相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

原作未読。でも、十分に楽しめた!/映画『夜は短し歩けよ乙女』 感想


20100427.jpg

先日、横浜ブルクで鑑賞してきました。ナイトショーだったんですが、やはり夜の映画は格別。人が少ないので、周囲に気を遣う必要がなく凄く自然体でいられますし、この閉じた大きな空間を自分が支配している錯覚を味わえますし、何より映画を見終わって亢奮冷めやらぬまま建物の外に出たときの夜風の気持ちよさといったら!

原作のタイトルは何度も聞き及んでいたものの、手を出していなかったので、ちょうどいい機会だという理由で鑑賞。面白かったですよ!人と人の縁のお話でしたね。大学生が主人公というのがリアリティーあって面白いです。演出はファンタジー全開なのに、やっていることは至極普通のことなんですよね。飲み比べ、演劇、古本市場、お見舞いなど。そのギャップが愉快でした。

カクテルって宝石みたいにキラキラしているという話は、思わず膝をたたきました。そうなんですよね。自分は、あんまりお酒が好きじゃないですけど、カクテルは手を伸ばしたくなる魅力があります。綺麗なんですよね。

先輩があまりにも空回りしているのは、ちょっと気の毒に思ったりすることはあったんですが、最終的にデートできる関係になって、乙女もまんざらではなくドキドキしているのが「ああ、先輩よかったね!やったな!」と笑 頬がリンゴ色に染まる乙女カワユス!天真爛漫で恋に疎かった少女が、ドキッとし始めた瞬間って素敵ですよね。そのとき歴史が動いた、みたいな衝撃があります。

入場特典も凝っていて、乙女から先輩への手紙とは、ロマンチックなことをしてくれるじゃありませんか。逆パターン(先輩から乙女)もあるみたいで、ランダムに渡されるのでしょうか。期間ごとに分かれている?

タイトルも、この物語をよく表していて秀逸ですね。

星野源の声が素人の域を越えていて、そういえばこの声どこかで聞いたことが、そうだ星野源が抜擢された作品はこれか!と物語中盤になって気付くという。多才だなあ。ちなみに、花澤さんの声は100%違和感なくピタリと合っていたと思います。原作未読が言っても説得力ないかもしれないけど^^;笑

最後に。孤独というのは二種類あって、ロンリネスとソリチュード。李白さんは、まさにロンリネスの病に冒されてしまったのでしょう。乙女の言葉で自分が多くの人間と繋がっていること、笑顔にしてることを理解して嵐が去ったシーンは、人が救われる瞬間というのはかくもと感じました。

鬼滅の刃 番外編 感想

E01.jpg

生きることの、あまりの辛さに感情の糸が切れたカナヲちゃん。

人はそれを廃人と呼ぶのですが、まさにそのような状態に。もともと貧乏な家庭だったのでしょうか。家族の描写は一切ありませんでしたが、ただひとつ、親に売られたという事実が淡々と語られて。

語り、ということはこれはカナヲちゃんの回想なのでしょうか。ラストシーンを読むと、このシーンからは想像できないほどほわほわしてしまうのですが。

しかし、清潔感の欠片もない状態で縄に繋がれてオッサンと歩かされる光景は、この世の無情さを突きつけられますね。

ゆらぎ荘の幽奈さん 第60話 「コガラシ救出大作戦」 感想

60_1.jpg

ゆうべは おたのしみでしたね\(^o^)/

コガラシのことを八咫鋼と呼んで止まない部分に他ヒロインとの違いがあって新鮮です。コケシを丸ごと挟み込める豊満さ。これがコケシではなかったらと、ハレンチな想像をしてしまうのは悪いことではなく、むしろ健全なはずです。

コガラシが関ケ原の妖怪大戦争を止めた理由が明らかにされましたが、修学旅行に行く途中の新幹線が止まってしまったからこぶし一つで止めに入ったとか、理由に比べてやっていることのスケールが大きすぎる笑 現状、コガラシがこの世界で圧倒的な強さを誇っていて匹敵するキャラが全然出てこないですよね。これから登場するんでしょうか。そういえば、師匠はいずこ。

鬼滅の刃 第59話 「侮辱」 感想

59_1.jpg

5210424.jpg

生きていることが辛い人間に幸せな夢を見せてあげる心優しい鬼かと思いきや、ド腐れ精神の持ち主でした(-。-)y-゜゜゜

まあ、誰かが苦しんでいる表情を見るとゾクゾクするというのは非道徳的ではありますが、人間ってそういう面を持つことは否定できませんよね。他人の不幸は蜜の味とかいう言葉があるくらいだし。簡単に優越感に浸れちゃうからね。苦しんでる側もそれによって幸福/快楽を感じているなら何の問題はないのですが、当然そんなことはまれで。

自分の悦楽のために平然と相手を傷つける奴は叩かれて当然。というわけで、夢鬼死すべし。慈悲はない。

ジョジョの奇妙な冒険SBR

「『生きる』とか『死ぬ』とか 誰が『正義』で誰が『悪』だなんて どうでもいいッ!!

『遺体』が聖人だなんて事も ぼくにはどうだっていいんだッ!!

ぼくはまだ『マイナス』なんだッ!『ゼロ』に向かって行きたいッ!

『遺体』を手に入れて自分の『マイナス』を『ゼロ』に戻したいだけだッ!!


主人公のセリフ。本当に悲痛な叫びでした。

ということで、ずっと途中で読むのを止めていたジョジョのSBRを、昨日と今日で一気に読み下しまして、先ほどついに最終巻を読み終えたのですが、あまりに切ない気持ちが胸の中を支配しています。

いろいろなひとの人生が描かれていて、満たされて幸せになったひともいれば、道半ばで折れてしまったひともいて、プラスがあればマイナスもある、その両方に正義が宿り、さまざまな世界が広がっている。人生はさまざまな模様になっている。

酸いも甘いも知って、その上で己の信念を貫くこと。そういったものを成長とか強さとか言えるのでしょうか。
最後、ジョニーの「家に帰ろう」というセリフの表情には、涙腺がやられました。
NEXT≫
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
Twitter
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
アーカイブ
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク