ!!!(興奮)

Cカラーはまさかの丼研メンツですよ!(創真と恵ちゃんは部員じゃないけど笑)
私的にはえりなの水着姿も拝みたかったけど、これはこれで…十分アリ!

裏面には暑い夏にピッタリの特製冷やし素麺のレシピが掲載されていましたね。
四宮さんのコメントになんか笑ってしまったw

『食戟のソーマ』第3巻の表紙を飾るのは恵ちゃん!更に特別読切『キミと私の恋愛相談』が収録決定!

36373889.jpg

食戟のソーマ【3】
附田祐斗・佐伯俊・森崎友紀
定価:420円(税込)

友情とふれあいの地獄合宿が開始!課題をクリアしなければ即退学という恐怖に、多くの学生達が怯える中、審査をする講師陣の登場で、一層の緊張感が場を包み込む!創真達の命運を握る、その講師とは!?
【特別読切『キミと私の恋愛相談』を収録】
http://www.shonenjump.com/j/comics/


1355144417204.jpg

ただでさえ恵ちゃんが表紙飾ってるっていうのに
恋愛関連の読切も収録されてるなんて
もうこれ買う以外選択肢ないじゃん!(;゚∀゚)=3


発売日は8月2日(金)
絶対買おう!買いましょう!!(ステマ)

食戟のソーマ 3 (ジャンプコミックス)
附田 祐斗 佐伯 俊
集英社

「ふふ…笑うわ…もう(どんな内容になるか)楽しみすぎて笑うわ…」
ソーマとは関係ない、佐伯先生が昔描いた読切だと…?

食戟のソーマ 第32話 「踊る料理人」 感想

sykgk_32_1.jpg


235252525.jpg

最 高 だ な !


ところで、この女の子見た瞬間、恋染紅葉を思い出したのは何故だろう。

食戟のソーマ 第31話 「メタモルフォーゼ」 感想


WJの感想は月~火にしないと、どうも調子が崩れるんだよなあ……


などと今適当に思いついた言い訳をしてみたわけですが、ええ、感想遅れてすみませんでした(汗)
別に仕事じゃないんだし謝ることでもないんだけど、「そろそろ更新したかなー」って見に来てくれた人たちに、
結果何度も無駄足を踏ませてしまうのはなんとも申し訳ない話なので、一応。

昔から見てる人は知ってると思うけど、うちのブログはたまに更新途絶えることあるので、そういう時は察してやってください。

余談はここまでにして、以下本編の感想。


sykgk_31_1.jpg

この子ミスディレクションのスキルホルダーか何か(・ω・`)?


創真も、彼女の気配に気付かずビックリしてたよね。

肉魅とお嬢はE会場にいた。
肉魅は丼研での活動を生かしたロコモコ丼でそれなりに好評を得るも、
150食近くになると客の流れは完全にストップしてしまい、やべえよ…やべえよ…状態に。

まあ、そりゃいくらミニサイズとはいえ朝っぱらから丼はなかなかに抵抗あるから厳しいよな~。
子供たちや若い男性にはウケても、女性には全く取って貰えない可能性が激高っていう。
でも残り50なんだから、ちょいとヘルシーにアレンジするなりして、なんとか捌ききって欲しいね。

お嬢(名前公表まだですか)は生卵やゆで卵をそのまま皿の上に置いていた。
よほど不合格になりたいのは寧ろコイツの方じゃねえかとツッコミたくなるも、
卵をよく見てみると、どれにも細かな工夫が凝らしてあり、
見た者食べた者をハッとさせる驚き要素抜群の卵料理になっていた。
群がる客たち。

確かにこれはお嬢いい料理を作ったもんだ。量も驚きも面白さもあって、一度くらい手にとって口に含みたくなる魅力がある。
味自体も申し分ない美味さなもんだから、おかわりする人も少なくなさそう。

刀語 第12話(最終話) 「炎刀・銃」 感想

ktn_12_1.jpg

『炎刀・銃』所有者:左右田右衛門左衛門

超絶更新遅れました!(汗) 刀語最終話の感想です。

今回は先に結論を書きますと、「非常に感慨深く、視聴後の余韻が半端ない終幕だった」です。

こんな作品に出会えたことに感謝もとい、ちぇりお!

食戟のソーマ 第30話 「想定の陥穽」 感想


4日目の朝。生徒たちはランダムで複数の会場に分けられ、
創真は恵ちゃんタクミくん、そしてえりなと一緒のA会場で課題を受ける事になった


sykgk_30_1.jpg

それもえりなとはお隣のテーブルで。


sykgk_30_2.jpg

もはや様式美になっている、えりなの皮肉な物言い→創真ノーダメージ。
創真のいついかなる時もブレないマイペースっぷりは見ていてスカッとするね。

ところで「私と君の差を」ってフレーズ最近何処かで耳にしたなあと思ったらアレだ、
某ホモ臭い水泳アニメの宣伝文句だ(-ω-`;)

食戟のソーマ 第29話 「夜明け前の卵たち」 感想

sykgk_29_1.jpg

創真と悠姫ちゃんのハマリ具合がヤバイ。衣装似合い過ぎだろJK(`・ω・)

恥ずかしさおっかなさ半々で涙ぐむ恵ちゃんも相変わらず可愛らしいことで。
卵野郎からは今にも若本の叫び声が聞こえてきそうだ。
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
全記事表示リンク
ブログ内検索