相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

原作未読。でも、十分に楽しめた!/映画『夜は短し歩けよ乙女』 感想


20100427.jpg

先日、横浜ブルクで鑑賞してきました。ナイトショーだったんですが、やはり夜の映画は格別。人が少ないので、周囲に気を遣う必要がなく凄く自然体でいられますし、この閉じた大きな空間を自分が支配している錯覚を味わえますし、何より映画を見終わって亢奮冷めやらぬまま建物の外に出たときの夜風の気持ちよさといったら!

原作のタイトルは何度も聞き及んでいたものの、手を出していなかったので、ちょうどいい機会だという理由で鑑賞。面白かったですよ!人と人の縁のお話でしたね。大学生が主人公というのがリアリティーあって面白いです。演出はファンタジー全開なのに、やっていることは至極普通のことなんですよね。飲み比べ、演劇、古本市場、お見舞いなど。そのギャップが愉快でした。

カクテルって宝石みたいにキラキラしているという話は、思わず膝をたたきました。そうなんですよね。自分は、あんまりお酒が好きじゃないですけど、カクテルは手を伸ばしたくなる魅力があります。綺麗なんですよね。

先輩があまりにも空回りしているのは、ちょっと気の毒に思ったりすることはあったんですが、最終的にデートできる関係になって、乙女もまんざらではなくドキドキしているのが「ああ、先輩よかったね!やったな!」と笑 頬がリンゴ色に染まる乙女カワユス!天真爛漫で恋に疎かった少女が、ドキッとし始めた瞬間って素敵ですよね。そのとき歴史が動いた、みたいな衝撃があります。

入場特典も凝っていて、乙女から先輩への手紙とは、ロマンチックなことをしてくれるじゃありませんか。逆パターン(先輩から乙女)もあるみたいで、ランダムに渡されるのでしょうか。期間ごとに分かれている?

タイトルも、この物語をよく表していて秀逸ですね。

星野源の声が素人の域を越えていて、そういえばこの声どこかで聞いたことが、そうだ星野源が抜擢された作品はこれか!と物語中盤になって気付くという。多才だなあ。ちなみに、花澤さんの声は100%違和感なくピタリと合っていたと思います。原作未読が言っても説得力ないかもしれないけど^^;笑

最後に。孤独というのは二種類あって、ロンリネスとソリチュード。李白さんは、まさにロンリネスの病に冒されてしまったのでしょう。乙女の言葉で自分が多くの人間と繋がっていること、笑顔にしてることを理解して嵐が去ったシーンは、人が救われる瞬間というのはかくもと感じました。

ジョジョの奇妙な冒険SBR

「『生きる』とか『死ぬ』とか 誰が『正義』で誰が『悪』だなんて どうでもいいッ!!

『遺体』が聖人だなんて事も ぼくにはどうだっていいんだッ!!

ぼくはまだ『マイナス』なんだッ!『ゼロ』に向かって行きたいッ!

『遺体』を手に入れて自分の『マイナス』を『ゼロ』に戻したいだけだッ!!


主人公のセリフ。本当に悲痛な叫びでした。

ということで、ずっと途中で読むのを止めていたジョジョのSBRを、昨日と今日で一気に読み下しまして、先ほどついに最終巻を読み終えたのですが、あまりに切ない気持ちが胸の中を支配しています。

いろいろなひとの人生が描かれていて、満たされて幸せになったひともいれば、道半ばで折れてしまったひともいて、プラスがあればマイナスもある、その両方に正義が宿り、さまざまな世界が広がっている。人生はさまざまな模様になっている。

酸いも甘いも知って、その上で己の信念を貫くこと。そういったものを成長とか強さとか言えるのでしょうか。
最後、ジョニーの「家に帰ろう」というセリフの表情には、涙腺がやられました。

あれから一ヶ月。

23390420.jpg

レクサプロとデパスを処方開始して約一ヶ月が経ちました。確かに症状は若干柔らいだ感じはするものの、心に巣食っている病魔の感覚は依然としてありますし、○にたい気持ちも消えることはなく。ただ、以前のように本を読んだりゲームができるまでには、回復したのはありがたいです。薬を飲む前は、本当に何もかも手がつかなくて、趣味に対して喜びを感じられなくなったときは、自分自身「あ、これアカンやつや」と悟りました。

今はレクサプロは10mgを二錠、デパス0.5mgを一錠飲んでいます。ブログの訪問者リストをふと眺めると、同じように精神的に苦しい思いをしている人が結構いたりして、お互いなんとかうまくやっていけたらいいですねと、他人事ではなく心から思います。

全部脳の仕業。

「そうあるもんじゃないが、あり得ることではある。関口君なら解るだろうが、我我が今見て、聞いて、体験しているこの現実は現実そのものではない。脳がその裁量によって選択した情報で再構成されたものだ。従って部分的に選択されなかった要素がある場合、当人には全然知覚できない。記憶は持っていても、意識の舞台に上がって来ないのだから」
「ああ――僕等が見聞きしているのは凡て仮想現実なのだね。それが真に現実かどうかは本人には区別がつかないのだったね――」
「脳の損傷は例えば人の顔だけが識別できなくなるとか、数字の5という概念だけが欠落するとか、実に興味深い症例を示してくれる。我我は現実を生きているかの如き錯覚を以て、実際は脳の中だけで暮らしているようなものだ」(姑獲鳥の鳥)

結局、自分たちが普段見ている/聞いている世界は、目と耳を通じて、さらには、その根源の「脳」が情報を取捨選択して上映しているということ。探し物がすぐ手元にあったのに全く気付かなかったというのは、まさに脳の悪戯の顕著な例である。

身になる読書スタイル

『本や映画は主観的にみると理解しやすく、印象に残ります。』

本や映画の内容は無理して覚えようとしても覚えられるものではありません。
本や映画というのは、客観的に観るのでのではなく、主観的に観るのが良いかと思います。

例えば、ストーリーであれば・・・ウソでしょ!そのなこと! まず設定が不自然であり得ない!  矛盾してしる箇所が多すぎる。ストーリーの展開に無理があり、私ならこのようにする・・・等かならず自分なりの論評をしてみる。受身で読むのではなく能動的に読む。このとき自分が正しいかどうかは関係ありません。

23320414.jpg

OKWAVEか発言小町か忘れてしまったのですが、上の文章は、「本を読んでも、映画を見ても、感想が思いつかない。内容もすぐ忘れてしまう。どうすれば改善できるのでしょうか」という旨の質問に対する風月さんという方のアンサーです。

感想を書くことに苦しんでいた自分にとっては、この回答を読んだ瞬間、思わずスマホのメモ帳にコピペするほど共感しました。以来、作品に触れるときは、脳死に陥らないよう、できるだけ主観的/能動的の姿勢であることを習慣にしています。これって当たり前にできている人はできているんですよね。

実際、このスタイルを実践するようになって、感想を書くのが大分楽になりました。

世界は、Cygamesに支配されている。

ジャンプ、ジャンプスクエア、サンデー、マガジン、チャンピオン、月刊少年サンデー。今週(今月)のこれらに共通する点はなんでしょうか。漫画通の方なら、きっとお気付きでしょう。そうなのです。裏表紙がみーんな「シャドウバース」の広告なんです!!

23020413.jpg

どがーーーーーん!!

漫画喫茶で並べてある雑誌を次々と読んでいて、たまたま発見しました。ジャンプを購入するたび、今週もCygamesの広告だな~どれだけ金持ってるんだ~?と思ってたんですが、まさか他雑誌まで支配されていたとは…。改めてCygamesの資金力の高さを実感。

テレビ番組のスポンサーになっていることも多いですよね。一番驚いたのが、「THE MANZAI」が「Cygames THE MANZAI」にいつの間にか名称変更していたこと。衝撃的でした。

グラブルだけでも絶大な人気を博しているのに、それに加えて、デレマスにシャドバ、神撃のバハムートなどを持っていますからね。スマホゲーって当たれば本当に儲かるんだなあと。正直、スマホゲーに国民がここまで夢中になっている状況は、未だに慣れないんですけどね。面白い時代に生きているな、という実感はあります。数十年後も、この文化は生き残っているのかな。着うたとかみたいに消えていたり。

そうそう、月刊少年マガジンだけは、ダイエットフードの広告でした。確認したときの謎のホッとした感。さすがに全ての主要雑誌がシャドバ一色だったら怖いわ\(^o^)/がんばれ月刊少年マガジン!お前が最後の砦だ!

翼をください

大空を自由気ままに飛んでいる鳥を見ると、人間の方が優った存在であるとは微塵も感じられない。地上のノイズの多さや騒々しさ、狭苦しさと比べると、広大にどこまでも続く天のどれほど自由かつ魅力的なことか!翼をください、と希う人々が昔から後を絶えないのも頷ける。
NEXT≫
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク