相互RSS・お気に入り・お友達のブログ

「君の名は。」観ました

23100826.jpg

本日公開された新海誠さんの新作をさっそく観てきました。ポスター撮ることをうっかり忘れたため、公式ツイートから拝借^^;額縁に入った劇場ポスターっていいですよね。自分大好きです。

肝心の内容は、とてもよかったです。事前情報をほぼシャットアウトしていたので、きっと切ない話になってるんだろうなぁ、でも泣くことはないんだろうなぁと余裕かましていたらものの見事に何度も涙涙の結果に\(^o^)/ジブリプロデューサーの鈴木さんが、サン=テグジュペリの言葉を引用してこの作品にコメントを寄せてましたが、まさにその「病気」に自分も罹りましたね。とにかく終盤の世界がひっくり返るような真実は呼吸が止まり、その後は気が気がでなくスクリーンを見つめていました。
音楽も映像と相まって心震えたなぁ。

ここのところ映画館に足を運び入れることはなかったのですが、久々に充実した時間を送れました。
次はきっと9月公開の聲の形かなぁ…。正直、原作で大満足しているので、ちょっと怖い気が。でも京アニだしなぁ。

【第48回】花は誰かの死体に咲く/amazarashi






人類が誕生し約七百万年 今日までに死んだ人の全ての遺体が
土に埋まってんなら 君が生きてる町も 世界中どこだって誰かの墓場なんだ





したがって、高層ビルやマンションは、さながら墓標であると。
そう考えると、たとえば、事故物件をことさらに怖がる必要ってないんですよね。
この曲は、いっけん暗い歌のような気がするのに、不思議と救われた気持ちになります。心がふわっと軽くなる。
とかく、Cパートのラストフレーズ「朽ちる命抱きしめて泣きじゃくる晩は 踏みしめてる土に祈れ生命賛歌」は秀逸の一言。

御縁


22030622.jpg

「出会えてよかったと思える人との御縁ほど 幸運なことはありませんね」

今週のゆらぎ荘のラストシーン。その通りだなあと、日々痛感してます。人付き合いって正直しんどい部分が多いけど、こんなふうに、思わぬ形でよき人と出会うことがあるからやめられないですよね。

追伸: コメント返信や相互RSS登録は今しばらくお待ちください><;

甲鉄城のカバネリ#7

19459527.jpg

豊葦原の瑞穂の国である我が国日本にとってやはりお米は偉大であると、お金がなくてここずっとパスタと半額食パンだけで食を凌いでた自分は今週の話をみて改めて実感。今日やっと財布が息を吹き返し、お米を買うことができました。炭水化物ダイエットは確かに恩恵あるけど、それでも一日一食は必ず食べたいと思わせる。それがお米。

並外れた動体視力と身体能力があれば、相手の技を盗むことは容易い…?(刀語のお姉ちゃんを思い出しながら)
無名がみんなと一緒にいることがすっかり馴染んでていいな~^^文豪ポーズをきめるタクミを見ておもったのは、やっぱお前太りすぎやわということ\(^o^)/笑 というかこんな時代なのに、よくキープできるな笑

眠るときにいつも思う。目が覚めたとき、自分は果たして自分であるのかという無名の抱く不安は、意識の連続さを無慈悲に壊されたもので、健康な自分にはその怖さは推し量ることすらできず。まあ、怖いだろうなぁ…orz

生駒は、二つの目標を掲げて戦うことを今回決意しましたね。
一つ、無名を人間に戻すこと。
一つ、カバネを滅ぼして田んぼも駅も取り戻すこと。

両方ともやり遂げなくちゃあいけないのが主人公の大変なところですが、応援しております。

ということで、おそらく、最初で最後の息休まる日常回で、希望を胸に決意新たにといったお話でしたが、視聴者という神の視点でみると、のちのち絶望に叩き落すための舞台装置と思えてしまうのがツライ( ;∀;)頼むから誰も死なないでくれ…と考えてしまうのは戦には甘すぎるのか。
来週からは美馬率いる特殊部隊の圧倒的なちからを見ることができそうだ。
あんなに小さい女の子をカバネリに改造して戦場に送る男がまともな人間のはずがないと思いますが、『英雄』美馬の正体やいかに。

甲鉄城のカバネリ#6

先日発売したカバネリOP主題歌を耳に、6話の放送を指折り数えて待っていました。

19170520.jpg

わずか齢十二にして無名が手に入れた「生き残れるのは強いやつだけ。弱いやつは死ぬしかない」という真理。そこに至る経緯がなんと痛ましいことか。自分の弱さを認めたくない涙にじむ無名に胸が締め付けられる( ;∀;)そして、そんな無名を救おうと奮闘する生駒は、無名とは反対に自分の弱さを認めて、それでも抗い、光を諦めない人間で尊かった。こんなひとの傍にいたら影響を受けざるを得ないよ。

19500520.jpg

生死を別つ緊迫感あふれる大局面なのに、無名の親しみこもった『おデブ』呼びに瞬間、頬と心がゆるんだり笑
生駒と来栖のやりとりも定番だけどグッときたなぁ。変動軸に挟まった障害を取り除くシーンは、列車上のみんなの死闘も相まって急げ!頑張れ!と息が詰まる思いで応援する\(^o^)/あとBGMもカバネリのメインテーマで熱い。

19460520.jpg

最後は列車のみんな想いを一つにして、圧倒的強者の一体である群体カバネに打ち勝つわけですが、極限状態のなかで生まれる猜疑心や仲違いは確かに真であろう一方、こうして、困難を乗り越えんためにいろいろな人々が一致団結して動く姿もまた真であると思っているので、今週は凄くよかったです。

20010520.jpg

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!
NEXT≫
プロフィール

●管理人:紅茶
色々とリニューアル

最新記事
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
Twitter
リンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク