相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

恋染紅葉 シーン28(最終回) 「恋染紅葉」 感想 そして紅葉は恋に染まる━━

ニセコイは表情の変化が上手く描かれてるってよく耳にするし、私も言うんだけど
この作品も十分感情表現の機微は描けていたと思います。
画力もそれなりにあって色気も出ていました。
ただ、今時はこういう物語はウケないのかもしれないですね…。

絵柄に関してもちょっとマニア向けというか、一般人には受け入れ難いものだったのかもしれません。
対して、ニセコイは万人受けしそうな絵。
ニセコイが人気なのもそこが一枚噛んでるんじゃないかな。私個人はミウラ先生の絵は大好きなんですけどね。

物語の内容は『女優と恋をする』という男なら一度は夢をみるものでしたが
これも今では昔ほど魅力的ではないのかもしれませんね。
会いに行けるアイドルなんてのがある時代ですから。

設定的に長続きは難しいものの、まだあと少しは話を広げられたよなあと思うと
打ち切りという結果が非常に残念でならないですね;;
まだ色々と掘り下げ足りなかった部分も多いですし…。
例えば「君のことをずっと見ていた」という紗奈の台詞が前回ありましたが
これはちょっといきなりすぎて読者も戸惑ってしまっただろうし
作者もこの紗奈の想いや感情は本当はじっくりゆっくり描いていきたかったんでしょうね。
でも、残された時間(打ち切り)はないからそんな悠長に描いてる余裕はない…
それでも、紗奈も最初から翔太に惹かれていたという事実だけはきちんと読者に伝えたかったんだろうなと感じました。

それは多分七里の場合もそうなんでしょう。
彼女が翔太を好きになったキッカケのお話
そして"子供の頃"翔太が七里を好きになった理由として、作者はいくつか過去回を用意してたんだと思います。
ただそれもやっぱり打ち切りという尺と時間の足りなさから、その全部を綺麗に描いてく余裕はなくて
でも少しだけでもいいから描いてあげたいという思いから
シーン25の冒頭2ページにさらりと彼らの子供の頃の回想を入れてあげたんだろうなと思います。


マネージャーはいつも主人公と紗奈の恋を邪魔をする役に徹していましたが
でもそれは紗奈たちの幸せが憎いからだとか規則だからなんて理由じゃなく
彼女たちを心から応援しているからこそ
もしも恋愛が世間に発覚したときのバッシングや二人の身の危険を心配し、そんな悲しい事態にはさせないと
必死に恋の壁役を演じていたのがわかりましたね。
マネージャーさんが好きなのは女優の紗奈ではく、素の紗奈なんだということがしっかり伝わってきて
最期の最期で、彼女に好感を持てました。


mmg_28_1.jpg

それにしてもこの主人公は本当に誠実な男の子でしたね。

フラフラと女の子を間を行ったり来たりしてぐらいついたりせず
最初から最後まで紗奈のことを想い通したその姿勢は非常に好感が持てるし、偉いなあと思えます。
初期の頃の彼は軟弱でひ弱でナヨナヨしすぎでちょっとアレではありましたが
小鳥と出会ってからは急成長して男らしさをグッと身につけて物語の主人公度を上げましたね。
主人公の容姿やメンタルが最初より上がったのはテコ入れで
フラフラ優柔不断な男にならなかったのは結果的に見ればそんな暇なかったといえばそうなんだけど
それでも、人気がでないおかげでこんな風に主人公が純真で真っ直ぐな男になれたのなら
それはそれで万々歳なのかなあと思います。なんとも皮肉なものだけどね(泣)


mmg_28_3.jpg

━━━そして紅葉は恋に染まる…! ということで、最期に二人は想いを通じ合わせながら
凄く可憐でピュアリティ溢れるキスをしました。うん、良かった…本当に良かったよ(涙)

最終④巻の発売日は2月4日ですが
どうやらこれには大量40P描きおろしエピソード付いてくるそうですね。
なんという素晴らしい配慮ですかねぇ…。素直に喜びましたよ。
個人的には、7ドロップスのその後が非常に気になるし見たいです。
翔太たちと出会った経験を胸に
一人切磋琢磨チームの空気を昔のように明るく皆が笑顔でいられるものに戻そうと行動する小鳥ちゃん。
メンバー同士からかい合うことはあっても、苛め苛められという悲痛な争いはなくなりお互い和解し
心から仲間を信頼をしながら満面の笑みで楽しくステージで踊る姿を想像するのはそう難しくないですね。
ほんとに小鳥ちゃんいいキャラしてるよなあ…。この作品のなかでは一番好きです(^^)笑


坂本次郎×ミウラタダヒロ先生、今まで楽しい漫画を執筆して下さってありがとうございました!
長期連載の名作にはなりませんでしたが、自分の中では短期の良作としてしっかり心に残りました。
両先生の次回作を再び読める日を楽しみにしながら待っています。
本当にありがとうございました!!

恋染紅葉 シーン25 「告白」 感想 ナナちゃんの告白。翔太の決意。


誰がどう見ても物語に"巻き"が入って終わりに向かっている状況。
前回のナナの唐突な告白に当惑した人は多いかと思います。

だけど、自分の中では、不思議と前回~今回の話はスーッと受け入れることができました。
やっぱり見せ方が上手いんだろうな。
駆け足気味に物語を動かせるも、そこにはちゃんとキャラのことを考えたきれいな流れがある。

恋染紅葉 シーン23 「2人きりデート!?」 感想 小鳥と出会えた経験は、確実に翔太にとってプラスになってますね


mmg_23_1.jpg

冒頭はまた小鳥ちゃんの話に少し時間を割いてくれてビックリ。

でも、これで彼女がメインになる回は、或いは彼女が出てくる回は暫くやってこないんだろうな。
どこかちょっと「これで小鳥の話は終了です」と仄かに読者に暗示している様な印象を受けました。

…うーん、なんだろう、今すごく自分のなかである種の旅行みたいなものを終えた感覚があります。
寂しくて、だけど美しい余韻があるというか。
小鳥ちゃんを見れるのはこれで最期なのかなぁと思うと、ちょっぴり切ないです。
是非ともまた出番があってほしいなぁ…。





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \ <それやりたかっただけだろ
 |    ( ●)(●)
. | U   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \
   |     `ー一⌒)  /   (>)  (<)  \ <また会いたいよぉおおおおおおおおっ!!!
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |  小鳥ちゃぁあああああああああああん!!!
                \    ` ⌒´    /
                /          \

恋染紅葉 シーン22 「任せろ!」 感想 小鳥ちゃんと翔太ホント仲良いなぁ…笑

mmg_22_3.jpg

翔太が格好良すぎてヤバい。゚(゚´Д`゚)゚。

恋染紅葉 1巻 感想 物語の舞台にピッタリ合った発売日(季節)となりました!(^^)

2012-10-04 23.57.551

恋染紅葉 シーン21 「戦う乙女たち」 感想 面白さに拍車が掛かってきました

mmg_21_1.jpg

恋染紅葉 第21話の感想。

感想書くのは先週だけのつもりでしたが、今週もとても面白かったのでつい記事に(^^;
相変わらず小鳥ちゃん可愛いです(^^)笑
それにしても、まさかここまで作者が彼女のことを深く掘り下げてくれるとは思っていませんでした。
てっきり今週はもう小鳥の話を畳んで紗奈達に再び焦点が当てられると思っていましたから(汗
サブヒロインにこんなに時間を割くってことは、ある程度連載にまだ余裕があるっていうことなのかな。
掲載位置が後ろから2番目なので全く安心できませんが...;;

今週の恋染紅葉のCカラーが凄くエロ可愛い

◆恋染紅葉 シーン20 「星をつかむ」

mmg_20_1.jpg

今週はとても面白かったです!(^^) Cカラーの小鳥もジャンプらしからぬ素晴らしい妖艶さ(笑
ちょっと目が大きすぎる気がしないでもないですが、可愛いのでOK!()

アイドルの私生活の話って個人的に大好きです。こういうのって大抵家が貧乏で大家族っていう設定なんですよね。
で、お姉ちゃんが頑張ってアイドルになって家族の為にお金を稼ぐっていうパターン。
王道で飽き飽きしてる人も多いかもしれないですが、私は好きです。
家族の温かさというか、この子にもそんな一面があったんだなーっていうのが感じられるから。
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
「――で、あるか。」
全記事表示リンク
ブログ内検索兼カテゴリ別一覧表示

(1頁最大50件)